佐藤隆太 海猿に関するニュース

シェネル、映画『海猿』主題歌に抜擢 「全てをこの曲に注ぎました」

リッスンジャパン / 2012年04月16日19時00分

【作品情報】『BRAVE HEARTS 海猿』7月13日(金)全国東宝系ロードショー出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲 里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎 ほか監督:羽住英一郎 [全文を読む]

日本人が持つ「米国の笑いは日本より稚拙」という根拠のない自信

まぐまぐニュース! / 2016年10月05日16時00分

僕は仕事で、出演者の佐藤隆太さんと、監督にインタビューさせて頂きました。 日本では興行成績も良く、感動巨編として、大ヒットした作品です。 いざ、上映が始まり、多くの現地ニューヨーカーの観客と一緒に観ました。 インタビューをする前に、本作を観て、観終わった後に、別室でインタビューすることになっていました。 僕は監督の2つ隣の座席に座り、鑑賞しました。 クライ [全文を読む]

AKIRAの流血はどうなった?「HEAT」最終回のありえない展開に視聴者が呆然

アサ芸プラス / 2015年09月03日17時59分

「最終話はライバル役の佐藤隆太が火災現場に取り残され、AKIRAが救出するという『海猿』のようなシーンが見せ場でした。しかしAKIRAは直前まで脇腹から流血し、立ち上がるのもやっとだったにもかかわらず、突然、消防服を無断で奪取し、火の中に突入。そして1人で身長180近くある佐藤を担ぎ、爆発の中から脱出するという、ありえない展開だったのです」(テレビ誌記者) [全文を読む]

「海猿 ザ・コンサート」にシェネルがサプライズ出演!オーケストラをバックに主題歌「ビリーヴ」を熱唱!!

PR TIMES / 2012年07月10日16時03分

この日は主演の伊藤英明はじめ、加藤あい、佐藤隆太、三浦翔平らの出演者、また「海猿」シリーズの音楽を担当した佐藤直紀、そして監督の羽住英一郎も来場し、客席からコンサートを鑑賞。「こんなに生の音楽に迫力があるとは思わなかった。感動した」(伊藤英明)、「映画の1作目から生のオケの演奏で振り返ると感動」(加藤あい)、「歴史ある作品に参加することが出来たと、改めて実 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松岡修造が“熱すぎて”次が思い浮かばず 『寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人TOP10』

TechinsightJapan / 2017年01月20日19時00分

「熱い俳優」をイメージして『踊る大捜査線』の「織田裕二」、『ROOKIES』の「佐藤隆太」「市原隼人」、『テルマエ・ロマエ』の「阿部寛」、『海猿』の「伊藤英明」、『スクール ウォーズ』の「山下真司」などを予想するも当たらない。 他に「薄着のイメージがあるタレント」として「なかやまきんに君」「庄司智春(品川庄司)」、「スギちゃん」などを予想、さらに「暑苦し [全文を読む]

ベッキー熱望の「直接謝罪」を描いたフジ『僕のヤバイ妻』が、TBS『重版出来!』に逆転勝利

日刊サイゾー / 2016年05月12日00時00分

真理亜の誘拐事件を担当する相馬刑事(佐藤隆太)の口から、元捜査一課の刑事で、野球賭博に手を出した上、押収品を横流しして懲戒免職を食らっていたことが発覚します。ここにもヤバイ奴がいた! そんな中、愛人宅へ逃げ込もうとする幸平。しかし、そこへ相馬刑事が出くわし、マンションの3階の窓からスルスルと逃げる幸平。さすが海猿、身のこなしが軽快です。 そのまま、駐車場の [全文を読む]

“爆死”確定? 伊藤英明主演の4月期フジ「火10」ドラマ『僕のヤバイ妻』に不安いっぱい

日刊サイゾー / 2016年03月16日13時00分

そのほかの出演者は、眞島秀和、キムラ緑子、高橋一生、宮迫博之らだが、現在オンエア中の『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)でも、“低視聴率男”ぶりを遺憾なく発揮している佐藤隆太もキャスティングされているのが気になるところ。 出演に当たって、主演の伊藤は「黒岩さんのヤバイくらい面白い台本で、ヤバイ夫を演じてみようと思いました。ヤバイ妻の木村さんとは、がっつり夫 [全文を読む]

大コケ「HEAT」、AKIRAは悪くなかった

NewsCafe / 2015年11月26日16時00分

本来は佐藤隆太(35)が主役で、運動能力のあるAKIRAは脇役に回ったほうがよかった」 確かに役者としてのキャリアや演技力は、佐藤のほうが格段に上だった。 「ところが制作した関西テレビではそんな采配ミスを一切認めず、一方的にAKIRAが悪いと決めつけて責任逃れです。実はAKIRAは主役に決まったとき『俺には荷が重すぎる』と1度断ったんですが、事務所が利害を [全文を読む]

「HEAT」映画版は主演交代!?ドラマ爆死のAKIRAは俳優生命の危機に!

アサ芸プラス / 2015年07月10日17時59分

今回のドラマを見た視聴者からは、脇の消防士役・佐藤隆太を主演にした方がよかったという声が多くあがっていますから、少しでも収益をあげるため、メインのキャラを佐藤に移した脚本が書かれる可能性はあります」(映画誌記者)「HEAT」が第二の「海猿」となるのには、まだまだ問題が山積みのようだ。 [全文を読む]

フォーカス