小説家 羽田圭介に関するニュース

“芸能界に潜入したルポライター” 芥川賞作家・羽田圭介が大暴れ! 暴露本に期待大?

日刊サイゾー / 2017年05月26日19時00分

彼が今年発表した『成功者K』(河出書房新社)は、著者本人がモデルだと思われる小説家が成功を手にし、ファンに手を出しまくる様子が生々しく描かれているのだ。もちろん、テレビ出演時のギャランティを暴露するのは当たり前。とにかく、その筆の鋭さは尋常じゃないのだ。■テレ東のギャラを嘆き、「テレ朝が最もいい」と暴露 羽田は5月25日放送の『じっくり聞いタロウ』(テレビ [全文を読む]

【「プッチン(R)国民投票」約1ヶ月速報】総投票数683,519票!“プッチン”する派41.1%vs.しない派58.9% 益々盛り上がりを見せるプッチン(R)国民投票 各界の著名人もどっち派?を続々と表明!

PR TIMES / 2016年11月28日11時18分

一方、“プッチン”しない派では「プッチンプリンを食べるまでの過程は一つでも省かなければならない」として小説家の羽田圭介さん、また、プロゴルファーとして「プリンがカップにぴったり収まっているのが快感!」と古閑美保さんが述べるなど、皆様それぞれの視点から“プッチン”する派なのか“プッチン”しない派なのかを表明して、益々盛り上がりをみせています。[画像1: ht [全文を読む]

山本一郎×中川淳一郎×漆原直行のネットニュース鼎談を『真夜中のニャーゴ』にて配信

デイリーニュースオンライン / 2016年02月16日12時10分

曜日パーソナリティのアンテナがキャッチした新しい情報を発信中【曜日パーソナリティ】(月) 小出祐介(Base Ball Bear)ミュージシャン(火) 山本一郎 投資家・ブロガー(水) 加藤千恵 歌人・小説家 羽田圭介 小説家(木) 椿姫彩菜 タレント(金) 金田淳子 社会学者 BL 研究家 [全文を読む]

2015年のニューカマー、羽田圭介はすなわち蛭子能収であるという説 フジ『SMAP×SMAP』(12月7日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2015年12月12日13時00分

だがその中でも誰一人、おそらく本人でさえ、予想しなかったほどの活躍を見せているのが、小説家の羽田圭介だろう。ピースの又吉直樹とともに芥川賞を受賞し、その時点では当然のようにメディアの話題は又吉一色。だが、その独特の存在感を、テレビは放ってはおかない。あれよあれよと出演回数を重ね、いまやテレビで見ない日はないほどの売れっ子となった。 その確かな証拠といえるの [全文を読む]

ペッパーくんに似てる? 芥川賞作家・羽田圭介の素顔

anan NEWS / 2015年11月13日20時00分

最近、講演会の出待ちまでしてくれる方がいて、どうやらテレビを見てファンになってくれたみたいなんですが、その人、僕の本一冊も読んだことないらしいですしね」 ◇はだ・けいすけ 小説家。’85年生まれ。高校時代に『黒冷水』で文藝賞を受賞。今年『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋)で芥川賞を受賞した。 ◇芥川賞の発表を待ちながら、銀座のカラオケ店で先輩作家らと [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない! ピース・又吉さん人気から書籍の読まれ方を考える

週プレNEWS / 2017年03月29日10時00分

まさに小説家劇場です。 媒体はデジタルに変わったけど、商品は「脳みそから生み出される作品」という“データ”ではなく、自意識のあり方も含めた「脳みそそのもの」に。そういう意味で、バス旅番組のレギュラーになった羽田圭介さんの今後の展開も楽しみです。 ●小島慶子(Kojima Keiko) タレント、エッセイスト。中高時代は往復で4時間近い通学時間をしのぐため、 [全文を読む]

その時、利根川は“プッチン”するのか、“プッチン”しないのか……『中間管理録トネガワ』と『プッチンプリン』の悪魔的コラボマンガが誕生!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月05日11時10分

一方、“プッチン”しない派には小説家の羽田圭介さんや元プロゴルファー古閑美保さん。それぞれの視点から“プッチン”する派なのか“プッチン”しない派なのかを表明している。 まさに国民的な盛り上がりを見せる「プッチン(R)国民投票」キャンペーンに、なんと国民的人気を誇る人気中間管理職・利根川幸雄がまさかの参戦か? 12月5日(月)発売の『ヤングマガジン』誌上に『 [全文を読む]

『中間管理録トネガワ』×『プッチンプリン』その時、利根川は“プッチン”するのか、“プッチン”しないのか……悪魔的コラボマンガ誕生!

PR TIMES / 2016年12月05日10時40分

一方、“プッチン”しない派には小説家の羽田圭介さんや元プロゴルファー古閑美保さん。それぞれの視点から“プッチン”する派なのか“プッチン”しない派なのかを表明しています。まさに国民的な盛り上がりを見せる「プッチン(R)国民投票」キャンペーンに、なんと国民的人気を誇る人気中間管理職・利根川幸雄がまさかの参戦か?12月5日(月)発売の「ヤングマガジン」誌上に『ト [全文を読む]

オードリー若林が『ご本、出しときますね?』で引き出す、作家たちの素顔

日刊サイゾー / 2016年06月24日15時00分

小説家の生態とは、一体どのようなものなのだろうか? 普段なかなか接する機会が少ないため、よくわからない。それを解き明かしてくれるのが、オードリー・若林正恭が司会を務める『文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?』(BSジャパン)だ。 読書家で知られる若林は、私生活でも西加奈子や朝井リョウら小説家と交流があり、よく飲みにも行くという。話をすると、めちゃ [全文を読む]

芥川賞作家・羽田が「売れたい」本音を明かす

Smartザテレビジョン / 2015年12月29日14時48分

ここ最近メディア出演が急増していることに対して、「タレント業とかそういうものに興味は?」と設楽に尋ねられると、「さすがに緊張のほうが大きいんで、あまり興味はないんですけど…ただ小説家の経験として。(小説家の経験は)みんな似通るんですよ。本読んで、編集者と会うっていう(くらい)。なので、経験として違うことしてたほうがいいかなって」と。「じゃあ、自分のテレビ [全文を読む]

フォーカス