山口一郎 インタビューに関するニュース

スペースシャワーTVのフリーマガジン「別冊スぺシャvol.13」発行!

PR TIMES / 2016年04月04日12時47分

13号目となる今回は、BUMP OF CHICKENや山口一郎(サカナクション)をはじめとする豪華アーティストのインタビュー、Welcome![Alexandros]LIVE 2016のライブレポート&オフショット、Suchmosや水曜日のカンパネラ等、注目アーティストの企画など多彩なコンテンツをお届けします。 冊子は4月18日(月)より全国のタワーレコ [全文を読む]

サカナクションをフィーチャーした音楽ドキュメンタリー番組の放送が決定

okmusic UP's / 2014年12月24日17時00分

2014年12月26日に放送されるフジテレビの音楽ドキュメンタリー番組「ライナーノーツ」でサカナクションを特集され、フロントマンである山口一郎が出演する事が決定した。【その他の画像】サカナクションどうして音楽を作りはじめたのか? どうやって今の音楽が誕生したのか? あの歌詞に秘められた想いは? 山口一郎を突き動かすものとは? これから、どんな想いで音楽を作 [全文を読む]

サカナクション、蜘蛛男との日常が展開される超シュールなMVが完成

okmusic UP's / 2014年11月13日13時00分

【その他の画像】サカナクション本作には山口一郎(Vo&Gt)とともに、“蜘蛛男”が全編にわたって登場するという非常にシュールな映像作品となっている。蜘蛛男と山口がドライブをしたり、スーパーで買い物をしたりといった日常が描かれ、最後は夜中の商店街で満面の笑みでダンス。常軌を逸した妄想の世界を映像化した内容だ。 監督は「ドキュメント」「僕と花」「ユリイカ」など [全文を読む]

サカナクションの山口一郎がダフト・パンクを語る!

okmusic UP's / 2014年02月24日19時00分

第56回グラミー賞で主要2冠含む最多5部門を受賞したダフト・パンクについて、サカナクションの山口一郎(Vo)が語ったインタビューが公開された。 【その他の画像】Daft Punkダフト・パンクのデビュー当時、テクノ発のロック感あふれる様々なアーティストが出現する中で彼らの「ネオ・ファンク感」が一番自分にフィットすると感じ、初期の頃からダフト・パンクをチェッ [全文を読む]

発売中のNumero TOKYOでは、俳優活動を再開した安藤政信が登場。ほか、和央ようかのマウイ島ウェディングに密着、すみれビューティ、JUJUの私物公開などもりだくさん!

DreamNews / 2015年10月16日17時30分

>JUJUのプライベート大公開 JUJUの膨大なシューズクローゼットや私服スタイルを大公開します! >サカナクション 山口一郎が挑む Music×Technology×Fashionの未来 >松坂桃李インタビュー 送料無料! 購入はこちらから AMAZON: http://amzn.to/1ZFe1BX 楽天ブックス:http://books.rakut [全文を読む]

サカナクションの山口一郎が「RED BULL MUSIC ACADEMY」キャンペーンを担当

okmusic UP's / 2014年10月01日15時00分

サカナクションの山口一郎が、レッドブル・ミュージック・アカデミーのキャンペーンに起用されることがわかった。 【その他の画像】サカナクション1998年にスタートし、New YorkやLondonなど世界各国で開催されてきた、若く才能溢れるアーティストたちを支援する世界的な音楽学校「レッドブル・ミュージック・アカデミー(以下RBMA)」が2014年10月12日 [全文を読む]

サカナクション、スペシャルサイトで山口一郎インタビュー&スペシャル動画公開

okmusic UP's / 2014年07月25日10時00分

また同時に山口一郎のスペシャルインタビューも公開。現在楽曲制作中という部分もあり、本作について語った数少ないインタビューとなる。今回の作品に込めた思い、戦略、さらには今後のバンドの展望について語っている貴重な内容である。リリースに向けてスペシャルサイト上には更なるコンテンツも追加予定とのこと。サカナクションの現在を知る意味でも、スペシャルサイトを是非チェッ [全文を読む]

サカナクションの山口一郎が『VOGUE JAPAN』に登場!【VOGUE JAPAN 6月号】

PR TIMES / 2012年04月24日11時59分

メンバー全員でのぞんだ初のモード撮影& ボーカル 山口一郎さんのロングインタビューを 『VOGUE JAPAN』2012年6月号(4月27日発売)でお届けします! 「ユーストリームは僕らのメディアとして すごくチャンスがあるなと思っている」 強烈な個性が融合した北海道出身の5人組、サカナクション。 そのボーカルであり、カルチャーアイコンとしても 注目を集 [全文を読む]

サカナクション、「多分、風。」ティザームービーと山口一郎のロングインタビューを公開

okmusic UP's / 2016年10月19日19時30分

」リリース記念スペシャルサイトには、山口一郎(Vo&G)のロングインタビューが掲載された。各楽曲の制作過程のほか、ジャケットアートディレクションを井上嗣也に、リミックスを藤原ヒロシに依頼した経緯など、制作の裏側まで徹底解説した、セルフライナーノーツとも言えるインタビューとなっている。本作を紐解く意味でも必読のコンテンツとなるので、欠かさずチェックしよう。 [全文を読む]

サカナクションが新アーティストビジュアルを公開! 特設サイト上には山口インタビューも!

okmusic UP's / 2014年11月02日16時00分

また、同時に先日公開されたシングルリリース記念スペシャルサイトにライターの小野島大による山口一郎の2万字に及ぶロングインタビューの第1弾が掲載。制作過程にもかなり踏み込んだ骨太の内容となっている。今後もスペシャルインタビューが順次公開されるとのことなので、チェックしよう。 ■「さよならはエモーション/蓮の花」リリース記念スペシャルサイト http://w [全文を読む]

甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、山口一郎(サカナクション)ほか全12組のアーティストが14歳の頃を赤裸々に語る!好評シリーズ『14歳』第3弾は9月19日(金)発売!!

@Press / 2014年08月18日10時00分

第3弾となる今回は、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)をはじめ、 山口一郎(サカナクション)、田中和将(GRAPEVINE)、大森靖子、宮藤官九郎ほか新鋭からベテランまで全 12 組のアーティストが登場します!いじめ、貧困、親の死、家庭不和、不登校、恋愛、友達の裏切り。過去をこじあけるようにして語ってくれた12人のリアルなストーリーに息を飲み、実際に困難な [全文を読む]

サカナクション、新作Blu-ray&DVD発売に先駆けスペシャル動画&インタビュー公開

Entame Plex / 2014年07月24日23時19分

7月30日にLIVE Blu-ray&DVD「SAKANATRIBE 2014 -LIVE at TOKYO DOME CITY HALL-」を発売するサカナクションが、本作のリリースを記念し、特設サイト上にスペシャル動画と山口一郎のインタビューを公開した。 今回のLIVE Blu-ray&DVDは、“Featuring TEAM SAKANACTION [全文を読む]

サカナクション、2万人動員の幕張メッセライブDVD&BD 充実の特典内容が明らかに

リッスンジャパン / 2012年02月13日17時00分

Vo.山口一郎自らがインタビュアーとなって、総合芸術としてのサカナクションのライブがどのようなスタッフとコンセプトのもとに作り上げられるのかをスタッフのインタビューから紐解いていく。さらに京都KBSホールでのツアーファイナルでは会場のステンドグラスが効果的に使用された「目が明く藍色」のリハーサル映像も盛り込まれ、非常に内容の濃い特典映像となっている。【リリ [全文を読む]

「別冊スペシャ」にバンプ20周年インタビューが掲載

Smartザテレビジョン / 2016年04月04日16時39分

ほか、山口一郎(サカナクション)、Suchmosら豪華アーティストのインタビュー、スペシャで放送中の番組「Welcome![Alexandros]」の公開イベント「Welcome![Alexandros] LIVE 2016」のライブリポートやオフショットが掲載されている。 さらに、水曜日のカンパネラのミュージックビデオに迫る鼎談(ていだん)など、注目ア [全文を読む]

KDDI田中社長が「HAKUTO」の月面レース支援を即決した理由

Forbes JAPAN / 2017年02月21日17時00分

「実は、これ、本当に偶然なんですが」打ち明けるようにそう切り出したのは、サカナクションの山口一郎である。本誌表紙(2017年2月号)の撮影でのことだ。撮影の合間に山口は休憩用の椅子を勧められたが、丁重に断り、つま先立ちをした。背伸びをして大勢のスタッフの頭越しに見ていたのは、KDDI社長の田中孝司である。田中は部屋の隅の椅子に座り、インタビューに答えている [全文を読む]

スペースシャワーTVにてBOOM BOOM SATELLITESの軌跡を辿る特別番組「BOOM BOOM SATELLITES SPECIAL」を6月23日(木)23:00より独占オンエア決定!

PR TIMES / 2016年06月21日19時38分

▼番組情報 「BOOM BOOM SATELLITES SPECIAL」 初回放送:6/23(木)23:00~24:00 リピート放送:7/2(土)25:30~ 出演:中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、鹿野淳、 KEN ISHII、coldrain、Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION) 、ダイスケはん [全文を読む]

芸能人の最新前髪事情 切りすぎ木村文乃、切らぬサカナ山口

NEWSポストセブン / 2015年11月11日07時00分

『情熱大陸』にも登場したサカナクションの山口一郎も「ああ、前髪が目に入る」と見るたびに気が気じゃない。 そして、今一番「前髪気になる」といえば、田辺誠一だ。最近は、独特のイラストも大人気で「画伯」とも呼ばれる田辺。先日、『白熱ライブ ビビット』でその活動に密着していた。「おはようございます~」とラフなスタイルで登場した画伯は、メガネが半分隠れるくらいの長い [全文を読む]

死ぬか発狂?本物のキ×ガイスト!「電気グルーヴ」ドキュメンタリー映画予告編が解禁

AOLニュース / 2015年08月05日07時00分

電気グルーヴとは果たして何者なのか?」という英語でのナレーションからスタートし、懐かしい過去のライブ映像から、砂原良徳、DJ TASAKA、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、スチャダラパー、山口一郎(サカナクション)、山崎洋一郎(rockin'on JAPAN総編集長)といった錚々たるメンバーによるインタビューが収録されている。 これまで世に出ることのなかった [全文を読む]

サカナクションが紅白内定 先鋭的な音楽性で“お茶の間”進出を果たしたワケは?

リアルサウンド / 2013年11月21日16時53分

作詞・作曲を担当している山口一郎さんは、2008年のメジャーデビュー時点のインタビューで『日本の音楽はエンターテイメント性の高い音楽とアンダーグラウンドな音楽の間で二極化している。僕らはその中間を射抜きたい。いつか主流になると信じて新しいシーンを作っていきたい』と語っています。つまり彼らは、なにか偶然の追い風が吹いたとかがあったわけではなく、明確なビジョン [全文を読む]

SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 大賞発表!

PR TIMES / 2012年03月21日09時24分

』」のMVディレクター田中裕介氏とサカナクションの山口一郎氏による映像クリエイティブに焦点を当てたトークショーを行います。【MVA受賞作品】◇BEST VIDEO OF THE YEAR -年間最優秀作品-曲名:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』アーティスト:サカナクションディレクター:田中裕介◇BEST ARTIST -年間最優秀アーティスト-東京事 [全文を読む]

フォーカス