星新一 ボッコちゃんに関するニュース

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

吉澤嘉代子、甘酸っぱい初恋のグラデーションを表現した「ユキカ」のアニメーションMV公開

okmusic UP's / 2015年10月07日15時00分

ミニアルバム『秘密公園』は、姿はいつか形を変えてしまう、だから恋をしている綺麗な一瞬を絵画のように切り取り、たとえ時間が経っても相手には永遠に綺麗だと思ってほしいという女性目線の狂気やエゴを表現した「綺麗」、初恋をテーマにした「ユキカ」、星新一の「ボッコちゃん」から着想したナンセンス恋愛ストーリー「必殺サイボーグ」、孤独をテーマに書かれた「真珠」など、吉 [全文を読む]

吉澤嘉代子、タワレコ渋谷インストアライブをニコ生で生中継決定

okmusic UP's / 2015年10月04日13時00分

ミニアルバム『秘密公園』は、“姿はいつか形を変えてしまう、だから恋をしている綺麗な一瞬を絵画のように切り取り、たとえ時間が経っても相手には永遠に綺麗だと思ってほしい”という女性目線の狂気やエゴを表現した「綺麗」、初恋をテーマにした「ユキカ」、星新一の「ボッコちゃん」から着想したナンセンス恋愛ストーリー「必殺サイボーグ」、孤独をテーマに書かれた「真珠」など、 [全文を読む]

夏休み明けには本の虫に?あなたの読書習慣を甦らせる2大名作

まぐまぐニュース! / 2015年08月10日05時30分

お勧め図書2:『ボッコちゃん』 短編SF小説の巨匠である星新一の代表作です。短くコミカルな内容にも関わらず考えさせられる内容盛りだくさん。 上記はあくまで僕のお勧めですが、“それでも活字は苦手”という方は、絵本から始めるのも良いでしょう。絵本でお勧めなのは、『おこだでませんように』 (岩波少年文庫)です。 とにかく1話、1冊を『楽しく、面白く』読み終える [全文を読む]

[2]黒木メイサや「w-inds.」らに楽曲提供! クリエイターとしてのJUNEの姿

Wow!Korea / 2014年07月03日13時08分

また、作詞の勉強をする意味でも、ここ1~2年で理解できるようになったという日本語の本を読む習慣ができたそうで、最近は星新一氏の「ボッコちゃん」を読破した。日本語作詞については、「自分で絞り出す作業が好きで、知らないことを覚えていく過程がすごく面白いんです」と楽しんでいるようすだ。楽曲を制作する際は、該当アーティストの大まかなイメージをもらい、そこにまつわる [全文を読む]

フォーカス