日本ダービー 福永祐一に関するニュース

今こそ思い出す、1998年の史上最強「G1完全制覇」世代。18年の時を経て、新・最強ダービー世代に託された「夢」の継承

Business Journal / 2016年05月28日23時00分

「どんなレースをするかはもちろん、騎乗馬の癖や個性なども、これ以上話したくありません」 18年前の1998年、日本ダービー(G1)。デビュー当時からいつも明るく、常にウィットに富んだ発言で、競馬ファンだけでなくマスコミの人間まで楽しませる稀代のエンターテイナー武豊。 そんな天才騎手にここまで言わせたのは、それが未だ一度も勝っていない日本ダービーだからか、そ [全文を読む]

累計200万ダウンロード突破競走馬育成ゲーム『ダービーインパクト』 超豪華報酬ゲットの機会が満載!1周年記念キャンペーン開催!

PR TIMES / 2014年05月23日17時28分

最強馬決定!「第1回ダービートーナメント」を開催!!日本ダービーと同じ舞台の東京競馬場、芝2400mで最強馬を決定する「ダービートーナメント」を開催いたします。決勝戦は日本ダービーと同日となり、優勝馬には、Dメダル1,000枚、お好きな種牡馬、福永祐一騎手のサイン入り色紙をプレゼントいたします。1人1頭自慢の愛馬を登録し、トーナメント戦を勝ち抜き、超豪華報 [全文を読む]

リオンディーズより心配なM.デムーロ騎手......絶不調の「きっかけ」と、やはり『情熱大陸』が!?

Business Journal / 2016年06月02日00時00分

日本ダービー(G1)で後方から最速の上がりタイムを繰り出したが、5着に敗れたリオンディーズ。能力は同レースで勝利したマカヒキや2着サトノダイヤモンドに勝るとも劣らない部分がああるものの、この一族特有の気性の荒さやレース前のテンションの高さなどが仇となっている印象。とはいえまだ3歳春。兄エピファネイアが4歳でジャパンカップを勝ったように、まだまだこれからだ。 [全文を読む]

『情熱大陸』出演のミルコ・デムーロ騎手に暗雲!? 「負の歴史」繰り返しでTBSの目論見崩壊か

Business Journal / 2016年03月29日13時00分

当時の番組は日本ダービー(G1)を勝ったキズナが、世界最高峰の舞台となる凱旋門賞(G1)に挑む1年を追った競馬ファン納得の内容。番組の最後には、お馴染みの葉加瀬太郎氏の名曲をバックに、復帰したキズナが大阪杯(G2)を圧勝するシーンが流れるなど、まさに本馬がこれからの競馬界を背負っていく存在となる期待を持たせるものだった。 ところが、その年の天皇賞・春(G [全文を読む]

その強さ、鬼神のごとし――中山記念(G2)ドゥラメンテ完勝で、世界の頂点が見えた!

Business Journal / 2016年02月28日17時00分

休養明けということもあり、ドゥラメンテの馬体重は前走の日本ダービーから+18キロ(502キロ)。本来なら"太め"と判断されるところだが、3歳からの成長分という考え、パドックでの引き締まった馬体からは違和感はなかった。 レースはカオスモス(牡6歳 栗東・森厩舎)がハナに立ち、2馬身後ろにロゴタイプ(牡6歳 美浦・田中厩舎)など3頭がつける展開で向こう正面へ [全文を読む]

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

「2年前、エピファネイアで菊花賞を勝つまで、牡馬クラシック競走(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)は1996年のデビュー以来未勝利でした。デビュー当初のキングヘイローにはじまり、最近もワールドエースやリアルスティールなど世代きっての素質馬に乗り続ける福永としては、物足りなさすぎる数字です。特にG1ではあと一歩、ほんの少しの差で2着に甘んじる姿も目立つことから [全文を読む]

「日本競馬はイージー」!? “ハンデ”あっても強すぎ「外人騎手」2人に、日本人騎手は……

日刊サイゾー / 2015年11月05日23時30分

デムーロは2003年、ネオユニヴァースで皐月賞・日本ダービーの「2冠」や、2012年、天皇賞・秋をエイシンフラッシュで勝利した際の天皇・皇后両陛下への「最敬礼」などで広く知られる人気者。ルメールは海外での実績でいえばデムーロよりもはるかに上。2005年の有馬記念でハーツクライにまたがり、あのディープインパクトに初めて土をつける好騎乗を見せつけたことが有名だ [全文を読む]

日本ダービーで“超万馬券”出る!「魔物がいる東京2400メートル」

アサ芸プラス / 2015年05月28日17時56分

まもなく開催される日本ダービーもまた、波乱必至のメンバー構成なのだ。ウハウハ馬券をモノにする、専門家の“秘”解説を全公開する! 1着・5番人気、2着・12番人気、3着・最低18番人気──。5月17日のヴィクトリアマイル(GI)で三連単2070万5810円というGI史上最高額を更新する驚愕の払戻金を演出した激走馬の組み合わせである。この流れに乗るべし、とばか [全文を読む]

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(2)剛腕タイプの騎手に追い負け

アサ芸プラス / 2014年04月22日09時57分

まず、1番人気ワールドエースで臨んだ5月27日の日本ダービーである。トラックマンが解説する。 「ペース自体は速くなかったのですが、結局、ワールドエースより前にいた3頭で3着までを占められ、ワールドエースは外を回し、足を余して負けました。そこで内を突くとか3、4コーナーで上がっていくとか、勝負がかったことができないままでしたね」 他の馬に比べて勝てるチャンス [全文を読む]

人気占い師・ゲッターズ飯田の日本ダービー予想「ワールドエースの福永騎手はソバを食べなさい」

週プレNEWS / 2012年05月25日17時00分

昔から「最も運がいい馬が勝つ」といわれる日本ダービー(GⅠ)。ならば当日、最も運がいい馬はどれなのか? 競馬はド素人という人気占い作家のゲッターズ飯田氏に競馬の祭典・日本ダービーを文字どおり占ってもらった。 *** ―占い師vs競馬の祭典。非常に興味深い異種格闘技戦です。 飯田 15年ぐらい占いをやってますが、さすがに馬を占うのは初めてです。馬に運があるの [全文を読む]

角居勝彦調教師 桜花賞はスピード能力不可欠

NEWSポストセブン / 2017年04月08日16時00分

牝馬ながら日本ダービーを勝つなど競馬ファンならずともその名を知っているGI7勝の名牝だが、2007年の桜花賞では、単勝1.4倍の1番人気に支持されながら2着に敗れている。「その2年前には、日米オークスを制したシーザリオも出走させていますが、やはり跳ね返されました(2着)。2008年は2歳牝馬チャンピオンになったトールポピーも8着でした。いずれも1番人気。そ [全文を読む]

「ポスト武豊」浜中俊騎手が「犯罪強要」!? 未成年への仕打ちにイメージ崩壊か

Business Journal / 2016年07月03日13時00分

ハメを外しすぎたということでしょうか」(記者) 近い世代では、川田将雅騎手が今年日本ダービーを制するなど記録を次々作っている中、どことなく置いていかれた感のある浜中。今後が少し心配である。 [全文を読む]

事前登録者数15万人突破の勢いに乗ってフジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」Android版配信開始!

@Press / 2015年10月23日12時45分

本ゲームは、競馬評論家の安藤勝己(G1騎手)が監修し、競馬好きにはお馴染みの、競馬評論家・井崎脩五郎や世界的騎手のオリビエ・ペリエ、武豊、2015年の日本ダービーを制したミルコ・デムーロをはじめ、横山典弘、蛯名正義、岩田康誠、福永祐一、戸崎圭太、川田将雅など名だたる騎手達が実名実写で登場いたします。また、女優・足立梨花が季節に合わせたキュートな衣装で登場 [全文を読む]

【フジテレビ】フジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」AndroidTM版ついに配信開始!本日10月23日(金)より配信開始!!

PR TIMES / 2015年10月23日11時35分

[画像2: http://prtimes.jp/i/84/528/resize/d84-528-326418-3.jpg ] 本ゲームは、競馬評論家の安藤勝己(G1騎手)が監修し、競馬好きにはお馴染みの、競馬評論家・井崎脩五郎や世界的騎手のオリビエ・ペリエ、武豊、2015年の日本ダービーを制したミルコ・デムーロをはじめ、横山典弘、蛯名正義、岩田康誠、福永祐 [全文を読む]

福永祐一 武豊になれなかった“4大失態レース”(1)「キングヘイローの呪い」が今も続く

アサ芸プラス / 2014年04月18日09時57分

結局、思い切った騎乗ができないことが大阪杯の敗因でしたね」 冒険性のある強気な騎乗を避け、折り合いを優先する優等生になったのはデビュー3年目の98年、2番人気のキングヘイローで臨んだ日本ダービー(東京・芝2400メートル・GI)のトラウマからだった。 「もう1、2コーナーから引っ掛かり倒して、なんと逃げてしまった。結果、14着の惨敗。それが頭にこびりついて [全文を読む]

2013年度JRAワースト騎手を勝手に表彰!(1)「“ガッカリ大物”騎手編」

アサ芸プラス / 2014年02月27日09時57分

5億円豪邸も構えてしまった今は、ハングリーさを失ったのかもしれない(笑)」(デスク) 競馬の祭典「日本ダービー」の舞台、東京2400メートルで暗雲が垂れこめたのが福永祐一(37)だ。 「ここ一番の勝負強さに欠けますね。昨年のダービー2着でようやくキングヘイローの呪縛から解放されつつあるかと思ったが、先日の京都記念のジェンティルドンナを見るかぎり、ここ一番の [全文を読む]

「日本競馬界3大遺恨」が有馬記念で大激突!(1)

アサ芸プラス / 2013年12月19日09時57分

コトの発端は、日本ダービー(GI・5月26日)。連対候補だった藤沢厩舎のコディーノが、主戦の横山から外国人騎手ウィリアムズに突然、差し替えられたのだ。しかも横山は藤沢師から直接通告されず、マスコミ報道で初めて事実を知る。トラックマンが続ける。 「新馬戦からずっと1800メートルを使ってきた馬をなぜか昨年末、オーナーサイドの強い要望で1600メートルのGI [全文を読む]

藤田伸二騎手「武豊を潰したのは社台とアドマイヤ」(1)岩田と福永の騎乗にダメ出し

アサ芸プラス / 2013年06月13日09時59分

天皇賞、日本ダービー、ジャパンカップダート、宝塚記念、有馬記念などGIを16勝する一方で、ヤンチャな性格と言動から「番長」と呼ばれる剛腕騎手の衝撃暴露が、これでもかと続くのだ。 〈俺は騎手としてすべてやり遂げたからもう辞める、とまでは言わないけど、「もうやることがない」という気持ちはある。(中略)「今、勝ちたいレースは何か」と訊かれても、もう特にない〉 こ [全文を読む]

フォーカス