作家 星新一に関するニュース

AIが小説を書く、その仕組みと未来

Forbes JAPAN / 2016年12月21日17時30分

上記の作品は、小説を書くAIプロジェクト「きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ」から生まれたもの。これら作品の一部は、文学賞「第3回星新一賞」で一次審査を通過する実績も残している。プロジェクトを牽引する、日本屈指のAI研究者・松原仁教授(公立はこだて未来大学)は言う。「これまで将棋AIなどを開発してきましたが、2010年以降、ある程度、人間の名人にも勝 [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

http://www.obunsha.co.jp/service/kodansha2015/ ※『小学生のための きれいな字になるワーク』のより詳しい情報はこちら http://www.obunsha.co.jp/02/011040 ◆上手な受験ノート作りのノウハウと、最適な参考書問題集の活用事例紹介 旺文社は受験雑誌「螢雪時代」の発行や参考書の刊行など [全文を読む]

最後の希望? 東京藝大[本は自己投資! 第5回]

Forbes JAPAN / 2016年10月26日12時00分

著者の二宮敦人氏はライトノベルやホラー小説のジャンルで活躍する作家。妻は藝大で彫刻を学ぶ現役学生で、この妻があまりに面白いキャラなため(なにしろいきなり巨大な木彫りの陸亀を彫りはじめたり、体中に半紙を貼り付けて型をとったりしはじめる)、やがて妻が通う東京藝大とはどんなところだろうと興味を持ち調べ始める。調べるといっても、基本的には妻の紹介でいろいろな学生に [全文を読む]

猫の舌のようにざらりとした読後感…《猫》短篇集『猫は神さまの贈り物』<小説編>&<エッセイ編>4月29日2冊同時発売!

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

さらに新たな作品を追加し改訂復刊!森茉莉、谷崎潤一郎、小松左京、木村荘八などの個性派作家たちが描く、一癖も二癖もある《猫》と、それを取り巻く少しあまのじゃくな人間たち。読後はまるで、心の深部を猫の舌でざらりと舐められたような、ひりっと不思議な味わい。本改訂版では寺田寅彦や昭和初期の動物心理学者・黒田亮などの隠れた名エッセイを新たに収録。人気美術家・ミヤケマ [全文を読む]

又吉直樹氏ゲスト登壇!秋山真太郎氏(劇団EXILE)による受賞作朗読も 第1回『ショートショート大賞』贈呈式を開催

@Press / 2016年06月23日10時30分

それからずっと、ショートショート集を出して、ショートショートをみんなに知ってほしいという思いがあり、こうして作家になりました。本を出して、なおのこと強く感じるようになりましたが、自分一人だけががんばって、広まっても意味がないと思うようになりました。」「ショートショートは星新一さんを筆頭として何十年か前にものすごく盛り上がりましたが、今の小学生で知っている人 [全文を読む]

日本のSFの歴史を一挙におさらい 「日本SF展・SFの国」

太田出版ケトルニュース / 2014年07月21日10時28分

今でこそ日常に溶け込んでいるSFだが、星新一、小松左京、手塚治虫、筒井康隆、真鍋博ら、日本SFの第一世代と呼ばれる作家たちは、まだ認知度が低かったSFをどう表現するか、読者に届けるために奮闘してきた。同展は、彼らの作品や資料を、時代背景とともに振り返ることで、日本SFを読み解く展覧会。作家たちがSFという表現を通じて、何を、どのように伝えようとしたのかを [全文を読む]

“日本SF大学”開校!筒井康隆監修SF展、世田谷文学館で開催

FASHION HEADLINE / 2014年07月02日22時00分

日本SFの父として知られる海野十三から、本展を監修した作家の筒井康隆と豊田有恒、作家の小松左京や星新一、漫画家の手塚治虫、怪獣図解を描いた大伴昌司、日本SFを継承する漫画『20世紀少年』までジャンルや時代を超えた幅広い作家・作品を紹介する。 また「学外研修」として、小中学生を対象とした製鉄所・造船所の見学会(8月1日8時)、JAXAの解説を聞いてオリジナル [全文を読む]

ヒトラーの嘘と絵画 - 彼はなぜ芸術家になれなかったのか?

tocana / 2014年06月23日18時00分

――エカキで作家・マンガ家、旅人でもある小暮満寿雄が世界のアートのコネタ・裏話をお届けする! かのショートショートの名手・星新一の短編に、こんな話があるのであらすじを紹介しよう。 オーストリアのとある町。貧しい画家志望の青年が、愛する女性とのデート資金を求めて質屋にやってくる。担保の質物は何と青年自らが描いた絵。青年は「金を貸してください」と懇願するが、当 [全文を読む]

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

第1弾は、昭和時代の巨匠から平成に入って登場してきた気鋭・新鋭作家まで約2500冊を超える名作ロングセラー、ベストセラーの注目作をお届けいたします。eBookJapanでは、これまで、朝日新聞出版、岩波書店、KADOKAWA、河出書房新社、幻冬舎、講談社、光文社、集英社、小学館、祥伝社、筑摩書房、中央公論新社、東京創元社、早川書房、双葉社、文藝春秋、平凡社 [全文を読む]

村本、世論を斬る「そのうち刺身かわいそう、と…」

WEB女性自身 / 2014年05月11日07時00分

奇麗事も美談もない99.9%ゲストークの中にこそ、キラリと光る真実の輝きがある!?山里「辻仁成さんは、中山美穂さんに初めて会ったときに『やっと会えたね』って言ったそうだけど、作家っていう仮面をかぶっているから素敵に聞こえるかもしれないけど、絶対おかしいよ」村本「完全にストーカーのセリフ」山里「でもさ、子供がいるってことはミポリンとセックスしているんだもんな [全文を読む]

ショートショートの神、星新一の才能は遺伝だった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日17時30分

1997年に亡くなった後も、若い世代にまで引き続き根強いファンを持つSF作家巨匠、星 新一氏。ショートショートといえば氏の名前があがるほど、今なお幅広く認知され支持を集めている。氏の作風の魅力は、短くまとめられた1話の中にも奇想天外な発想力と壮大なスケール、さらに思いもよらないオチが詰まっていることにあるが、そのずば抜けた発想力の才能は星製薬の創業者である [全文を読む]

「ショートショートの神様」星新一の孫弟子が紡ぐ18の物語

NEWSポストセブン / 2015年06月01日16時00分

【書評】『家族スクランブル』田丸雅智/小学館/1404円 【評者】末國善己(文芸評論家) ショートショートは、斬新なアイディアと予測もつかない結末を、原稿用紙20枚くらいの短い分量で描くジャンルで、星新一、都筑道夫、筒井康隆、阿刀田高といった有名な作家も得意としていた。 昨年、初の単行本『夢巻』と第2作品集『海色の壜』を立て続けに刊行した田丸雅智は、ショー [全文を読む]

文芸界における作家と読者の関係に新たな波!ショートショート作家のホープ・田丸雅智が文芸界初のオンラインサロンを開設!

PR TIMES / 2014年12月22日15時17分

コンテストで最優秀賞受賞など各界から高い評価を受けており、今人気急上昇若手ショートショート作家・田丸雅智が12月20日より有料会員制のオンラインサロンを開設しました。文芸界では初の取り組みとなり、新人作家における長期的なファンの育成の場、マネタイズの方法として注目されています。若手ショートショート作家・田丸雅智が主催する有料会員制のオンラインサロン「田丸雅 [全文を読む]

向井理、テリー伊藤、蜷川実花、乙武洋匡、オードリーなどの著名人と、角川文庫のハッケンくんが東京を席巻!「カドフェス2014」好評開催中!

PR TIMES / 2014年08月01日13時08分

その他にも、向井理さん(俳優)、乙武洋匡さん(作家)、ヤマザキマリさん(漫画家・『テルマエ・ロマエ』)、小島秀夫さん(「メタルギア」シリーズ監督)、朝井リョウさん(作家)、谷口鮪さん(KANA-BOON)、パンサー向井さん(お笑い芸人)、石井一久さん(野球解説者)の「イチ押し本」が掲出される。 また、ニッポン放送にて毎週土曜日深夜1時から放送中の「カドフェ [全文を読む]

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

一種のオカルト研究サークルなのだが、メンバーにはSF作家の星新一、筒井康隆、小松左京、作曲家の黛敏郎、元都知事・石原慎太郎など著名人がずらり。 星新一はこのサークルについて以下のように回想している。 「それはやっぱり小松(左京)さんにしても、半村(良)さんや筒井(康隆)さんだって、言うに言われぬなにかがあったでしょうな。それをいちがいに救いを求めてとは言 [全文を読む]

2013年に単行本デビューした注目の新人漫画家ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月04日18時00分

今年の新人が来年は大物作家になっているかも! 今のうちにチェックしておくべき新人漫画家は誰なのか。 『「マンガの話をしよう」ネルヤ』の主宰者小林聖さんに、今年単行本デビューした期待の漫画家5名を教えてもらった。 【1~5位までの画像あり】関連情報を含む記事はこちら 【1位】佐野菜見 『坂本ですが?(1~2巻)』(KADOKAWA エンターブレイン) 今年1 [全文を読む]

読みたい時に読みたい場所で 2000文字の超短篇小説レーベル「nanovel」 Android版をお試しあれ

ガジェット通信 / 2013年10月02日19時15分

作品は放送作家や脚本家・劇作家・コピーライターが執筆、作家陣には劇団SHA・LA・LAの入江雅人や星新一の孫弟子・田丸雅智など、多業界の執筆陣が続々と参戦中だ。小説ファンじゃなくても手軽に楽しめるエンタメとして要注目で、若者の活字離れの阻止に一役買っているとかいないとか。 ios版で注目を集めた斬新なインターフェイスはそのままに、無数&無秩序に揃う小説タイ [全文を読む]

人気アプリがコラボ! nanovel × 瞬間日記 新しい“日記型小説”「瞬間文学」始動!

ガジェット通信 / 2013年08月05日13時00分

「nanovel」は放送作家や脚本家、劇作家、コピーライターが執筆する作品を扱い、作家陣には劇団SHA・LA・LAの入江雅人や星新一の孫弟子・田丸雅智など、さまざまな業界の執筆陣が続々参戦中の話題のアプリ。一方の「瞬間日記」は、全世界で累計2,000万DLを記録するプライベート日記アプリ。日々のメモやダイエット記録などを非公開で気軽に記すことが可能で、初 [全文を読む]

「妹(他称妹)キャラ最高!!」本日9月6日「妹の日」にオタクたちが歓喜!! 誕生日にはあのキャラクターも……!?

おたぽる / 2016年09月06日21時00分

本日9月6日は、「ショートショートの神様」とも呼ばれ、小松左京、筒井康隆と並んで日本SF界の御三家と称される作家・星新一の誕生日であり、松崎しげるのデビュー45周年を記念し、日に焼けた黒い肌にちなんだ「松崎しげるの日」(今年認定)でもあるのだが、なんといっても「おたぽる」的に注目したいのは、「妹の日」であるということ。 9月6日が「妹の日」になったのは、現 [全文を読む]

SFって何だ!? これだ! 10代・20代のうちに読むべき小松左京のベストセレクション

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日17時30分

筒井康隆、星新一らと並んで、日本SF小説の黄金時代を築きあげた作家・小松左京。没後5周年にあたる今年、その代表作を2巻にまとめた電子書籍オリジナルのベスト作品集『小松左京短編集 東浩紀セレクション』『小松左京短編集 大森望セレクション』(KADOKAWA)が7月25日、同時リリースされた。 長年小松作品を愛読してきた、という東浩紀と大森望が作品を選んだ今回 [全文を読む]

フォーカス