肝硬変 林葉直子に関するニュース

林葉直子の『遺言』! 不倫、ヘアヌード…波乱万丈の46年を駆け抜けて今思うこと

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月13日11時30分

その林葉直子が現在、重度の肝硬変を患い、博多の病院で療養しているという。ネット上では「林葉直子、劣化!」というスレがだいぶ前から立っていて、その容姿の変貌ぶりがしばし話題となっていた。つい先日、本人が報道番組に出演し、その理由を明らかにした。彼女の体は長年の飲酒と、本人曰く自己破産以降のコンビニ食三昧の生活によって蝕まれていた。今は、なんとか薬物治療で保 [全文を読む]

林葉直子 肝硬変闘病を励ます中井広江・女流六段のお見舞い

WEB女性自身 / 2014年08月12日10時00分

治療不可能だという重度の肝硬変を患った元女流棋士の林葉直子(46)だ。彼女は2月下旬に発売された著書『遺言―最後の食卓』(中央公論新社刊)で、病の痛みに耐えながら残された時間と向き合う壮絶な姿を、赤裸々に綴っている。現在は、投薬治療をおこないながら自宅療養中の林葉が、闘病の真相を激白した。 先輩・N棋士との不倫を告白し、女流棋士を辞めてからヌード写真集を出 [全文を読む]

林葉直子 母に生活保護勧められ「それだけは嫌」と書籍執筆

NEWSポストセブン / 2014年02月28日16時00分

『婦人公論』(3月7日号)で末期の肝硬変であることを告白し、同時に半生を振り返る著書『遺言』(中央公論新社)を出版した彼女が、死と向き合う日々を電話で女性セブンに語ってくれた。 12才でプロ棋士となった林葉は“将棋界の聖子ちゃん”として脚光を浴びる一方、私生活は奔放で、1994年に失踪騒動を起こし、翌年にヘアヌード写真集を出版。1998年には先輩棋士である [全文を読む]

容姿激変の林葉直子が末期の肝硬変を告白…将棋界の二大巨頭に狂わされた人生

メンズサイゾー / 2014年02月22日11時00分

元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が、末期の肝硬変を患っていると発売中の女性誌「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューで告白した。最近は容姿の急激な変化が心配され、一部では「整形が崩れてきたのでは」などともウワサされた林葉だが、その原因は病気によるところが大きかったようだ。 林葉は21日に情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演。その姿 [全文を読む]

酒は毒薬か? 肝硬変の寿命は52歳!?

アサ芸プラス / 2014年03月03日09時59分

先日も元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が重度のアルコール性肝硬変で死を覚悟していることを明かし話題になった。百薬の長も過ぎたるは……か。 一昨年、ドイツ・グライフスヴァルト大学医学部疫学・社会医学研究所所長のウルリッヒ・ジョン(Ulrich John)氏らの研究でアルコール依存者は喫煙者よりも寿命が短く、寿命も平均より20年ほど短いとの発表があった。 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(4)ルビー・モレノ、天地真理…「失踪美女」の気になる「今」!

アサ芸プラス / 2016年10月13日05時57分

理由は今風に言えば“傷心旅行”〉(09年4月30日号) その後、豊胸告白、自己破産などで世間の耳目を集め、14年には重度の肝硬変であることを明かした。当時、記者の電話取材に、〈親戚のサポートを受けて療養に専念しています〉 と語っていた林葉だが、今回は携帯電話に何度かけてもつながらなかった。 一方、「宗教問題」で表舞台から姿を消したのは桜田淳子(58)だ。「 [全文を読む]

テリー伊藤対談「桐谷広人」(3)最近学んだ“65歳からの恋愛術”

アサ芸プラス / 2014年12月12日09時57分

テリー (末期の肝硬変で闘病中の)林葉さんの体調はいかがでしたか? 桐谷 すごく悪いです。彼女はいろいろ悩み事があったりして、酒とタバコがひどくて、5年ぐらい前にも「どっちかやめなくちゃ」と言ったら「いや、やめられません」と言って、病状がますます悪くなって。 テリー 彼女は独身ですよね。一緒になったらどう? 桐谷 いやいや。 テリー 胸は大きいよ。 桐谷 [全文を読む]

川本真琴の驚劣化、藤原紀香の痛い自撮り! アラフォー女子vs加齢

messy / 2014年07月07日18時00分

そのシワシワっぷりは、先日肝硬変を患っていることを告白した林葉直子(46)や野沢直子(51)を彷彿とさせる。 同番組には、森高千里(45)やLINDBERGのボーカル・渡瀬マキ(45)といった川本よりも少し年上のシンガーたちも出演したのだが、彼女たちは年齢に合った美しさを保っているように見えた。対して川本は、首から上はシワシワであるのに、服装はカジュアルな [全文を読む]

フォーカス