百人一首 菅原道真に関するニュース

「泣きながら侘しい暮らしをしています」百人一首のあの人たちも来た陸の孤島での逆境生活~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2017年01月15日17時00分

「観光で滞在するなら…」百人一首の歌人も訪れた地、須磨 都を離れ、須磨に暮らしはじめた源氏。新しい住まいは海岸よりは少し入った山中にありました。家屋は茅葺き、廊下は葦葺きの簡素な作りで、粗末な垣根が巡らせてあります。かつて熱愛した夕顔の家や紫の上を初めて見つけた北山の家も、こんな感じだった…。恋の記憶が甦ります。 あのときは単に物珍しく思っただけですが、ま [全文を読む]

古典の知恵から学ぶ生き方:千利休が祈った北野天満宮と「守破離」の真意

デイリーニュースオンライン / 2016年03月10日13時05分

百人一首おみくじをプロデュースするなど、新進の古典アーティスト、歌人(和歌の解説者)として活躍する一方で、2016ミス日本酒愛媛代表に選出され、お神酒や日本文化を啓蒙する大濵彩花さん。本連載(全6回)では、大濵さんに、日本の古典文学から読み解く生き方の知恵、現代社会を生きるヒントを解説していただきます。 「守破離」という言葉を聞いたことがあるだろうか。武道 [全文を読む]

「苦しい日々の産物が、大一番で最大の武器になる」ついに世紀の絵巻バトル開催!その後の勝者の意外な心境~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2017年05月27日18時25分

百人一首に採られている歌も何首かありますが、有名なのが大トリの壬生忠見vs平兼盛。「恋すてふ我が名はまだきたちにけり…」と「忍ぶれど色に出でにけり我が恋は…」の恋の歌対決でした。いずれも甲乙つけがたく、引き分けかと思われた時、村上帝が「忍ぶれど…」と口ずさんでいるのを聞いて、審判は陛下のお気持ちを忖度し、平兼盛に軍配を上げました。 忠見はこの結果に落胆し [全文を読む]

「鳥さんが僕のお友達さ」やたらに増える独り言…メランコリックな源氏と愉快な野郎たち~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2017年01月29日17時00分

百人一首「淡路島 かよう千鳥のなく声に 幾夜寝覚めぬ須磨の関守」は、源氏の須磨での暮らしを詠んだ歌と言われています。手紙が届かなくなったし、惟光たちには弱音を吐けない、愛する紫の上も呼び寄せられない。源氏の寂しさはピークに達し、その中で初めての正月を迎えようとしていました。 簡単なあらすじや相関図はこちらのサイトが参考になります。 3分で読む源氏物語 h [全文を読む]

京都観光の王道エリア!3分で知る金閣寺・上賀茂周辺まとめ

Walkerplus / 2016年10月24日21時08分

百人一首に詠まれた“ならの小川”や、本殿や権殿が国宝に指定されている他、ほとんどの建物が重要文化財に指定されている。 京都府民の憩いの場にもなっているのが京都府立植物園。24万平方メートルの広大な敷地には、約1万2000種類にもおよぶ植物が栽培され、日本最大級の回遊式観覧温室も備えている。花見スポットとしても人気だ。 臨済宗大徳寺派の大本山、大徳寺は、応仁 [全文を読む]

フォーカス