小澤征爾 公演に関するニュース

~音楽ファンの方に向けて贈る 夏の音楽祭鑑賞の旅~夏の音楽祭、アメリカの高級避暑地で本格的な音楽に浸る旅 野外オペラや、モーツァルト生誕260周年商品など『夏・音楽祭2016』 発売開始。

PR TIMES / 2016年03月08日15時57分

かつてボストン交響楽団の音楽監督を務めた小澤征爾氏の名を冠した「セイジ・オザワホール」や、ヴァイオリニストの五嶋みどり氏が14歳の時に、ヴァイオリンの弦が2度も切れるというアクシデントに見舞われながらからも動じることなく、楽器を借りて最後まで演奏を続け、会場中が感動と興奮に包まれる様子は「タングルウッドの奇跡」と呼ばれ「世界のMIDORI」として羽ばたくき [全文を読む]

ANAセールス、「開院90周年の故宮博物院とNHK交響楽団北京公演鑑賞北京3日間」ツアーの発売開始

JCN Newswire / 2015年09月04日15時33分

●過去に小澤征爾氏や久石譲氏などもコンサートを行った北京の中心に位置する「国家大劇院音楽庁」にて開催!日本を代表する世界的オーケストラ『NHK交響楽団北京公演』の鑑賞にご案内します。●2日目は「天安門」+「故宮博物院」+「胡同(フートン)」散策と秋の北京観光をお楽しみください。特に、今年90周年を迎える「故宮博物院」では貴重な文化財の公開が予定されています [全文を読む]

京都から芸術文化を発信する「京都ロームシアター」、小澤征爾が竣工式で記念演奏会

FASHION HEADLINE / 2015年09月14日22時00分

16年1月10日にリニューアルオープンを迎えるロームシアター京都(京都市左京区)の竣工式が9月13日に行われ、記念演奏会として小澤征爾氏が自らの音楽塾のメンバーを率いて、新しいメインホールに力強い演奏を響かせた。 50余年にわたり市民に親しまれた京都会館をリニューアルし、地元企業である株式会社ロームが50年間の命名権を得て再スタートを切る、京都ロームシアタ [全文を読む]

一夜限りの特別コンサート“「オーケストラがやって来た」が帰って来た!”12月11日(水)いよいよ開催 小澤征爾さん登場!

@Press / 2013年11月28日12時30分

山本直純さんの盟友であり、番組にもたびたび出演し多彩な企画をともに実現してきた小澤征爾さんも登場し、山本直純さんの遺したすばらしい音楽を楽しむ特別な一夜です。【コンサート概要】<日時>2013年12月11日(水)19時開演<公演内容>“「オーケストラがやって来た」が帰って来た!”<出演者(敬称略)>井上道義(指揮)、小澤征爾(友情出演)、宮田大(チェロ)成 [全文を読む]

子どもミュージカルに宮本笑里がゲスト出演!

PR TIMES / 2016年06月17日16時39分

その後は、小澤征爾音楽塾、NHK交響楽団などに参加し、07年「smile」でアルバムデビュー。現在まで6枚のオリジナルアルバムを発売。様々なテレビ番組、CMにも出演するなど幅広く活動中。2015年9月にニューアルバム「birth」をリリース。オフィシャルサイト http://emirimiyamoto.com/ [全文を読む]

男性“だけ”のバレエダンサー集団『PDA』、大阪公演は大盛況 いよいよ5月28日~初の東京公演を開催 PDA会長の樫野隆幸と、ゲスト出演の二山治雄に、現在の心境をインタビュー

@Press / 2014年05月20日09時30分

二山は、9月6日(土)にはサイトウ・キネン・フェスティバル松本のファイナルにて、小澤征爾の指揮のもとオーケストラの演奏で踊りを披露します。その後すぐ、1年間のサンフランシスコへの留学も決定しています。二山が東京で踊ることはめったになく、「ローザンヌ国際バレエコンクール」以来初めてで、留学して日本にもいなくなるため、今回は、東京で二山のダンスを見ることができ [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

(同シリーズは、2015年4月までに13回開催)1973年小澤征爾指揮のベルリン・フィル定期演奏会に出演の他、ヨーロッパの各フェスティヴァルに出演。1974年文化庁在外研修員として西ベルリン、パリに留学。L.ラスキーヌ氏に師事。また、サウンド・スペース・アークのメンバーとして1978年以降国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ等の主要音楽祭にも参加し、1983 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

(同シリーズは、2015年4月までに13回開催)1973年小澤征爾指揮のベルリン・フィル定期演奏会に出演の他、ヨーロッパの各フェスティヴァルに出演。1974年文化庁在外研修員として西ベルリン、パリに留学。L.ラスキーヌ氏に師事。また、サウンド・スペース・アークのメンバーとして1978年以降国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ等の主要音楽祭にも参加し、1983 [全文を読む]

7月13日渋谷にて作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展開催。大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や映画「ゼロの焦点」「鬼畜」や芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む。

DreamNews / 2016年06月28日14時30分

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIIIに参加。長野国際音楽祭マスタークラス、紋別音楽セミナー、優秀者受講料免除でチューリッヒ芸術大学マスタークラス受講。現在オーケストラやアンサンブルなどクラシックのコンサートに多数出演のほか、多彩に活躍の場を広げつつある。加藤美菜子東京音楽大学卒業、同大学院修了。2013年、2014年と勉強のため夏は渡仏、Christ [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

(同シリーズは、2015年4月までに13回開催)1973年小澤征爾指揮のベルリン・フィル定期演奏会に出演の他、ヨーロッパの各フェスティヴァルに出演。1974年文化庁在外研修員として西ベルリン、パリに留学。L.ラスキーヌ氏に師事。また、サウンド・スペース・アークのメンバーとして1978年以降国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ等の主要音楽祭にも参加し、1983 [全文を読む]

早朝の“インテリア音楽”はクラシック!TOKYO FMのクラシック番組『SYMPHONIA』 欧州の貴重な音源など放送中

PR TIMES / 2012年04月25日12時48分

指揮者のアンドリス・ネルソンスは、1978年ラトビア出身で、2010年には小澤征爾氏の代役として、ウィーンフィル日本公演の指揮を務めた。2008年からバーミンガム市交響楽団の音楽監督でもある。 [全文を読む]

室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて

DreamNews / 2017年05月23日18時00分

在学中より二期会オペラの合唱指揮者、副指揮者として活動を始め、小澤征爾、若杉弘等のアシスタントを多く務める。日本合唱協会第104回定期演奏会でプロデビュー。バロック音楽にも造詣が深く、マタイ研究会管弦楽団・同合唱団を指揮した「バッハ・マタイ受難曲」のCDが1992年に発売され好評を博した。新国立劇場(オペラハウス)の開場に伴い、バイロイト音楽祭に派遣されN [全文を読む]

篠山紀信が日本唯一の劇場専属舞踊団を10年間撮り続けた奇跡の写真集『JO KANAMORI / NOISM by KISHIN』刊行

PR TIMES / 2016年01月12日09時33分

海外での豊富な経験を活かし次々に打ち出す作品と革新的な創造性に満ちたカンパニー活動は高い評価を得ており、近年ではサイトウ・キネン・フェスティバル松本での小澤征爾指揮によるオペラの演出振付を行う等、幅広く活動している。2014年6 月より新潟市文化創造アドバイザーに就任。平成19 年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞ほか受賞歴多数。 [全文を読む]

JTBライブデスク、音楽界のトップに君臨するオーケストラの両雄ベルリン・フィル、ウィーン・フィルのコンサートを2公演鑑賞するツアーを発売

PR TIMES / 2015年12月30日10時02分

本商品には、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルの世界2大オーケストラの鑑賞が含まれており、ベルリン・フィル演奏会は小澤征爾氏、ウィーン・フィル演奏会はドゥダメル氏の指揮でお楽しみいただきます。さらにウィーンでは、ヨナス・カウフマン出演の「トスカ」やチューリヒ・トーンハレ管弦楽団演奏会なども、希望者は鑑賞可能です(別料金)。 また、音楽家ゆかりの地、多数の [全文を読む]

横浜みなとみらいホール グレート・アーティスト・シリーズVol.3 山本直純

PR TIMES / 2015年10月20日10時15分

盟友 小澤征爾に対し「音楽のピラミッドがあるとしたら、オレはその底辺を広げる仕事をするからお前はヨーロッパへ行って頂点を目指せ」と語り、その生き方を生涯貫きました。映画「男はつらいよ」、児童合唱「一年生になったら」など馴染み深い音楽を多数作曲。また森永エールチョコレートのCMにも出演し「大きいことはいいことだ」の名コピーを残し、お茶の間にも広く知られる存在 [全文を読む]

世界的指揮者 佐渡裕氏が音楽への想いを語る『棒を振る人生 指揮者は時間を彫刻する』

@Press / 2014年10月16日11時30分

ベートーヴェンの「第九」、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」、「ウエスト・サイド・ストーリー」と「キャンディード」、ラヴェルの「ボレロ」など数々の名曲、バーンスタイン、カラヤン、小澤征爾、朝比奈隆など名指揮者たちとのエピソードが満載! オーケストラが聴きたくなる!コンサートホールに足を運びたくなる!そんな音楽の魅力にあふれた一冊。 【目次】 第1章 楽譜とい [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】2014年度 ホテルオークラ東京 ロビーコンサート25出演者スケジュール決定!

PR TIMES / 2014年03月27日18時14分

小澤征爾氏の元で指揮も学ぶ若きヴィルトゥオーゾ。曲目:1.メサジェ/演奏会用ソロ2.ベールマン/ワーグナーのアダージョ<クラリネット五重奏曲第3番 変ニ長調Op.23第2楽章>3.ガーシュイン/3つのプレリュードより4.ロッシーニ/序奏、主題と変奏曲 変ロ長調入場料:無料<2014年度ロビーコンサート25 開催にあたり>大友直人氏の監修のもと、クラシックを [全文を読む]

フォーカス