森鴎外 息子に関するニュース

石川遼の父 息子に森鴎外の小説『杯』をプレゼントした意味

NEWSポストセブン / 2015年05月13日16時00分

森鴎外の小説『杯』だ。 その小説は、12歳前後の7人の日本人少女と14歳ほどの外国の少女が登場する短編作品。泉で7人の少女が美しい銀の杯で水を飲んでいたところに、外国人の少女が現われる。その少女も水を飲もうと杯をとり出すが、それは日本人少女たちと比べて粗雑で小さなものだった。 それを哀れんだ日本人少女たちは、杯を貸そうとするが、外国人少女は「私の杯は大きく [全文を読む]

いつの時代も童貞は……発禁処分となった“性欲的生活”――森鴎外『ヰタ・セクスアリス』| 連載第5回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月18日11時30分

「愛おしき変態本」第5回は、1909年(明治42年)に発表された、森鴎外の『ヰタ・セクスアリス』(新潮文庫)をお送りする。作家と軍医という二足のわらじを履き続けた鴎外のプロフィールはこちら。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●もり・おうがい 1862年(文久2年)石見国津和野(現在の島根県鹿足郡津和野町)出身。本名は森林太郎。津和野藩主亀井家の典医を [全文を読む]

「私は、世界に日本人として生きたい」(藤田嗣治)【漱石と明治人のことば89】

サライ.jp / 2017年03月30日06時00分

藤田の父は、のちに森鴎外のあとの陸軍軍医総監となる人物。中学を卒えたらすぐにでも渡仏したいと思いこんでいる息子を見て、父は上司の森鴎外にアドバイスを求めた。鴎外はこう言った。 「日本画壇には種々の事情もあるから、まずは日本の美術学校を出ておいた方がいい」 アドバイスに従い藤田は東京美術学校に進むが、そこでの窮屈な指導にどうも馴染めなかったという。文展(文 [全文を読む]

小説家・飯嶋和一が大塩平八郎の乱で描く現代日本の映し鏡「今の日本を見てもこのままではいいわけがない、ということだらけ」

週プレNEWS / 2015年06月30日07時30分

大塩平八郎はこれまでにも小説に書かれていて、森鴎外なんかも書いているんだけど、どうもよく書かれてはいない。批判的に書かれているんです。その点については「そうじゃないだろう」という思いがありました。 ―しかし「乱」にされてしまったことで、常太郎は隠岐に流されてしまう。 飯嶋 隠岐では大塩平八郎が人々にどのように受け止められていたのかを常太郎の視線を通して描 [全文を読む]

「光宙」らキラキラネームを通じ漢字と日本語とは何かに迫る書

NEWSポストセブン / 2015年06月08日07時00分

だが、当て字や奇妙な漢字の読み方は平安の「明子(あきらけいこ)」や、明治生まれの森鴎外の息子「於菟(おと)」など古くからあった。 ただ鴎外が、漢文の深い教養を踏まえて命名したのに対し、最近の親は知識より音や感覚を大切にしているので、内実は異なっているという。キラキラネーム現象を通して、漢字と日本語とは何かに迫っていて新たな発見も多い。 ※女性セブン2015 [全文を読む]

ブラック企業の起源は「忠臣蔵」だった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月22日07時20分

この「かのように」というのは森鴎外の『かのように』という小説からきたもので、「いまもあるかのように」ふるまうこと。主君との間の「情」があるかのように行動する。つまり、「義理」の関係だということだ。一度会社に入ったからには、どんな待遇だろうと恩がある「かのように」ふるまうという姿勢は、たしかに今のサラリーマンにも通じる気がする。 また、この時代の武士たちは、 [全文を読む]

フォーカス