桂林 日本に関するニュース

旅のエキスパートたちが、男をアゲる“地球の歩き方”をオススメ。男度MAXなスポットはここだ!!

週プレNEWS / 2012年08月13日13時00分

「ベトナム戦争時にゲリラが使っていたクチトンネルや、海の桂林といわれるハロン湾など見どころも多いしベトナム料理もおいしい。物価が安く日本から近いので比較的予算も少なくて済む。それに、日本人観光客もたくさんいるので、万が一のときには頼ることができます(にっこりと)」 もちろん街を闊歩する男殺しの悩殺系?民族衣装アオザイを着たベトナム女性は必見! そして、男を [全文を読む]

驚異の予言書『推背図』が暗示する中国の2013年

週プレNEWS / 2013年01月08日06時00分

「『半圭半林』という記述に符合するかのように、中国南部には桂林市があります。おそらくこれは桂林地方で中国を二分するような大紛争や反乱が近々に起きるということの暗示です」(深川氏) 桂林市は中国南部の原住民である広西チワン族の自治区にあるが、昨年12月にはここで1000人が参加する暴動が起き、警察車両が破壊されている。今年、この暴動がさらに大きくなったら、 [全文を読む]

憧れのあの場所も!5万円で行けるアジアの世界遺産7選

TABIZINE / 2016年07月13日16時00分

山水画を思わせるようなダイナミックな光景から、「海の桂林」の異名をとっています。大地の浮き沈みと風雨による浸食が造り上げた奇岩の数々はまさに大自然が生み出した彫刻です。 「ハロン湾」は「龍が舞い降りる湾」の意味で、この地に残る伝説がもとになっています。その昔、この地域の人々が外敵の侵入に悩まされていたころ、親子の龍が湾に降り立ち口から吐き出した宝玉で敵を倒 [全文を読む]

メーデー旅行ビッグデータ、見えるのは景色ではなく人間だけ―中国

Record China / 2016年05月02日17時30分

程携、同程、途牛、中青旅遨游網など旅行各社の統計を取りまとめたビッグデータによると、メーデー連休旅行で最も人気が高い国内の目的地は三亜、アモイ、西安、北京、麗江、昆明、桂林、成都だった。これらの観光地では「見えるのは景色ではなく人間だけ」といった現象が起こる可能性が高い。 ●海外旅行:熊本地震も中国人観光客の勢いを抑えきれず ビザ発給政策の緩和、フライト [全文を読む]

まもなく国慶節連休!中国人の6億人弱が旅行に、日本も人気―中国メディア

Record China / 2016年09月25日10時00分

目的地では、杭州、三亜、上海、昆明、九寨溝、北京、麗江、廈門(アモイ)、桂林などに人気が集まるという。同研究院の調査によると、今年第4四半期(10〜12月)に旅行したいと答えた人は79.2%に上り、このうち55.5%が国慶節連休期間を選んだ。供給側の旅行会社が売り出す旅行商品が改善され、キャンペーン価格もうち出されて、今年の国慶節観光市場は安定した伸びを維 [全文を読む]

清明節の3連休、中国人観光客に人気の海外旅行先はタイ・韓国・日本

Bridge International Media / 2016年04月12日08時20分

澎湃新聞が複数の旅行会社に対する取材をもとに紹介したもので、オンライン旅行大手・携程旅行によると、中国国内の人気目的地は三亜(海南省)、九寨溝(四川省)、昆明(雲南省)、麗江(同)、厦門(福建省)、桂林(広西チワン族自治区)、北京、西安(陝西省)など。他社でも南方の風光明媚な都市に人気が集まるという状況だった。 また、途牛旅遊によると、旅行に出掛ける人が [全文を読む]

清明節の3連休、中国人観光客に人気の海外旅行先はタイ・韓国・日本

Bridge International Media / 2016年04月12日08時20分

澎湃新聞が複数の旅行会社に対する取材をもとに紹介したもので、オンライン旅行大手・携程旅行によると、中国国内の人気目的地は三亜(海南省)、九寨溝(四川省)、昆明(雲南省)、麗江(同)、厦門(福建省)、桂林(広西チワン族自治区)、北京、西安(陝西省)など。他社でも南方の風光明媚な都市に人気が集まるという状況だった。 また、途牛旅遊によると、旅行に出掛ける人が [全文を読む]

【日中国交正常化40周年特別企画 中国 絶景の旅 募集のお知らせ】

PR TIMES / 2012年06月14日19時19分

【日中国交正常化40周年特別企画 中国 絶景の旅 募集のお知らせ】 名鉄観光サービス(株)では夏の8/19・20・21・22出発で『九寨溝・黄龍』『武陵源』『桂林』の大自然が造り出した絶景を体感するツアーを募集しています。 東京(成田)発と名古屋発でツアーを設定。 俗界から隔離されたような幽玄の世界、大自然が織り成す幻想の世界をたっぷりと堪能していただける [全文を読む]

海外航空券が「白菜価格」に、大型連休後の旅行事情―中国

Record China / 2017年02月06日19時10分

中国南方航空の関連部門責任者は、「春節連休明けの北京から大連、長春、ハルビン、瀋陽、ウルムチ、昆明、貴陽、長沙、桂林、南寧への路線、上海から瀋陽、長春、大連、武漢、長沙、鄭州、烏魯木斉などへの路線は、販売促進のため大幅な割引を実施中」と話す。 海外路線をみると、春節連休後の特に旧暦1月15日にあたる元宵節の時期にドバイ、デリー、日本、韓国、東南アジアなど [全文を読む]

中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

Forbes JAPAN / 2017年01月23日10時00分

2016年にオンラインの海外旅行予約数が前年から倍増した都市は、ウルムチ、海口、洛陽、桂林、合肥といった地方部だ。いずれも200万人以上の人口を持つが、国外の人々にとってはなじみが薄いエリアと言える。途牛の調査は、中国の海外旅行客の間で、買い物の重要性が薄れていることも示している。彼らは旅行先の上質なグルメにお金をかけるようになっており、ホテルもそれに対応 [全文を読む]

台湾ジモティーが推薦する“個性派スーパー”って何?

anan NEWS / 2016年02月20日22時00分

◆家樂福 桂林店(ジャアラァフー グィリンディエン) 午前中は地元の買い物客、昼はランチに訪れるサラリーマン、夜は外国人観光客…と、時間帯ごとに異なる客層で賑わうスーパー。日韓の観光客に人気の商品が集められた「台湾名産」コーナー、レジ前のおみやげ品売り場は帰国前の駆け込み購入の頼もしい味方に。 1枚のレシートの金額が3000元を超えると、パスポートの提示 [全文を読む]

中国「トイレ革命」でニーハオトイレが進化!? “美女”に見つめられながら用を足す小便器が話題

日刊サイゾー / 2015年03月29日19時00分

今年2月に話題になったのが、風光明媚な観光地として日本でも有名な桂林にできた、透明ガラス張りのシースルートイレ。用を足しながら外の景色を楽しむことができるが、外からも丸見えなのだ。 かつて中国名物だった、壁や目張りのない“ニーハオトイレ”は、もはや農村部でも絶滅寸前だが、人民は、人目にさらされながら用を足していた時代が懐かしい!? (文=佐久間賢三) [全文を読む]

二階俊博氏 3000人同行で中国を訪問発表、15年前は5200人

NEWSポストセブン / 2015年03月03日11時00分

参加者は北京の他、上海や桂林、香港、重慶、大連、成都、洛陽などコースに分かれて観光した」(自民党古参秘書) ちなみに、このとき二階氏の地元・和歌山でも、旅行代金1人14万円(ビジネスクラスは3万円アップ。ホテルの1人部屋は1万6000円アップ)で4泊5日のツアーを募集し、南紀白浜空港からチャーター便を飛ばした。 その後も、第1次安倍政権で自民党総務会長を務 [全文を読む]

フォーカス