タイ 東南アジアに関するニュース

【フロスト&サリバン】東南アジアのEC市場が2020年に向けて成長拡大の見通し-ベトナム、インドネシアなどの新興市場の成長が加速へ-

DreamNews / 2016年09月05日12時00分

本分析ではB2CのEC市場を対象とし、東南アジアの6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)が含まれます。「東南アジアのEC市場は新興段階にありますが、デジタル化に伴い、急速に進化しています。東南アジアにおける中所得者層の拡大に伴う購買力の増加や、安価なスマートフォンの登場、デジタルに敏感な若い世代の台頭によるスマートフォ [全文を読む]

バンコク郊外のホームオフィス開発「不動産投資型ファンド」ーSRCSが販売中

Global News Asia / 2017年06月11日06時00分

2017年6月11日、ミャンマーと国境で接するタイ・カンチャナブリ県などでの不動産投資を扱う「SRCS International社」(以下SRCS)が、タイでの土地売買や住宅開発で運用する「アセアンプロパティファンド」を販売中。募集期間は8月31日までで、500万円単位。規模は25億円。 タイは中国や東南アジア各国を繋ぐ陸路輸送用スーパーハイウェイのすべ [全文を読む]

東南アジアで中国のドラマが大ヒット、中国に対する理解も深まる―中国メディア

Record China / 2017年03月18日16時20分

2010年に中国で放送された大型歴史ドラマ「三国志 Three Kingdoms」が今年に入り、タイのテレビチャンネル3で毎日午後6時20分から放送され、その生き生きとしたストーリーとハイレベルな撮影技術で、多くのタイの視聴者を魅了している。また、ミャンマーで大ヒットしたドラマ「包青天」が、リニューアルされ、ミャンマー語に吹き替えられて3月19日から毎晩放 [全文を読む]

【5月限定特別価格】ミャンマー語レッスン5,000円引きキャンペーン実施中!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年05月16日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は、近年ビジネスニーズが急激に増えている、タイ・ミャンマー・インドネシア・ベトナム語のスクールを運営。2017年5月はミャンマー語の入学者数200名突破を記念して、10レッスンのお申込みで5,000円引きとなる期間限定キャンペーンを実施しています。 [全文を読む]

金正男暗殺事件に新展開(下)─捜査の現場で見た「非合法のインフラ」

Forbes JAPAN / 2017年03月10日12時15分

タイにおいても、以前、国連制裁対象企業がバンコク市内に活動拠点を構築していたが、その後どうなったのか、タイ政府の国連捜査への協力拒否のため、実態がわからない。カンボジアは北朝鮮人にパスポートを発行していたことが発覚したが、これまでに何名の北朝鮮人に旅券を発行したのか、隠している。そもそもこれまでに何か国が北朝鮮人に旅券を付与したのかすら、わからない。これで [全文を読む]

【開校5周年記念】タイ語勉強し放題コースが6月は5,000円引き!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年05月22日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は、近年ビジネスニーズが急激に増えている、タイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマー語のスクールを運営。2017年6月はスクール開校5周年を記念して、タイ語勉強し放題グループレッスンが新規入会で5,000円引き、さらに2人目の入会は2ヶ月間無料となる [全文を読む]

【創立5周年記念】6月はお得な特別キャンペーンを実施!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年04月28日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は、近年ビジネスニーズが急激に増えている、タイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマー語のスクールを運営。2017年6月1日~6月30日でスクール開校5周年を記念して、100レッスンのお申込みで5レッスン無料となる期間限定プロモーションを行います。ゴー [全文を読む]

タイ次期国王、周辺諸国では笑いの種?「名君の素質あり」という見方も

しらべぇ / 2016年10月18日10時00分

※画像はYouTubeのスクリーンショットタイのプミポン国王崩御に伴い、長子であるワチラロンコン皇太子が新国王になる見通しだ。ただ今の時点では、皇太子の「喪に服したい」という理由で即位は行われていない。ところで、このワチラロンコン皇太子には様々なスキャンダルがつきまとっている。そのひとつがドイツ訪問時の服装。女物のタンクトップにタイトすぎるジーパン、そして [全文を読む]

「訪日タイ人向けインバウンド集客プロモーションサービス」開始のお知らせ

PR TIMES / 2015年07月01日10時02分

株式会社カラックは、タイ現地で行う「訪日タイ人向けインバウンド集客プロモーションサービス」を開始しましたので、お知らせいたします。株式会社カラック(本社:東京都港区、代表取締役社長:園田 忠宏 以下「当社」)は、タイ国内においてデジタル広告代理業を手掛けるソーシャルメディアマスター社(本社:タイ、SOCIAL MEDIA MASTER CO., LTD. [全文を読む]

【問い合わせ殺到!無料キャンペーン実施中】人気のタイ語勉強し放題コースが4月はさらにお得に!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年04月17日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は昨年9月より業界初となる『タイ語勉強し放題グループレッスン』を開始。スタートして半年、入学者50名突破を記念して期間限定プロモーションを実施しています。2017年4月は『新規入会で初回月無料』、さらに翌月以降もお友達紹介で『2人目は2ヶ月間無料』 [全文を読む]

名倉潤、“母国”のために一肌脱ぐ!?

Smartザテレビジョン / 2015年06月16日19時00分

'13年、タイ・セレクト広報大使に就任したネプチューン・名倉潤が、6月20日(土)から開催される「タイ・フード チャンピオンシップ」をアピール。 以前から顔が“東南アジア系”とさまざまなバラエティー番組でいじられてきた名倉。そんな念願かなって(?)、タイ・セレクト広報大使に就任したのは今から2年前のこと。 今回の「タイ・フード チャンピオンシップ」は、タイ [全文を読む]

クオン、タイでスマートフォン向けゲームプラットフォームを提供するMagic Box Asia社へ出資。 資本業務提携で東南アジア展開を加速。

DreamNews / 2014年08月18日14時00分

株式会社クオンはタイでスマートフォン向けゲームプラットフォームを提供するMagic Box Asia社の第三者割当増資を引受け、資本業務提携を行なったことを8月18日付で発表いたしました。株式会社クオン(東京都渋谷区 代表:水野和寛 以下、クオン社)はタイでスマートフォン向けゲームプラットフォームを提供するMagic Box Asia社(タイ国 代表: V [全文を読む]

ネクスウェイ、海外向けFAXニュースメディア『FAXビズレポ』創刊

PR TIMES / 2016年02月04日13時48分

ASEAN経済共同体※1の発足により日系企業の進出が見込まれる東南アジアを最初のメインターゲットと捉え、2016年2月にタイ、シンガポールから配信を開始し、3月末までに東南アジア主要6カ国(タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン)に拡大する予定です。 ■背景:「TPP(環太平洋パートナーシップ)協定への日本の参加が決定」「東南ア [全文を読む]

【堺屋大地のドライブデート必勝テク9】<番外編>モテるための自己投資ルール

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年11月30日09時00分

ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシアを回ることにしたのです。 ちなみに、それが初海外の初一人旅でした。 現地の言葉はもちろん、英語だって喋れません。 旅行中の3週間は「Yes.」「No.」「Thank you.」の3語で乗り切りました。 さらに言うなら、東南アジアには、正直これっぽっちも興味なかったんですよ。 どうせ海外に行くなら、お気楽にハッピーゴー [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、東南アジアの化粧品について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月17日18時00分

当資料では、タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマーの化粧品市場をブランド・販売方法などから多角的に調査・分析している。概要 ◆2013年度の東南アジア5カ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマー)の化粧品市場は前年度比10.2%増の5,863億円と好調に推移。同地域では、高い経済成長により特に若い女性の購買意欲が高まっているこ [全文を読む]

アジア10カ国、検索数から見る日本への旅行を考える時期アジアの人々に向け、日本の観光地をプロモーションするのに特に有効なのは「3月~8月」

DreamNews / 2014年10月29日15時30分

■香港 日本の人気観光地に関する検索数が、台湾、タイに次いで多くなっています。2014年の前半に、春節やレント、復活節と大型連休であるのにも関わらず、香港も台湾同様、2014年5月を筆頭に8月にかけ、日本の観光地に関する検索数が多い傾向にあります。この時期に香港へ観光プロモーションをかけることが特に有効であると伺えます。■タイ 台湾に次いで日本の人気観光 [全文を読む]

ジカ熱、国内流行の危険高まる…性交渉や接触のみで感染の可能性、脳異常や死亡例も

Business Journal / 2016年09月27日06時00分

シンガポールでは8月30日までに感染者が82人に増え、タイでは年初からの感染者が100人を超えた。さらに9月3日、マレーシアでは、心臓病で亡くなった61歳の男性がジカウイルスに感染していたことが判明した。原疾患を悪化させた可能性がある。 実は、東南アジアでジカ熱が流行する可能性は、以前から指摘されていた。この地域にはジカ熱を媒介するネッタイシマカやヒトスジ [全文を読む]

【タイ】世界的評価も高いタイの医療事情

Global News Asia / 2016年08月09日09時00分

これまでに世界50カ国、450の医療施設がJCIの認証を取得している中、タイには2016年3月現在37の施設がこの「JCI認定」を受けている。 意外なことに、日本では17施設とタイの半分にも満たない。タイの認定施設数は、東南アジアはもとより、韓国(30施設)、中国(33施設)も上回っている。 これは2002年以降、医療ツーリズムとして打ち出した政府主導の観 [全文を読む]

バンコクから日帰りもできちゃう!タイの世界遺産の古都アユタヤ

TABIZINE / 2016年04月11日18時00分

タイにある世界遺産の古都・アユタヤ。世界遺産の遺跡ながら、バンコクから鉄道やバスで一時間半というアクセスの良さが嬉しいポイントです。 繁栄をきわめたアユタヤ王朝の都 アユタヤは、1351年にウートン王によって開かれ華やかな文化を育んだアユタヤ王朝の都として栄えました。 東南アジア各地の文化を融合した豊かな文化を育み、タイ文化の華麗さと、クメール文化の重厚さ [全文を読む]

三菱重工と日立と住友商事、タイ・バンコクレッドライン建設プロジェクトを受注

JCN Newswire / 2016年03月30日15時32分

TOKYO, Mar 30, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:宮永俊一、以下「三菱重工」)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼COO:東原敏昭、以下「日立製作所」)、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村邦晴、以下「住友商事」)は共同で、タイ国鉄(Stat [全文を読む]

フォーカス