上杉景勝 北条氏政に関するニュース

『真田丸』第5話をマニアック解説。景勝公の無口は本心隠す処世術?

まぐまぐニュース! / 2016年02月07日13時00分

今回は、人前で口をほとんど口をきかなかったという上杉景勝にスポットをあて、その家系から景勝を演じる遠藤憲一さんのセリフ回しまで、その見どころをマニアックに解説します。口をきかないのに「セリフ回し」ってどういうこと!? 今週のワンポイント(2月7日) 今週の注目人物は、遠藤憲一さん演じる上杉景勝。景勝は、上杉謙信の姉と長尾政景との間に生まれた子で、謙信の甥に [全文を読む]

真田丸『第24話』裏解説。北条氏降伏の決定打、石垣山「一夜城」伝説

まぐまぐニュース! / 2016年06月19日13時00分

上杉景勝のようなお家騒動も、徳川家康のような他家に隷属する事もなく、生まれてから豊臣家に降伏するまで「戦国大名」であり、そして「戦国大名」のまま死んでいく。誰にも隷属しなかった関東の覇者の意地がそこには見える。 — 地雷魚『越天の空』イカロス出版より発売中 (@Jiraygyo) 2016年6月19日 あと20年早く生まれてたら…同い年の伊達政宗&真田信繁 [全文を読む]

真田丸『第23話』解説。北条軍が無謀な「籠城戦術」を選んだ理由

まぐまぐニュース! / 2016年06月12日13時00分

「ああなっていたかもしれない自分」を重ねるし、「華々しく散っていればよかった」と思う者もいる(おそらく作中の上杉景勝はそう思っている)。ここまで頑迷に抵抗し続ける北条氏政に、どこか皆快哉を覚えているのだ。故に皆惜しむのだ #真田丸 — 地雷魚『越天の空』イカロス出版より発売中 (@Jiraygyo) 2016年6月12日 三成が「おれが考える忍城攻略法!ド [全文を読む]

さらば北条氏政! ようこそ伊達政宗、そして開催される“ずんだ餅”パーリィ!? 『真田丸』第24話「滅亡」徹底レビュー!!

おたぽる / 2016年06月21日20時00分

さらに徳川家康(内野聖陽)、上杉景勝(遠藤憲一)、そして昌幸(草刈正雄)らも氏政に秀吉に許しを請い生き延びることを勧めるが、氏政容易は従わない。一方、遅参した伊達政宗は、名物のずんだ餅を振舞うパフォーマンスで秀吉の機嫌をとろうとするのだった、といったストーリーが展開された。ちなみに視聴率は17.6%。 SNS上などを見ても盛り上がっていたのが、やはり最期の [全文を読む]

真田丸『第12話』解説。なぜ上杉家は「義」を重んじるようになったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日13時00分

今回のワンポイント解説(3月27日) 今回のワンポイント解説は、上杉景勝の立場。戦国時代の越後では、しばしば反抗的な態度をとる国衆たちに、謙信も景勝も手を焼いている。なぜ、こんな事になったかというと… ご存知のように、謙信の最初のもともとの名前長尾景虎。彼の家は、越後の守護代をつとめていた。ところが、謙信の父である長尾為景は、主君である守護の上杉房能を倒 [全文を読む]

真田丸『第10話』解説。「領土分割」は紳士協定ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年03月13日13時00分

でも一人も犠牲者を出さずに策を成し遂げたのは素晴らしい! 上杉景勝の存在がまた際立ったなあ。直江兼続とともに『天地人』のときとはまた違った描き方でおもしろい〜。#真田丸 — Miki Takino (@MKTKN) 2016年3月13日 [全文を読む]

真田丸『第18話』解説。秀吉は関白の座を譲ってもなお、影のボスだった?

まぐまぐニュース! / 2016年05月08日13時20分

だから、上杉景勝のように、上洛して秀吉から官位・官職を与えられれば、秀吉政権に従属したも同然となる。 秀吉は、この関白というポストを秀次に譲ることによって、関白は羽柴家が世襲することを宣言した。ただし、関白は譲っても、各地の大名を実力で切り従えている武家の棟梁、という権力は残る。 かつて、北条氏政や織田信長が家督を氏直や信忠に譲って、グループ全体の総帥にお [全文を読む]

真田丸『第14話』解説。北条家はいつから秀吉の「敵」になったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日13時00分

#真田丸 — 佐藤大介 (@dadaemonsan) 2016年4月10日 酔って人んちの廊下で寝こけはじめた加藤清正の面倒をなんだかんだで見てるっぽい三成を見て思いましたよね、ああこいつ絶対セコム直江と気が合うなと #真田丸 — いが(たろに) (@iga_iganao) 2016年4月10日 ぎゃああああああ…ス ト ラ イ ク … ! #真田丸 # [全文を読む]

真っ黒な草刈・昌幸の陰謀が今週も冴え渡る! 今週も長澤・きりがうざい!! 嬉しい茶漬けシーンもあった『真田丸』第8話レビュー

おたぽる / 2016年03月01日18時00分

第8話の物語はというと、北条と上杉景勝(遠藤憲一)の対決が迫る信濃・川中島。昌幸・正雄は上杉に従うふりをしつつ、北条へ寝返り。主人公・真田信繁(堺雅人)は昌幸の命を受け、海津城の城代・春日信達を上杉から北条へ寝返らせようと、調略に奮闘する。だが、昌幸・正雄には信繁・堺に伝えていない、さらなる奥の狙いがあった……というストーリー。 ざっと全体の感想などを見 [全文を読む]

堺雅人主演 '16年大河「真田丸」 に大泉洋ら!

Smartザテレビジョン / 2015年07月10日12時47分

また、段田安則は武田滅亡後の真田家の新たな主となる滝川一益役、遠藤憲一は越後の戦国大名・上杉景勝役、吉田羊は信幸の正室・小松姫役、藤岡弘、は小松姫の父で徳川家の重臣・本多忠勝役、高嶋政伸は真田と関東の覇権を争う北条氏政役、斉藤由貴は徳川家康の側室・阿茶局役、近藤正臣は家康の名参謀・本多正信役、そして内野聖陽は信繁の宿敵・徳川家康役に決定した。 さらに、会 [全文を読む]

フォーカス