正岡子規 坂の上の雲に関するニュース

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

日露戦争を勝利に導いた軍人・秋山好古、真之兄弟と幼馴染である正岡子規の青春が書かれています。伊予松山の名もない若者たちが、国家存亡の危機に、苦渋の決断をしていく姿には感動を覚えます。 国を良い方向にもっていこうとする決断の積み重ねが、日露戦争という大きなプロジェクトを動かす原動力になる。この物語には多くの成功と失敗が書かれていて、学ぶところが多いのです。こ [全文を読む]

2016年元旦から配信の司馬遼太郎『坂の上の雲』電子版 Kindleストア、楽天kobo、iBooks限定。第1巻を三が日のみ半額で販売!

@Press / 2015年12月28日12時30分

■『坂の上の雲』紹介 俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真之兄弟。伊予松山出身の三人を中心に、明治という時代の明暗と、近代国家誕生にかけた人々の姿を描きます。 ■著者紹介/司馬遼太郎(しば・りょうたろう) 大正12(1923)年、大阪市に生れる。大阪外国語学校蒙古語部卒業。昭和35年、『梟の城』で第42回直木賞受賞。41年、『 [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』電子版 もうすぐ配信開始 ポイントバックなど期間限定施策で、より手に入れやすく!

@Press / 2015年12月24日16時00分

俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真之兄弟。伊予松山出身の三人を中心に、明治という時代の明暗と、近代国家誕生にかけた人々の姿を描きます。 <司馬遼太郎記念館 上村洋行館長のコメント> 「司馬遼太郎が亡くなりまして20年になります。この1年、改めてデビュー作『ペルシャの幻術師』から『この国のかたち』までの作品を振り返る企画展「司 [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』遂に電子化決定 没後20年となる2016年元旦から配信開始

@Press / 2015年11月30日10時00分

俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真之兄弟。伊予松山出身の三人を中心に、明治という時代の明暗と、近代国家誕生にかけた人々の姿を描きます。 司馬遼太郎作品は、2013年に『竜馬がゆく』が、弊社から初めて電子書籍化されました。文藝春秋の配信作品合計で15万DLを超えており、司馬作品は時代を超えて読み継がれています。『坂の上の雲』は [全文を読む]

頭でっかちな読書から体験する読書へ――『坂の上の雲』に水陸両面から近づく

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月16日11時30分

ロシアのバルチック艦隊、そしてコサック騎兵隊を打ち破った秋山真之・好古兄弟と、「写生」と呼ばれる手法で俳句や短歌の世界に革新を起こした正岡子規の3人の活躍を軸に、明治時代の日本人の気風が鮮やかに描き出されている。書店員が選ぶ ハンディな新選組本10冊 筆者は20代のころ、『竜馬が行く』のような幕末維新期をテーマにした作品から歴史小説にハマったが、現代にもそ [全文を読む]

「人間の本質を書いた本には仕事の神髄が詰まっている」フェラガモ 代表取締役社長兼CEO 得能摩利子さん

プレジデントオンライン / 2017年03月16日15時15分

正岡子規、秋山好古・真之兄弟の生きざまを描く。「心から楽しむ、余暇としての読書を満喫させてくれました」 『海賊とよばれた男』 百田尚樹/講談社文庫 歴史経済小説。「一人の経営者として、大いに刺激を受けると同時に、その器量のあまりの違いに深い絶望感をも感じました」 ※掲載の書籍は、得能さんが当時読んだものとは違う版の場合があります。 ---------- 得 [全文を読む]

松山旅行のついでにひめキュン「1.10ひめぎんホールのススメ」

エンタメNEXT / 2015年12月17日07時00分

『坂の上の雲』の舞台ということで、正岡子規や秋山兄弟にちなんだ観光施設もたくさん。道後ぎやまんガラス美術館、萬翠荘なども人気スポットですが、前述したように、大抵の場所が路面電車で十数分以内に辿り着けるから、とってもラク。 個人的なオススメは石手寺。あたかも異空間に迷い込んだかのようなB級スポット的なノリのお寺で、娯楽施設として一見の価値があるかと。【その [全文を読む]

フォーカス