加藤鮎子 加藤紘一に関するニュース

三角大福中にYKK。「派閥政治」全盛の懐かしき昭和を振り返る

まぐまぐニュース! / 2016年10月11日16時00分

※ブログに『YKK秘録(講談社)』の出版パーティーの画像とその様子が書かれた加藤鮎子氏サイトのブログ「『ykk秘録』出版記念会にて祝辞をのべました」のリンクを掲載しております。ご興味をお持ちの方は合わせて参照ください。 ● 時代を読む (TBSラジオ「日本全国8時です」10月4日音源の要約です) image by: Flickr 『ジャーナリスト嶌信彦「 [全文を読む]

意味なし選挙を面白くするのは、やはり“女性”“2世”がキーワードのこの人たち!

週プレNEWS / 2014年12月03日06時00分

自民党の元大物議員・加藤紘一氏の娘、加藤鮎子氏が出馬する。対抗は元酒田市長で無所属の阿部寿一(じゅいち)氏。 大物議員の2世で、しかも地元の選挙戦。これだけ見れば楽勝に思えるが、そこに“あの騒動”が影を落としている。専門家たちの意見も割れた。 「加藤紘一の威光は地元で絶大だが、この前、大臣を辞職した小渕優子の一件が悪影響を及ぼしている。大物政治家の2世で、 [全文を読む]

宮崎謙介元議員 加藤紘一氏の葬儀でも蒸し返されたゲス不倫

NEWSポストセブン / 2016年09月19日07時00分

娘の加藤鮎子・衆院議員である。2014年の総選挙に加藤氏の後継者として出馬し初当選、現在は自民党若手のホープとして期待されている。尊敬する父の死に際し、 「父はしっかり根を張り、大地を高い所からも見渡すことができる、巨木のような政治家だった」 と報道陣を前に毅然と答え、さすがは加藤氏の愛娘との声が上がった。ただし、一部の記者からは、「元後継者はどうしたんだ [全文を読む]

注目2世女性議員はかく戦えり! 北海道7区・鈴木貴子と山形3区・加藤鮎子の泣き笑い

週プレNEWS / 2014年12月17日06時00分

こちらは自民党の加藤紘一氏の娘、加藤鮎子氏が自民党から出馬した。 こちらも比例区での当確は早かった。夜10時半、選挙事務所に詰めかけた約100人の支持者たちは歓喜に沸いたが、間髪入れずに選対責任者がマイクで「小選挙区で勝たないと勝ちではありません!!」と熱くアナウンス。 前回の総選挙では、父親(加藤紘一氏)が山形県連をまとめきれないうちに出馬を強行。そのや [全文を読む]

金子恵美議員 宮崎氏との離婚を相談、相手はなんと夫の前妻!

WEB女性自身 / 2016年04月12日00時00分

「金子議員は、同じ自民党所属で同年代の加藤鮎子衆院議員(36)、大沼瑞穂参院議員(37)とよく女子会を開いているんです。党の女性局の会合の後なんかに、月に1回は3人で会っているようですね」(国会議員の1人) 加藤鮎子議員といえば、自民党のかつての重鎮、加藤紘一元官房長官(76)の二世議員。だが宮崎氏とは06年に結婚して09年に離婚した 元夫婦 でもある。 [全文を読む]

国会で婚活の宮崎謙介氏 議員、事務員問わず声掛けていた

NEWSポストセブン / 2016年02月18日07時00分

2006年に加藤紘一元官房長官の娘・加藤鮎子衆院議員(36才)と結婚したが、わずか3年後に離婚。宮崎元議員の女性関係が原因だったと報じられている。 ※女性セブン2016年3月3日号 [全文を読む]

経験人数は余裕の3ケタ! ゲス不倫で議員辞職の宮崎謙介氏に、さらなる醜聞浮上か!?

日刊サイゾー / 2016年02月16日09時00分

2006年に加藤紘一元自民党幹事長の長女の加藤鮎子衆院議員と結婚したが、わずか3年で離婚。原因は宮崎氏の度重なる浮気だといわれている。 「ちょっとでも美人がいると、自ら近付いて話し掛ける。なまじイケメンなので、女性も隙を見せてしまうのでしょう。一緒に写真を撮る際は必ず女性の肩に手をかけ、連絡先交換を執拗に迫るようだ」(同) 一説には学生時代から「ヤリチン」 [全文を読む]

“ゲス不倫“で議員辞職の宮崎謙介は「セックス依存症」!? 自爆で「育休取得」の後退に貢献?

ヘルスプレス / 2016年02月12日18時16分

ちなみに、このスキャンダルを報じた『週刊文春』によると、元内閣官房長官・元自民党幹事長の加藤紘一氏の娘で前妻である加藤鮎子・衆議院議員との離婚(2006〜2009年)の原因も、彼の浮気癖だったとか。 育休を提言中、しかも妻が出産妊娠中という、女遊びなどもってのほかの立場にありながらの行動。しかも常習的となれば、これは一種のセックス依存症とも考えられるのだ [全文を読む]

【永田町炎上】前代未聞の共産党”開会式”出席と”育休議員”出現の裏にあるもの

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日12時00分

宮崎は、加藤紘一元自民党元幹事長の娘・加藤鮎子衆議院議員の元夫にして、「美しすぎる議員」こと元ミス日本関東代表の金子恵美(めぐみ)議員と再婚した。 現在、国会議員の「育休」の規定がないため、宮崎は勝手に衆議院議長に衆院規則の改正案を出そうとして自民党国対から「以後、必ず国対を通すように」と叱責を受け始末だ。アぺノミクスの第二段の「希望出産率1.8」に悪ノリ [全文を読む]

自民党2大マドンナ プレイボーイ議員の元嫁・今カノが同席

NEWSポストセブン / 2015年02月12日07時00分

40人を超える自民党の女性議員の中で“2大マドンナ”と評判なのが、当選2回の金子恵美・代議士(36)と新人の加藤鮎子・代議士(35)だ。 元ミス日本関東代表の金子氏は「新潟県きものの女王」から市議、県議を経て国政に出た叩き上げ。一方の加藤氏は元自民党幹事長・加藤紘一氏を父に持つ3世議員と肌合いは違うが、独身男性議員によると、「いずれも着物が似合う知性派美人 [全文を読む]

フォーカス