バスキア 前澤友作に関するニュース

紗栄子、100億円豪邸建設中の前澤友作氏と「次の段階」か

NEWSポストセブン / 2016年08月03日16時00分

建物の建築費だけで100億円を超えるという大豪邸です」(前澤氏の知人) そんな新居での最大の目玉は「バスキアの絵」だという。バスキアとは、アンディ・ウォーホルやキース・ヘリングと並んでアメリカ美術を代表するアーティストのジャン=ミシェル・バスキアのこと。ストリートカルチャーに大きな影響を受けた前澤氏は、5月に開催されたオークションでバスキアの作品「Unti [全文を読む]

紗栄子の上昇志向が止まらない?千葉ロッテの買収が現実味

デイリーニュースオンライン / 2017年06月03日12時00分

冒頭の「先週までアレコレ」とは、前澤氏がニューヨークのオークションで画家バスキアの作品を過去最高額(注3)となる1億1050万ドル(約123億円)で落札したことに起因する。彼らにすれば余計なお世話だが、紗栄子も含めた二人の<成金アピール>への警鐘を鳴らす声が多かったのだ。 しかし、これだけでは終わらない……。 ■巨額マネーでプロ球団と”あの選手”を獲得か? [全文を読む]

【動画】123億円で落札されたバスキアオークションの模様が公開 これが本物の富豪同士による札束の殴り合い!

ガジェット通信 / 2017年05月19日18時30分

アメリカ人現代画家ジャン=ミシェル・バスキアの幻の作品が、ニューヨークでサザビーズのオークションに出品され、アメリカ人芸術家の作品としては史上最も高い約123億円で落札されました。落札したのは、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイの創業者である前澤友作氏。前澤氏は昨年にもバスキアの作品を約62億円で落札しています。 では、世 [全文を読む]

ジャン=ミシェル・バスキアのマスターピース 「Untitled」が1億1050万USドル (約123億円)にて落札アーティスト新世界記録 及びアメリカ人アーティストとして最高額

PR TIMES / 2017年05月19日16時15分

落札者は千葉に美術館建設予定の前澤友作氏2017年5月19日[画像1: https://prtimes.jp/i/19756/4/resize/d19756-4-219646-0.jpg ](C)Sotheby’s2017年5月18日ニューヨーク発 今晩ニューヨークのサザビーズにて開催されたコンテンポラリーアート・イブニングオークションにおいて、1982年 [全文を読む]

「未来のバスキア」と巡り合うための1000万円[小山薫堂の妄想浪費 Vol.13]

Forbes JAPAN / 2016年08月11日17時00分

先日、ZOZOTOWNの前澤友作さんがバスキアの作品を約62.4億円という、バスキア史上最高値で落札していたけれど、バスキアだってウォーホルが見つけなければアート界に存在し得なかった。”未来のバスキア”と巡り合うための代金が1,000万円なら、決して高くないと思う。 [全文を読む]

紗栄子、超ミニスカ姿披露で「具が見えそう」とファン興奮 超玉の輿婚秒読みに羨望の声止まず

おたぽる / 2016年07月08日12時00分

ネット上では『モテ本書いて』『今のうちに養子にしてくれませんか?』などといった声が寄せられているようです」(同) 前澤は、5月、自身のインスタグラムに、約62億円で落札したという、ニューヨーク出身の画家・バスキアの絵画をアップ。さらに、先月14日には「飛行機買った。とても便利」とツイートし、購入した飛行機の画像をアップ。ネット上ではますます、紗栄子を羨む声 [全文を読む]

「僕がバスキアの絵を62.4億円で買った理由」ZOZOTOWN前澤友作

Forbes JAPAN / 2016年06月24日19時00分

5月10日、NYで開催されたクリスティーズイブニングオークションセール「Post War & Contemporary Art Evening Sale」で、バスキアの作品を約62.4億円で落札したZOZOTOWN運営会社代表の前澤友作。前サザビーズジャパン社長の石坂泰章とともに、その日を振り返る。―このたびはジャン=ミシェル・バスキアの『UNTITLED [全文を読む]

取引額も情熱も「桁違い」 世界のトップ・アートコレクターたち

Forbes JAPAN / 2017年06月03日12時00分

昨年5月のサザビーズ、クリスティーズでバスキア作品60億円をはじめ2日間で約100億円強を落札した。国内コレクターの多くが目立つことを恐れる中、自分の名前を公表した。世界中が度肝を抜かし、ニュースで報じられた。──二晩にして「世界の前澤」になったのだ。 Top 200 Collectorsリストには200通りのストーリーが存在するので、話題は尽きない。 [全文を読む]

資産14位のZOZO前澤友作氏の豪快伝説 3億円イタ車大破も

NEWSポストセブン / 2017年04月18日16時00分

ある意味、不思議な会社です」(『経済界』編集局長・関慎夫氏) 前澤氏は美術品・絵画のメガコレクターとして知られ、昨年は5月にジャン=ミッシェル・バスキアの絵画をバスキア作としては史上最高額となる約62億円で落札し、11月にはピカソの「女の半身像(ドラ・マール)」を約25億円で落札して話題を集めた。これまで美術品購入に使ったお金は優に100億円を超えるといわ [全文を読む]

日本長者番付クローズアップ 今年注目の5人を紹介

Forbes JAPAN / 2017年04月06日07時30分

同年5月には、ジャンミシェル・バスキアの無題の絵画を、約5700万ドル(約62.4億円)というバスキア作品最高額で落札した。前澤の保有資産は、ファッション通販サイトZOZOTOWNの運営により1年で36%増加し、30億ドル(約3330億円)に。前澤は、ジェフ・クーンズ、ロイ・リキテンスタインを含む美術品コレクションを一般公開するため、千葉に美術館を設立する [全文を読む]

大金持ちはなぜ財団を作るのか[富豪のトリビア45 -Part8]

Forbes JAPAN / 2016年07月20日17時00分

Q 高額な美術品、誰が買ってるの?今年5月、ZOZOTOWNの前澤友作社長がバスキアの作品を約62.4億円で落札して話題になった。前澤は長者番付の常連。彼の財団「現代芸術振興財団」で評議員などを務める、サザビーズの前社長・石坂泰章は「世界と日本では、フォーブスのビリオネアランキングと美術コレクターの相関性が違う」と言う。「自宅に人を招く文化がある海外では、 [全文を読む]

「お金持ち大探求!」彼らはいま、何に“お金”を使っているのか?-『GQ JAPAN』8月号6月24日(金)発売

PR TIMES / 2016年06月22日11時31分

5月に衝撃の62.4億円でバスキアの大作を落札したスタートトゥデイ代表取締役である前澤友作は、自宅に収蔵するアートを本邦初公開! 表紙には、ナショナル・フットボール・リーグ(=NFL)のスーパースター、グロンクことロブ・グロンコウスキーが登場。全米でもっとも愛されているスポーツ・セレブのひとりである、彼のマイアミでのハッピーストーリーもお見逃しなく![画像 [全文を読む]

フォーカス