桜井俊 総務審議官に関するニュース

自民党の都知事候補に嵐・櫻井翔の父親...総務省とジャニーズの二重タブーで一切の批判が許されない都知事に

リテラ / 2016年06月15日18時20分

その人物とは、桜井俊総務省事務次官。ジャニーズのアイドルグループ「嵐」櫻井翔のパパだ。 桜井俊次官は、東大法学部から1977年に旧郵政省に入省後、総合通信基盤局長、情報通信国際戦略局長、総務審議官などを経て、現在は総務省トップの次官にのぼりつめたエリート。 桜井氏の名前を最初にもちだしたのは、今月初めの夕刊フジ。舛添騒動の最中、今年7月に退官が決まったこ [全文を読む]

都知事選 出馬を否定した桜井俊氏に期待する声根強い

NEWSポストセブン / 2016年06月16日07時00分

“櫻井クンのパパ”こと、桜井俊氏(62才)は1977年に東京大学法学部卒業後、旧郵政省に入省。総務審議官などを経て、昨年総務省のトップである事務次官に就任した人物。その事務次官もすでに後任が決まり、桜井氏の出馬は可能な状況ではある。同氏は出馬する意思がないとのことだが、それでも同氏に期待する声があるのは事実だ。 「自民党は、元国会議員など政治色が強い候補 [全文を読む]

櫻井翔VS岩田剛典 芸能界「華麗なる一族」の肖像(2)妹は「news every.」を担当

アサジョ / 2017年03月02日06時00分

6月21日付けで都知事を辞職した舛添要一氏の「ポスト舛添」として、櫻井の父・桜井俊氏の名前が挙がったのだ。 俊氏は、県内でも有名な進学校の群馬県立前橋高等学校を卒業。その後、東京大学法学部を卒業し、77年に郵政省(現・総務省)に入省した“キャリア官僚”。01年に総務省が発足したのちは、情報通信国際戦略局長、総合通信基盤局長などを経て、13年には総務審議官と [全文を読む]

次の都知事に櫻井翔の父浮上 本人も首を縦に振るとの見込み

NEWSポストセブン / 2016年06月14日07時00分

それまでに後釜を決める」 そうした中で永田町・霞が関で浮上しているのが、総務省の事務方トップである桜井俊・次官をポスト舛添に担ごうとする動きだ。 桜井氏は1977年に東京大学法学部卒業後、旧郵政省に入省。総合通信基盤局長、総務審議官(郵政・通信担当)などを経て昨年、事務次官に就任した。 桜井氏の次官就任は、普通なら霞が関人事を取り上げないワイドショーでも大 [全文を読む]

嵐・櫻井の父親が大出世でジャニーズの仕事が減る?

アサ芸プラス / 2015年07月19日17時59分

嵐・櫻井翔の父親で、総務省の桜井俊総務審議官が、今月末にも次の事務次官に任命されるのではと話題になっている。事務次官とは大臣を除けば各府省におけるトップの地位であり、官僚にとっては出世の階段の頂点に位置する。要するに、とっても偉い人になるわけだ。 櫻井父が事務次官となれば、息子の翔やジャニーズ事務所にとってもメリットがありそうなものだが、実際にはその逆にな [全文を読む]

櫻井翔パパが大出世で東京五輪は「SMAPが前座、嵐がメイン」に決定!?

アサ芸プラス / 2015年07月18日17時59分

それもそのはずで、櫻井の父親は東大法学部卒で、有名官僚として名の通っている桜井俊総務審議官。その櫻井パパが7月31日付で、総務省の事務次官へキャリアアップする可能性が高いと報道され話題となっている。 総務省の事務次官といえば、実質的に民間人の最高官位といっていい立場。その権力は計り知れない。総務省は放送権利を管理している省庁だけに、櫻井パパがテレビ局の大ボ [全文を読む]

フォーカス