東南アジア 海外旅行に関するニュース

HIS”旅通信”、「シニア世代の海外旅行白書2015」を発表-シニア世代 男女707名の「海外旅行」に対する意識調査-

DreamNews / 2016年02月25日14時00分

海外旅行経験は平均5.2回、予算は28.9万円、最多訪問先の1位は東南アジア、憧れの旅行地1位は北欧、個人派/ハレ派/王道派/のんびり派の4つの傾向に分類できることなどがわかりました。商品企画開発からプロモーション活動まで、企業の顧客創造をアシストする株式会社コプロシステム(本社:東京都品川区、代表取締役:金田浩邦、以下コプロシステム)と株式会社エイチ・ア [全文を読む]

中国人は旧正月も「爆旅行」?日本や東南アジアが人気―中国メディア

Record China / 2017年01月05日16時10分

東南アジアが一番人気 春節が近づき、海外旅行熱が上昇している。旅行予約サイト・携程旅行網がこのほど発表したビッグデータ報告では、査証(ビザ)の手続きが便利になったこと、航空便の謳歌、コストパフォーマンスの上昇により、来年の春節に海外に出かける人は600万人を超えて、過去最高を記録する見込み。 東南アジアが一番人気の高い旅行先となり、旅行客の30%以上を [全文を読む]

中国、5月3連休の海外旅行予約が大幅増、日本や東南アジアが人気集める―中国メディア

Record China / 2017年04月18日07時30分

近場の東南アジアや日本などの予約も7割以上が完了している。旅行サイト・驢■■(■は女へんに馬、Lvmama.com)の統計によると、3連休の海外旅行者数は昨年同期の2.8倍となっており、親子での旅行やクルーザー旅行の伸びが際立っている。旅行先は依然として日本や東南アジア、欧米などがメインで、日数は5〜7日間が多い。人民網が伝えた。 ▼日本、タイ、フィリピン [全文を読む]

楽天トラベル、2015年、シルバーウィーク人気急上昇エリアランキング発表

PR TIMES / 2015年08月04日19時38分

■2015年 シルバーウィーク旅行動向国内旅行は半年以上前の早期予約が好調、海外は東南アジアリゾート旅行が人気 2015年のシルバーウィーク(宿泊対象期間:2015年9月19日~27日)旅行動向(※1)は、国内旅行が前年同期比+200.8 %・海外旅行が同+99.3%となり、国内外共に高い伸び率を示しております。国内旅行の予約ピークは連休2日目の20日(日 [全文を読む]

韓国人旅行者の中国離れが顕著に、代わりに日本がますます人気=「中国は日本の代わりになり得ない」「行くならアジア最先進国の日本」―韓国ネット

Record China / 2017年06月01日09時00分

一方、日本と東南アジアが中国の代替地として急成長、日本への旅行客は同期間に72%、東南アジアへは66%、それぞれ爆発的に増加した。行き先別シェアでは、日本が14.6%から20.3%に、東南アジアは35.9%から45.6%に伸びた。日本で人気が高いのは、九州、長崎・対馬、大阪などだという。 旅行業界は、韓国政府による高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定 [全文を読む]

韓国人のGWの旅先はやっぱり日本、すでに前年比2倍の予約=韓国ネット「口を開けば日本の悪口を言っているのに…」

Record China / 2017年04月01日12時00分

2017年3月30日、韓国・ニュース1によると、韓国の今年のゴールデンウイーク期間中、日本と東南アジア行きの海外旅行商品の予約件数が前年同期比で約2倍となっていることが分かった。 日本同様、韓国にも4月末から5月初めにかけゴールデンウイークがある。今年のカレンダーでは、4月29〜30日の土・日曜以降、5月1日メーデー、3日(陰暦4月8日)釈迦誕生日、5日こ [全文を読む]

【堺屋大地のドライブデート必勝テク9】<番外編>モテるための自己投資ルール

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年11月30日09時00分

あの頃、東南アジアを旅することにメリットを感じた。 さて、いきなり手前味噌で申し訳ありませんが、昔話をさせてください。 10年以上前、まだ二十歳頃の話ですが、僕は見た目もノリも思いっきりギャル男だったんですよね。 そうです。 あの渋谷のセンター街などで地べたに座っているイメージの、ロン毛にメッシュのガングロ男です。 はい、そんな僕でしたが、その当時からど [全文を読む]

Hotels.com、2014年上半期 日本人の人気海外旅行先TOP20を発表

PR TIMES / 2014年08月25日14時02分

東南アジア諸国の人気が上昇 日本人にとっていまや定番の旅行先である、ホノルル、ソウル、パリ、ニューヨークは変化なく推移していますが、今上半期の特徴として台湾、バリ島などの東南アジア諸国への旅行が増加していることがわかります。これは、円安が続く中にあっても、影響の比較的少ない東南アジアへの人気が高かったことに加え、今年のゴールデンウィークのように長期の連 [全文を読む]

【海外旅行が当たる】大好評につき第2弾!あなたの写真が雑誌デビュー!H.I.S.×LUMIX CLUB PicMate 旅さきフォトコン開催中!

PR TIMES / 2015年09月15日11時49分

今回は、東南アジア旅行で体験した心に残る"旅フォト"のご投稿をお待ちしています。▼H.I.S.×LUMIX CLUB PicMate「感動」「わくわく」の旅さきフォトコンテスト【東南アジア編】http://lumixclub.panasonic.net/smart/contest/his_15_2/▼「第1回 旅さきフォトコンテスト」の結果発表はこちらから [全文を読む]

Hotels.com、2013年日本人に人気の海外旅行先TOP20を発表

PR TIMES / 2014年01月22日15時44分

~円安傾向により東南アジアの人気が上昇~ オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)は、同社が独自に世界の主要都市にある ホテル宿泊料金を定期的に調査するHotel Price Index(以下、HPI)の2013年度版(1月~12月)の調査結果を発表に先駆け、同年日本人に人気の海外旅行先TOP20を公開しました。 ■2013年度は東 [全文を読む]

東南アジアは値切れる!海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【2】

TABIZINE / 2017年03月03日07時30分

東南アジアに関する噂 東南アジアと一言で言っても、たくさんの国がありますが、海外旅行者の間で「あの国は値切れた」、「値切ったら半額以下になってびっくりした」という噂がよく囁かれています。また逆に「あの街ではボラれた」、「観光客用の金額で売りつけられた」といった残念な噂を聞くことも。しかし、それらの噂の真相は? そこで筆者が旅した東南アジアの国で値切れた国 [全文を読む]

GMOリサーチ:「海外旅行に関する意識調査」をベトナム・フィリピン・シンガポールで実施

PR TIMES / 2016年07月22日14時27分

今後も訪日旅行者の増加が継続すると見込まれていますが、一層のインバウンド消費の拡大には東南アジア諸国からの訪日客誘致が重要だと考えられています。中でも、ベトナム(前年比:49.2%)、フィリピン(同:45.7%)、シンガポール(同:35.5%)の3ヶ国は、訪日観光客数の対前年伸び率が30%を超えており、今後もさらなる伸長が期待されています。(*) そこでG [全文を読む]

幼少期に訪れておきたい外国はアメリカ、中国、タイ、ローマ?

Woman.excite / 2016年03月12日06時15分

筆者のおすすめは、アメリカ、中国、タイ(東南アジア)、ローマ(ユーロ)です。なぜおすすめなのか、詳しく見ていきましょう。英語から、世界観が芽生えるアメリカアメリカを体験することの良さは、やはり生の英語に触れることができること。DVDなどの教材とは違う生きた語学体験をすることによって、英語学習の意欲も変わってくるでしょう。日本でいわゆる「ネイティブ」と呼ばれ [全文を読む]

シニア世代の海外旅行は平均5.2回、予算は28.9万円。旅行傾向を「個人派」「ハレ派」「王道派」「のんびり派」と4つに分類

PR TIMES / 2016年02月25日15時06分

【要旨】1.シニア層の海外旅行傾向について└シニア層の海外旅行回数は平均5.2回、10回以上行った海外旅行ベテラン層も約18%└最も多い渡航先は「東南アジア」28%、憧れの渡航先1位は「北欧」└海外旅行に対する不安は、日本との勝手の違いに起因2.シニア層の旅行傾向としての4つのクラスター└マイペースに旅を追求する個人旅行好き層└海外だからこそ!を求める「旅 [全文を読む]

アウンコンサルティング発表 2016年のインバウンド市場動向総括と今後の展望 ~2020年に向けて必要なことは何か~

DreamNews / 2017年02月15日16時30分

また、伸び率が上がっている国として、インドネシア27万人(前年比32.1%増)、フィリピン35万人(前年比29.6%増)、マレーシア39万人(前年比29.1%増)が挙げられ、東南アジアが今後の訪日客の増加に大きく影響すると想定されます。 欧米圏についても、米国124万人(前年比20.3%増)、英国29万人(前年比13.2%増)と、訪日客数は増加しています [全文を読む]

国際ローミング、日韓や東南アジアが中心に―中国紙

Record China / 2017年01月26日05時20分

モバイルサービスプラットフォームの易信がこのほど発表した「2016年易信国際ローミングユーザー利用報告」によると、16年に易信の国際ローミングサービス利用者の受話利用量は前年比105%増加し、架電利用量は同53%増加し、最もよくサービスが利用されたエリアは日本、韓国、東南アジア地域だった。北京晨報が伝えた。 易信ユーザー研究センターの分析によると、国際ロー [全文を読む]

コロンビアは危険な国!?旅人が教えるコロンビアの治安、7つの注意点

TABIZINE / 2016年12月27日16時00分

4. 値段は最初に聞く! 値引きに執着しない (C)Saya Meguro 東南アジアなどの国でよく見かける、「ちょっとまけてくださいよ!」なんていう値引き合戦。買い物などでは欲しかったものが少しでも安く買えたらその日一日がハッピーで、値引き合戦さえも旅の醍醐味だという人もいるかもしれません。ただここコロンビアでは「値引き文化」がそこまで浸透していないの [全文を読む]

海外旅行でネイルサロンに行ってみよう!

Itnail / 2016年11月11日21時00分

東南アジアで行くストリートネイルサロンvia itnail.jpアジア人は基本的に手先が器用と言われています。東南アジアで街歩きをしていると見かけるのが、ストリートネイルサロンです。簡易的な椅子を並べ、数人の現地人がネイルを施術しています。外なので、基本的にはマニキュア、アクリル絵具でお花などのアートをしてくれます。施術時間も短く、何と言っても価格が激安で [全文を読む]

要チェック!航空券予約と渡航時期が最も安いタイミング2016年版が判明

TABIZINE / 2016年05月12日07時30分

東南アジアは6月か10月がおすすめ 次は東南アジア。大人気の観光地としてシンガポールとインドネシアのバリが紹介されていますが、シンガポールは18週前のチケット予約で、10月に行くと最もお得だと判明しました。 一方でインドネシアのバリ島に関しては、19週間前のチケット予約、6月に向かうと最も安いとか。 タイのバンコクやマレーシアのクアラルンプールなど、その [全文を読む]

現地在住日本人がローカル情報を発信する旅サイト「TRIPPING!」が H.I.S. おすすめの東南アジア フリープランの販売促進をサポート!

PR TIMES / 2014年09月10日18時14分

第一弾は、セントーサ島&シンガポールツアー! 東南アジアの旅情報サイト「TRIPPING!(トリッピング)」(運営:(株)アイディー 本社:東京都港区 代表取締役:金沢 大基)は、株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下 H.I.S.)の東南アジアにおけるフリープラン商品(往復の交通と現地の宿泊をセットにした商品)の販 [全文を読む]

フォーカス