歌手 香西かおりに関するニュース

天才テリー伊藤対談「香西かおり」(1)ジャズアルバムの制作は遊び感覚で

アサ芸プラス / 2017年07月20日05時57分

11歳の頃から民謡教室に通い、17歳で民謡歌手デビュー。高校卒業後は太陽神戸銀行に就職するが民謡歌手としての活動が多忙になってきたため、86年から歌手に専念。その後、演歌歌手としてのレッスンを受け、88年にシングル「雨酒場」でデビュー。第30回日本レコード大賞などで新人賞を獲得。91年、3枚目のシングル「流恋草(はぐれそう)」が80万枚を超える大ヒット。同 [全文を読む]

「ヒット曲がなくても」NHK『紅白』“バーニング枠”で出場権をゲットする人たち

日刊サイゾー / 2012年11月28日13時00分

大みそかの『第63回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が26日、東京・渋谷の同局で発表され、50組の出場歌手のうち、12組が初出場を果たした。 「昨年とかなり歌手が入れ替わった印象だが、西田敏行、千昌夫、松任谷由実ら震災復興を前面に押し出した昨年の企画にマッチした歌手たちが外れた。初出場組でも美輪明宏は、昨年まで豪華衣装が紅白名物だったが今年落選した小林幸子の“ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「香西かおり」(3)演歌の若手たちは今大変なんですよ

アサ芸プラス / 2017年07月21日05時57分

テリー 民謡歌手としてはどのぐらい活動したんですか?香西 まるまる4年ですね。そのあと、2年間のトレーニングを積んで、88年にあらためて演歌歌手としてデビューしました。テリー そして91年に出した3枚目のシングル「流恋草」が大ヒット。あっという間に売れっ子になっちゃった。香西 そうですね。ありがたいことに、この歌で「香西かおりという歌手がいるよ」っていうこ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「香西かおり」(2)一時は銀行と歌手二足のわらじを!?

アサ芸プラス / 2017年07月20日12時57分

じゃあ、そのおばあちゃんに連れて行かれなかったら、「歌手・香西かおり」は生まれなかった?香西 かもしれないですね。あんまり人前で何かをやったりすることに積極的なタイプでもなかったので。テリー しかし、いきなり引っ張られていったような出会いで、よく続きましたね。もともと、民謡はお好きだったんですか?香西 いいえ。やっぱり当時好きだったのは、麻丘めぐみさんとか [全文を読む]

香西かおりの日枝神社ヒット祈願イベントで小競り合い……参拝客から「端っこでやれ!」の声

日刊サイゾー / 2017年04月22日19時00分

演歌歌手・香西かおりが、デビュー30周年を記念した新曲「わすれ花」(ユニバーサルミュージック)のヒット祈願を4月18日の午後、東京・千代田区の日枝神社で行ったが、多数のマスコミや見物客が境内の中央に集まったため、参拝客から不評だったようだ。 香西が艶やかな着物姿で新曲のCDを持って撮影中、カメラマンたちが「こちらに目線ください」と声をかけていたが、ここに通 [全文を読む]

意外と知らない!?聞いてびっくりしてしまうような芸能人の前職!【後編】

日本タレント名鑑 / 2015年12月09日09時56分

歌手になるために辞めた会社ですが、その後アルバイトから遊園地に就職。同僚の平畠さんに誘われ、芸人への道とシフトしました。いまではお笑いも歌も演技も出来る才能豊かなマルチタレントです。 え?あの人がこんな“お硬い”仕事を?バラエティや2時間ドラマに欠かせない山村紅葉さんも意外な経歴の持ち主です。女優デビューは学生時代、大学卒業後に大阪国税局に就職。いわゆる「 [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。今年の出場歌手は紅組23組、白組23組の合計46組。しらべぇ編集部では、昨年出場し今年落選した歌手を調査した。■紅白に昨年出場し、今年出場しない歌手・今井美樹・NMB48・大原櫻子・伍代夏子・Superfly・藤あや子・μ’s・レベッカ・和田アキ子・EXILE・ゲスの極み乙女 [全文を読む]

[8月28日 本日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年08月28日06時00分

Others デビッド・フィンチャー(映画監督、1962) 香西かおり(歌手、1963) 田尻智(ゲームクリエイター、1965) 後藤邑子(声優、1975) 石垣佑磨(俳優、1982) 中村光宏(アナウンサー、1984) 佐々木優佳里(AKB48:アイドル、1995) 福原遥(女優、1998) 佐々木琴子(乃木坂46:アイドル、1998) [全文を読む]

SMAPがいた楽屋、継いだのは? TVが報じない紅白舞台裏

WEB女性自身 / 2017年01月05日00時00分

そして今回特に目を引いたのが、大物歌手に華を添えるという異色のコラボだ。本田望結(12)は、天童よしみ(62)と共演。グラビアアイドルの橋本マナミ(32)は、香西かおり(52)のバックダンサーとして登場した。本誌記者も、Tシャツ姿で額に汗して練習する橋本を楽屋口で目撃。 「連日、NHKのスタジオを借りて1人で 居残り特訓 をやっていました。3カ月前から極 [全文を読む]

和田アキ子の「紅白落選」を呼んだ芸能界の”アッコ包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日12時00分

彼らにその意図は無かったとしても、結果的には<アッコ包囲網>を敷くことになった」(前同) ヒット曲も無いのに紅白に出場している歌手など、他にもいる。和田アキ子だけがここまで叩かれたのは、得意げに他人を断罪する不遜な態度が、反発を呼んでいたからだろう。つまりは自業自得。 今年の紅白のチーフ・プロデューサーは、『のど自慢』も担当する矢島良氏。いつもの言動を<笑 [全文を読む]

トラック運転手に絶大な人気! 長寿の秘密は安心感

アサ芸プラス / 2013年03月28日09時54分

文化放送のアナウンサーが多数担当してきたが、80年からは演歌歌手も起用し始めた。 「その第1号が川中美幸(55)。当時まったくの無名で、本人いわく、これでダメだったら田舎に帰るという状況でした。パーソナリティを始めた時に出した曲が『ふたり酒』。で、番組で各地のドライブインを回って“真夜中のキャンペーン”をやりましたら、一気に火がついて大ヒット。田舎に帰らず [全文を読む]

倖田來未も落選? バーニング周防氏の暗躍で演歌色が強まりそうな『紅白歌合戦』

日刊サイゾー / 2012年10月30日08時00分

もっとも、ここ数年はエイベックス所属歌手の低迷で、同社枠の確保には苦労しているという。「エイベックス所属では、知名度、人気共に低迷しているAAAの出場はほぼないと見られています。同社は代わりにSKE48とTRFを猛プッシュしていて、SKE48の出場はほぼ決定。あと安泰なのは浜崎あゆみとEXILEだけで、仮にTRFの出場が決まった場合は、倖田來未が落選する可 [全文を読む]

フォーカス