生前葬 小椋佳に関するニュース

【BS12ch TwellV】『大槻ケンヂの日本のほほん化計画』2015年1月のゲストミュージシャンは音楽界の生きるレジェンド・小椋佳が登場!!

PR TIMES / 2015年01月07日18時59分

◇小椋佳 2014年9月に『生前葬コンサート』をやって葬式の済んだ人間ですからね、今や余生です。だから番組タイトル通りに“のほほん”とやらせてもらいましたよ。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

作詩・作曲家、小椋佳氏登場!「生前葬コンサート」開催の理由を語る

PR TIMES / 2015年03月31日10時50分

【お試し購読は】➡http://i-life.net/lp01/ [画像: http://prtimes.jp/i/9232/13/resize/d9232-13-349467-0.jpg ] インタビューでは、多くの新聞や雑誌とは少し違った方向の「生前葬コンサート」開催の理由を語ってくださいました。 特集ページでは、老人ホーム入居検討者が悩む「新規オー [全文を読む]

小椋佳 “生前葬”コンサートを開催「来年は一周忌コンサートかな」

WEB女性自身 / 2014年09月09日16時00分

9月9日、シンガー・ソングライターの小椋佳(70)が、自身の企画で行う『生前葬コンサート』のリハーサルを埼玉・戸田文化会館にて開催。「定年がないこの職業の“けり”をつけようと思った」と、同コンサートを開催することになった経緯を語った。 死後に葬儀や戒名を必要としない考えの小椋。「でも、僕以外の家族は常識的な考えなので、死んだら何もしないわけにはいかない。迷 [全文を読む]

小椋佳「真似ただけの言葉で表現した詞に創造性はない」

NEWSポストセブン / 2017年03月14日11時00分

2014年には、NHKホールで生前葬を行い、話題になった。創造性のある言葉とメロディーを作ってきた彼だから語れる素晴らしい歌とは――。 * * * 歌は、作った人と聴く人の受け止め方が全く違うことがあります。受け止め方は、それぞれなんだけれども、みんなが詞を新鮮だと感じてくれたんだと思います。 歌詞には創造性が必要です。人間は、言葉を親から真似て覚えます。 [全文を読む]

白装束で「余生」を過ごす小椋佳 「死に向き合う」生き方

NEWSポストセブン / 2015年12月16日07時00分

昨年1月に満70歳の古希を迎えた小椋佳(71)は、人生に区切りをつける意味で9月に『生前葬コンサート』を開いた。文字通り、自らの葬式を自らステージで行なったのだ。同時に、ラストアルバムを制作し、遺言としてエッセイも出版、本や衣服、創作ノートなどもほとんどを処分して、自宅では死に装束の白い作務衣に雪駄で暮らしてきた。 「いつ死んでもいいと覚悟を決めて準備をし [全文を読む]

大槻ケンヂ誕生の契機となった伝説のミュージシャン登場!

Smartザテレビジョン / 2015年01月09日13時15分

「めまい」や「思い込み」などの名曲を生み出し、昨年の9月に4日間にわたり「生前葬コンサート」を行った小椋。そんな小椋の散歩スポットという明治神宮や小椋の出身大学である東京大学、行きつけの喫茶店を訪れる。また小椋と共に名曲を生み出してきた星氏も交え、3人でセッションを行う。 憧れの人とセッションを終えた大槻は、「番組としてお会いしたことで、逆に緊張し過ぎずに [全文を読む]

<打合せは昼12時に第一勧銀本店近くの喫茶店>第一勧銀浜松支店長と歌手活動を両立させた小椋佳の時間管理術

メディアゴン / 2015年01月04日01時30分

小椋佳さんの『生前葬コンサート』がNHKテレビで放送された。現在70歳。澄み切った伸びやかな歌声は健在だった。小椋佳さんは東京都出身、東京大学卒業後、第一勧業銀行に入社。証券部次長や営業店長を勤めた。支店長時代に浜松市のゴルフ場のコースレコードを出したことがあるそうだ。その同級生は、小椋佳さんの印象について次のように語っていた。 「物静かな人で紳士。とても [全文を読む]

フォーカス