オーディション 三池崇史に関するニュース

Jホラー『オーディション』、英誌の最恐映画ランク1位 日本より海外で評価が高い?その魅力とは

NewSphere / 2014年07月16日18時41分

1位に三池崇史監督の『AUDITION オーディション』(2000年)、2位に中田秀夫監督の『リング』(1998年)と邦画が上位を独占した。 3位に『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』、4位『ロスト・ハイウェイ』、5位『セブン』と続き、10位に塚本晋也監督の『ヒルコ妖怪ハンター』が選ばれている。他方、ランクインした映画監督を作品本数から見てみると、唯一ウェス [全文を読む]

少女向け特撮にハマる大人たち 「ミラちゅー」のミラクルな魅力

J-CASTニュース / 2017年07月09日11時00分

主役の3人組アイドル「ミラクルミラクル」のメンバーは全員、少女向け雑誌「ちゃお」「ぷっちぐみ」(いずれも小学館)の誌上で募集したオーディションで選ばれた10代前半の女の子。そのほか、タイの国民的スターのジェームス・ジラユさんが「魔王」役をつとめるなど、個性的なキャストが脇を固めている。また、アイドル達が披露する大人顔負けのダンスパフォーマンスも見どころの一 [全文を読む]

歌って踊ってバトルする! 三池崇史総監督・女の子向け特撮シリーズ『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』

ガジェット通信 / 2017年01月18日17時00分

そして今作の主演は、小学館の『ちゃお』、『ぷっちぐみ』で募集をかけオーディションで選ばれたシンデレラガール、内田亜紗香さん、足立涼夏さん、小田柚葉さんの3人。 3人と力を合わせて活躍するかわいい妖精「リズムズ」も登場。 少し強面の三池監督の印象を3人に聞くと「オーデイションの時、目つきが怖かった」と全員意見が一致。それに対し「一生懸命やってたんだよ!」と [全文を読む]

TAKAHIRO、武井咲と結婚「素直で綺麗な心と人柄に引かれ」 ファンへコメント

ORICON NEWS / 2017年09月01日19時21分

TAKAHIROは2006年、EXILEの新ボーカルオーディションで優勝しグループに加入。13年からはソロ歌手としても活動している。14年、日本テレビ系ドラマ『戦力外捜査官』で俳優デビューを果たし、映画・舞台など幅広く活躍。現在は出演映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』が公開されている。 武井は2006年、第11回『全日 [全文を読む]

TAKAHIROと武井咲、結婚&妊娠3ヶ月を発表 来年第1子誕生へ「ますます精進して参ります」

ORICON NEWS / 2017年09月01日19時00分

TAKAHIROは2006年、EXILEの新ボーカルオーディションで優勝しグループに加入。13年からはソロ歌手としても活動している。14年、日本テレビ系ドラマ『戦力外捜査官』で俳優デビューを果たし、映画・舞台など幅広く活躍。現在は出演映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』が公開されている。 武井は2006年、第11回『全日 [全文を読む]

実写『ジョジョ』空の色を全部変える案があった

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月04日07時23分

また三池監督の『オーディション』(2000)が好きという観客からは、「実写化する上で『ジョジョ』の原作のどの部分を大事にしたか?」という問い掛けも。三池監督は「成長していくという部分ですね。(主人公の)仗助と出会うことで周りの人間も変わっていって。彼自身も少し大人になっていくという青春ドラマという部分も大事にしています」と回答。さらに観客からは続編を期待 [全文を読む]

サプライズ連発!? 木村拓哉「ファンへの神対応」

日刊大衆 / 2017年06月06日15時05分

イベント中、1人の女子生徒から「夢は演劇」と聞いた木村は、即興オーディションを提案。その女子生徒をステージに上げ、自分と満島とで“壁”役を買って出て、女子生徒を相手に、福士に“壁ドン”をさせるという演出をした。この木村の計らいに、女子生徒も会場も大いに盛り上がった。 また、木村たちは同映画のキャンペーンで、全国10都市を回ったが、定員オーバーで劇場に入れ [全文を読む]

“アイドル×戦士”特撮ヒロインドラマがスタート!

Smartザテレビジョン / 2017年01月17日23時21分

主役の3人は小学館発行の「ちゃお」「ぷっちぐみ」で募集しオーディションで選ばれたシンデレラガールだ。 撮影している中で一番楽しいことを聞かれると、「演技です。カノンの気持ちになりきって演じるのがすごく楽しいです。監督からもアドバイスをもらってます」(一ノ瀬カノン役・内田亜紗香)、「ダンスです。得意な分野なので、一番自分を見せられるかなと思います」(神咲マイ [全文を読む]

三池監督&中島かずきのSF歌舞伎! ヤバそうだけど、やっぱり気になる実写映画版『テラフォーマーズ』

おたぽる / 2016年04月29日13時00分

オーディション』『殺し屋1』といったバイオレンス作品で世界に名を轟かせた後も、尋常ならざるハイペースで作品を撮り続けている三池監督。アクション、ホラー、時代劇などジャンルを問わずに活躍しているが、膨大な数に及ぶ三池作品はあるひとつの人生哲学で貫かれていることに気づかされる。それは三池ワールドは勧善懲悪の二元論の世界ではなく、強いものが生き残る弱肉強食な [全文を読む]

成功=行動! キャスティングディレクターが考える“出会い”の重要性

anan NEWS / 2016年03月20日12時00分

「たくさんのオーディションを受けるのもそうですし、好きな監督がいれば、その監督の目に留まるようなアピールをすることも大切。要は、見える形でやる気を伝えることが大事なんです」 ◇すぎの・つよし シネバザール・キャスティング分室所属。映画『乱』より黒澤明監督に師事し、助監督として活動。その後、キャスティングに転向。『硫黄島からの手紙』『ノルウェイの森』など数々 [全文を読む]

『コウノドリ』好調の綾野剛と小栗旬を結ぶ絆とは? 綾野、小栗を見出した伝説のプロデューサーが語る

リテラ / 2015年11月06日12時00分

この映画のオーディションに参加した綾野は、本作のプロデューサーだった山本氏の目にとまり、わざわざ原作にはない役を用意され出演することに。さらに、同じく山本氏に見出され、トライストーン・エンタテイメントに所属していた小栗旬から「綾野くんさぁ、俺と心中してくんね?」「剛みたいなヤツが欲しいんだ。ほんとうに本物の役者しかいない事務所にしたい」と直々に口説かれ、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鬼才ジョージ・ミラー監督「私にとっての“神”は宮崎駿」。次回『マッドマックス』にはマンウィズ出演も!?

TechinsightJapan / 2015年06月05日18時20分

今回から起用したトム・ハーディについて「オーディションでトムが入ってきた姿が、30年前にメルがドアから入ってきた感覚と似ていた」という。謎めいた動物的なカリスマ性を持つトムに惹かれたようだ。一方でシャーリーズ・セロンについては「他にこの役ができる女優はいないと思った」と言うほど彼女に惚れ込んだことを明かした。数週間前にロサンゼルスで行われたプレミアで、ミラ [全文を読む]

『マッドマックス』監督、宮崎駿を「神」とリスペクト

Movie Walker / 2015年06月05日15時23分

ミラー監督は「トムがオーディションに来たとき、30年前にメル・ギブソンがドアから入ってきたときと全く同じ雰囲気を感じた。二人とも好感を持てる人であると同時に、ミステリアスで危険性をはらんでいるような、動物的なカリスマ性を持っている」と彼らの共通点について言及。 ロサンゼルスでのプレミアはミラー監督、メル、トムも一緒に最新作を見る機会となったそうで、「メルか [全文を読む]

好きなことを仕事にしたら収入は諦めるべきなのか? ― 園子温が語った映画監督のギャラが興味深い

tocana / 2014年10月28日15時30分

役者のオーディションはもちろん、撮影場所、衣装、撮影などの決定や全てのスタッフの意見をまとめも行いますね」(制作会社関係者) そんな映画監督のギャラとはどのようなものなのか。『冷たい熱帯魚』や『ヒミズ』などで知られる園子温が『加藤浩次の本気対談!コージ魂!!』(日本テレビ)で明かした。園いわく、「(映画監督は)儲からないと思います。普通の監督は、ギャラの交 [全文を読む]

外国人はホラーやグロがお好き? フランス人が選んだ「絶対に見るべき日本映画8作品」

tocana / 2014年05月24日16時30分

2. オーディション(1999年/監督:三池崇史) 彼の映画の中でも、圧倒的に高い評価を得ている作品です。暴力的な表現、印象的なキャラクター、拷問シーンなどを含んだこの映画は、ホラー映画の中でも大成功した映画だと言えるでしょう。3. バトル・ロワイアル(2000年/監督:深作欣二) 2000年に公開され、日本社会に大きな影響を与えた作品です。タランティーノ [全文を読む]

【2013年のスターは生徒役美少女から生まれる】話題の作品を総ナメする実力派女優・松岡茉優

週プレNEWS / 2013年01月02日00時30分

今まで役のほとんどをオーディションで獲得してきた。 「昔は、絶対に役を獲りたいという意識が強かったんです。だからカワイイ服を選んだり、ハキハキ話したりと自分をつくっていた。でも最近は、自然体で臨むことが大事だとわかってきました」 事務所に入ったのは小学2年のとき。だからなんだろう。17歳とは思えないほどしっかりした価値観を持つ。 「芸能界にいても自分をきち [全文を読む]

フォーカス