羽柴秀吉 柴田勝家に関するニュース

三谷幸喜が描く 笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント「清須会議」ユーネクストにて配信開始

@Press / 2014年05月13日15時00分

織田信長の後継者の座をめぐり、柴田勝家と羽柴秀吉がし烈な駆け引きを繰り広げ、“会議の席上で歴史が動いた”と言われる“清須会議”を題材に、これまでにあまり描かれてこなかった歴史の中の一幕が、日本映画界を代表する役所広司、大泉洋ら総勢26名の豪華キャストによって、描かれています。史実と比較して見るもよし、細部までこだわった衣裳やメイク、美術にも注目するもよし、 [全文を読む]

人生二度目の落城でお市が自害を選んだ理由

NHKテキストビュー / 2017年01月25日08時00分

* * *1583(天正11)年、柴田勝家は羽柴秀吉に居城・北庄城を落とされます。このときお市は、3人の娘を逃がしたあと、勝家とともに自害しました。一度目は生き延び、二度目は死を選んだ。その理由はいくつか考えられます。1つめはこれ以上政治の道具にされるのが嫌だったという説。もしかするとお市は、浅井家滅亡時にも死のうとしたのかもしれない。しかし3人の娘はまだ [全文を読む]

最終回目前の「信長協奏曲」が渋谷スクランブル交差点をジャック!

Smartザテレビジョン / 2014年12月19日18時24分

そんな「信長協奏曲」のスペシャルCMは主演の小栗(サブロー・織田信長・明智光秀)をはじめ、共演の柴咲コウ(帰蝶)、向井理(池田恒興)、藤ヶ谷太輔(前田利家)、阪田マサノブ(丹羽長秀)、阿部進之介(佐々成政)、北村匠海(森長可)、濱田岳(徳川家康)、高嶋政宏(柴田勝家)、山田孝之(羽柴秀吉)という総勢10人の豪華なキャストが出演した、このためだけに特別に撮 [全文を読む]

マピオン「ケータイ国盗り合戦」が映画『清須会議』とコラボ 清洲城をはじめとした愛知県5つのお城をめぐる モバイルスタンプラリーを10/1より提供

PR TIMES / 2013年09月13日13時24分

柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人が参加し、信長の嫡孫の三法師を推した羽柴秀吉がこの会議をきっかけに大きな発言権を得るようになったといわれています。その当時の天守は残っていませんが、清洲城の現在の天守は復元され歴史資料館となっており清洲の歴史を知ることができます。実際に現地に足を運ぶことで歴史を体感し、映画『清須会議』をもっと楽しみましょう。◆映 [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」、5周年を記念した「戦国 IXA 千万の覇者」ダブルコラボ第二弾開始!

PR TIMES / 2017年05月17日11時56分

≪配信概要≫【配信タイトル】『戦国IXA 千万の覇者5周年記念朗読劇 本能寺の変 ~暁の夢~』(全5話)【商品URL】https://honto.jp/cp/ebook/campaign/sengokuixa-honnouji[画像2: https://prtimes.jp/i/11577/237/resize/d11577-237-482513-1.jp [全文を読む]

映画『信長協奏曲』 秀吉を演じる山田孝之の「暗黒」が見所

NEWSポストセブン / 2016年01月27日07時00分

ということは、本物が偽物を抹殺する流れですね、と納得しかかったそこの人! それだけじゃありません! 日本史最大のミステリーともいわれる光秀の反逆とともに、ドラマで氷点下の冷たさを漂わせていたあの羽柴秀吉(山田孝之)の不穏な動きに注目せねば。信長に肉親を殺された過去を持ち、憎しみを募らせる秀吉は、気が付くといつも日影にいて、顏の半分は真っ暗という見た目も暗黒 [全文を読む]

切腹で死にきれず、はらわたを引きずり出すのは本当か!? “歴女医”が伊達政宗や黒田官兵衛ら戦国武将を診察!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月08日11時00分

ぞっとしてむやみに体をねじりたくなるが、果たしてあんなにむちゃくちゃなことを本当にできるのか? 織田信長に筆頭家老として仕えた柴田勝家と、信長三男の織田信孝は、賤ケ岳の戦いで羽柴秀吉に破れて切腹している。それぞれ内臓を引きずり出すという壮絶な死を遂げる。馬渕先生によると、内臓をつかめるほど大きく腹を切れば、痛みや出血などでショックを起こすらしい。もし腸を引 [全文を読む]

アリスインアリス 圧巻“武将降臨”パフォーマンス初披露

dwango.jp news / 2015年05月13日20時56分

発売された『武将降臨OVER AGAIN』は、曲中に「織田信長」「羽柴秀吉」「明智光秀」「柴田勝家」等の戦国武将を少女が現代世界に降臨する7分57秒の超大作の楽曲。また、本日、5月13日(水)19:00からのアキバ☆ソフマップ公演にて、メンバーが刀を持ったパフォーマンスを行う『武将降臨OVER AGAIN』が初披露となった。チャート発表を受けて、「アリスイ [全文を読む]

根回し、懐柔、策略・・・ 三谷幸喜監督『清須会議』は「組織で働くサラリーマン必見」

AOLニュース / 2013年11月07日11時36分

参加メンバーは信長の重臣だった柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、池田恒興で、日本史の中で初めて会議で歴史が動いたという実話。この史実を幼少時に知って感激した三谷監督が、構想40年をかけて映画化。自身初本格時代劇エンターテインメント映画として世に送り出す。 この"清須会議"の"会議"、まるで現代と変わらない策略を登場人物たちが行う。後継問題で対立する勝家と秀吉は [全文を読む]

三谷幸喜新作はコメディ封印!? 歴史が動いた無血の戦の面白さとは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月07日11時30分

織田信長亡きあと、織田家の後継ぎを戦でなく会議で決めたとされる「清須会議」を題材に、柴田勝家(役所広司)、羽柴秀吉(大泉洋)ら武将たち、信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉の妻・寧(中谷美紀)ら女たちの頭脳戦をユーモラスに描く。 関連情報を含む記事はこちら 原作は自身の書き下ろし小説。だが小説と映画は、アプローチの方法がまったく違う。小説では、会議にかかわる1 [全文を読む]

【フジテレビ】天海祐希主演ドラマ『女信長』記者発表 プロジェクション・マッピングによるライブをYouTube Live、ニコ生配信 3月26日(火)14時30分より

PR TIMES / 2013年03月25日12時40分

女性として生まれながら、訳あって家督を継ぐ嫡男(ちゃくなん)として育てられる主人公・信長には、天海祐希、また明智光秀には内野聖陽、正室・御濃には小雪、羽柴秀吉には伊勢谷友介、御市には長澤まさみ、浅井長政には玉山鉄二、柴田勝家には中村獅童、徳川家康には藤木直人、服部半蔵には佐藤浩市、織田信秀には西田敏行といった豪華キャストでお送りします。 フジテレビは、明 [全文を読む]

三谷幸喜が描く 織田信長後継者をめぐる心理戦『清須会議』

NEWSポストセブン / 2012年08月02日16時00分

情と実績で味方を増やす柴田勝家と、策略を用いる羽柴秀吉が繰り広げる心理戦が、ユーモアを交えて描かれていく。 有名な武将が外来語を話すなど物語はとてもわかりやすく、歴史小説が苦手でも楽しめる。会議場での濃密なドラマは『12人の優しい日本人』を、独自の歴史解釈は『新選組!』を思わせるだけに、著者の集大成ともいえる贅沢な作品になっている。 ※女性セブン2012年 [全文を読む]

フォーカス