福永祐一 藤田伸二に関するニュース

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

10月31日、京都競馬場で行われたスワンステークスで落馬した福永祐一騎手。「右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折、右肩の靱帯断裂、右胸骨骨折」という全治4カ月の重傷を負い、現在まで独走状態だった2年ぶりのリーディングジョッキーも、厳しい状況となってしまった。 父は元祖天才ジョッキーと呼ばれた福永洋一氏。落馬負傷で引退を余儀なくされたが、父の背中を見て育った福永祐 [全文を読む]

「本当にうまい騎手」BEST30人を格付け公開!(4)

アサ芸プラス / 2014年01月24日09時57分

連続キングを狙う福永祐一もスケールアップ。菊花賞で初の牡馬クラシック制覇を成し遂げ、一皮剥けたようだ。 「印象的だったのが、秋の天皇賞です。これまでは教科書どおりのレース運びで、超一流ジョッキーのようにレースを支配していなかった。でも、あの日は勝負どころで“タメ”というか、独特の空間を生んでいた。『アッ、福永だ。うまい!』から『すごい!』って言われるように [全文を読む]

岩田康誠騎手 後藤浩輝を2度も病院送りにした危険な騎乗

アサ芸プラス / 2014年05月21日09時57分

昨年のリーディングに輝いた福永祐一(37)が『岩田さんがいなければ今の自分はなかった』と公言し、若手の浜中俊(25)や藤岡康太(25)も慕っているように、騎手会長として信頼を得ている武豊に負けず劣らずの人気です。でも、肝心の2人が飲みに行くなんて話はもとより、検量室で談笑するシーンさえ、ここ数年は見てない。お互いに譲れないプライドや美学があるんでしょうね」 [全文を読む]

藤田伸二騎手「武豊を潰したのは社台とアドマイヤ」(1)岩田と福永の騎乗にダメ出し

アサ芸プラス / 2013年06月13日09時59分

さらに福永祐一(36)についても、 〈体重が後ろにかかって、懐が開き過ぎることがある。膝でバランスを取ろうとしているから、膝がカックンカックン動いてしまうのはそのせいだ。それでいて、勝ちにこだわった乗り方もしていない〉 とボロクソなのである。 [全文を読む]

競馬エージェント(5)別の担当騎手をあてがった

アサ芸プラス / 2013年02月06日09時59分

このあと、地方GIの全日本2歳優駿に勝つほどの馬でしたから」 同じく、勝つ可能性が高いほうの馬に乗りたいがために問題を起こした騎手が、福永祐一だ。 11年の毎日王冠で、ダークシャドウ(堀宣行厩舎)に騎乗して勝った際、「次(天皇賞・秋)もこの馬に乗りたい」と“失言”。すでに池江泰寿厩舎のトゥザグローリー騎乗を約束していたエージェントK氏は慌てふためいた。もし [全文を読む]

フォーカス