mlb 岩隈久志に関するニュース

楽天・田中将大のメジャー行き、なぜ膠着続く?新ポスめぐる日米野球機構間の攻防

Business Journal / 2013年11月28日19時00分

東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手のMLB(米・メジャーリーグベースボール)行きに暗雲が立ち込めている。MLBがNPB(日本野球機構)との間でほぼ合意に達していた新ポスティング制度を撤回。改めて修正案をまとめ、再交渉することになったためだ。 海外FA(フリーエージェント)権未取得の日本人選手のMLBへの移籍を定めたルール=ポスティング制度に関して、 [全文を読む]

【プロ野球】被災者支援に命を賭した野球人、ロベルト・クレメンテの功績

デイリーニュースオンライン / 2016年05月03日16時04分

文=オグマナオト(おぐま・なおと) 【関連記事】 [全文を読む]



和田毅と岩隈久志のあだ名「バーゲン男」「催眠術師」の理由

NEWSポストセブン / 2014年11月18日16時00分

フル出場なら20勝も可能な計算でしたから、来季のさらなる飛躍は間違いないでしょう」(MLB研究家の福島良一氏) ※週刊ポスト2014年11月28日号 [全文を読む]

イチローと岩隈トレードならヤ軍の若手あと2人必要と関係者

NEWSポストセブン / 2013年06月27日07時00分

※週刊ポスト2013年7月5日号 [全文を読む]

藤川球児の米評価「WBCでAロッドのバットへし折った奴」

NEWSポストセブン / 2012年11月21日07時00分

国内組中心の布陣で日本が勝てるかどうか、不安は大きい」(スポーツジャーナリスト) ※週刊ポスト2012年11月30日号 【関連ニュース】米記者「ヒデキ・マツイにはすでに引退しか選択の余地はない」チーム最年長・松井秀喜「球団のお荷物にはなりたくない」ダルのワンシームは150kmで落ちる “信じがたい球”との評中島裕之、川崎宗則、青木宣親ら今年の海外挑戦野手に [全文を読む]

20万人が集う野球総合サイト『週刊ベースボール速報』が 遂にAndroidアプリに登場!!

PR TIMES / 2012年09月13日17時47分

-------------------------------------【サービス概要】⇒『週刊ベースボール速報』 AndroidアプリのダウンロードページURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bbm_baseball [全文を読む]

マリナーズ岩隈夫人 全試合観戦で不倫報道夫を24時間監視

NEWSポストセブン / 2012年06月27日07時00分

※週刊ポスト2012年7月6日号 【関連ニュース】雑誌報道を「岩隈が義妹と不倫」と紹介したミヤネ屋は誤報東北楽天イーグルス・岩隈久志 不倫していると報じられる楽天・岩隈 「3年越しの愛人」との連夜の不倫密会写真公開野村克也氏 岩隈久志を「本物のエースではなかった」と評す岩隈 デート時に改造ベンツで制限速度超すスピードで走った [全文を読む]

小久保監督、侍ジャパンの皆さん 過小評価してごめんなさい

NEWSポストセブン / 2017年03月24日07時00分

侍ジャパンの皆さん、すみませんでした! ※週刊ポスト2017年4月7日号 [全文を読む]


「ダルはアーティスト、マー君はワーカー」とMLB現地解説者

NEWSポストセブン / 2014年05月19日16時00分

いわば天才肌の宿命ともいえます」 ※週刊ポスト2014年5月30日号 [全文を読む]

楽天・田中 代理人問題でつまずいた岩隈の二の舞可能性懸念

NEWSポストセブン / 2013年11月28日07時00分

楽天の田中将大投手(25)のメジャーリーグへの移籍には、数多くの障壁が待ち受けている。移籍の前提となるポスティング制度は一度は日米間で合意に至ったが、低予算球団の抵抗がありMLB側から取り下げられ、白紙撤回されてしまった。 さらにメジャー移籍の成否を左右する「代理人」が未だに決まっていないのである。実は球団の幹部職員であるA氏がアメリカの代理人からの接触を [全文を読む]

楽天田中移籍に米代理人「楽天サイドが邪魔し接触できない」

NEWSポストセブン / 2013年11月26日07時00分

岩隈の時と同じ構図です」(前出の代理人) [全文を読む]

「ただいま、大興奮中です」なでしこ川澄奈穂美、イチロー今季1号試合でノーバン始球式

ゲキサカ / 2017年04月20日19時36分

シアトル・レインに所属するFW川澄奈穂美が、メジャーリーグベースボール(MLB)のマリナーズ対マーリンズの始球式を務めた。大役を終えた元なでしこジャパンFWが、興奮収まらぬまま自身のブログ(https://ameblo.jp/nahomi-kawasumi/)を更新している。 川澄は、19日にセーフコフィールドで行われたマリナーズ対マーリンズの始球式に登場 [全文を読む]

大谷が抜けた侍J投手力は10%減、しかも相手は強打者揃い

NEWSポストセブン / 2017年02月14日11時00分

3月のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)開幕を目前に控えて、大谷翔平(22、日本ハム)欠場のショックから小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンは混乱したままだ。メンバー入りしたのは菅野智之(27、巨人)、則本昂大(26、楽天)、石川歩(28、ロッテ)、武田翔太(23、ソフトバンク)、藤浪晋太郎(22、阪神)ら。各球団のエースが勢揃いした先発陣は強 [全文を読む]

イチローが世界的な記録を達成した今こそ振り返りたい...戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち

リテラ / 2016年06月28日13時00分

マイアミ・マリーンズのイチロー選手が、日米通算で世界最多安打記録4257本を達成。日米合算ではあるが、ピート・ローズがもつ世界記録を塗り替えたこととなり、大記録の達成に日本中が沸いた。また、メジャーリーグのみでの安打記録3000本も目前に迫り、近いうちに再び吉報を聞くことができそうだ。 イチロー以外にも、シアトル・マリナーズの岩隈久志選手、ニューヨーク・ヤ [全文を読む]

フォーカス