東南アジア 一人旅に関するニュース

【堺屋大地のドライブデート必勝テク9】<番外編>モテるための自己投資ルール

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年11月30日09時00分

あの頃、東南アジアを旅することにメリットを感じた。 さて、いきなり手前味噌で申し訳ありませんが、昔話をさせてください。 10年以上前、まだ二十歳頃の話ですが、僕は見た目もノリも思いっきりギャル男だったんですよね。 そうです。 あの渋谷のセンター街などで地べたに座っているイメージの、ロン毛にメッシュのガングロ男です。 はい、そんな僕でしたが、その当時からど [全文を読む]

HIS”旅通信”、「シニア世代の海外旅行白書2015」を発表-シニア世代 男女707名の「海外旅行」に対する意識調査-

DreamNews / 2016年02月25日14時00分

海外旅行経験は平均5.2回、予算は28.9万円、最多訪問先の1位は東南アジア、憧れの旅行地1位は北欧、個人派/ハレ派/王道派/のんびり派の4つの傾向に分類できることなどがわかりました。商品企画開発からプロモーション活動まで、企業の顧客創造をアシストする株式会社コプロシステム(本社:東京都品川区、代表取締役:金田浩邦、以下コプロシステム)と株式会社エイチ・ア [全文を読む]

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第6回「東洋のパリ・ホーチミンでごほうび旅」

TABIZINE / 2016年06月16日16時00分

このゴシック建築だけを見ればヨーロッパのさながらの風景ですが、すぐ脇をベトナムの自転車タクシー「シクロ」が走っていたり、ベトナム笠をかぶった女性が歩いていたりと、やはりここはベトナム、東南アジア。 アジア独特のカオスやゆるりとした雰囲気が感じられます。 西洋的な街並みとベトナムならではの風景との調和がとても不思議で面白く、異次元の空間に迷い込んだような気 [全文を読む]

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第1回「タイのバンコクで3つのハッピーを味わう旅」

TABIZINE / 2016年05月12日16時00分

近代的でゴージャスなショッピングセンターと、ローカルなマーケットやお寺、屋台といった東南アジアらしい風景との対比が旅心をくすぐるエキサイティングな街です。 ショッピング、グルメ、ビューティと女性に嬉しい三拍子がそろっているのもポイント高し。しかも物価が安いので、普段はなかなかできない贅沢がお得にできちゃうんです。 ショッピング バンコクはまさにお買い物天 [全文を読む]

エクスペディア調べ「旅行先でのアバンチュール経験に関する調査」「東南アジア」「沖縄」への‘一人旅’‘同性の友達旅行’はアバンチュールが起こりやすい!?

PR TIMES / 2013年08月15日18時07分

◎暑い地方では熱い恋が起こりがち?海外1位は「東南アジア」国内1位「沖縄」。 アバンチュールを経験した旅先は、東南アジアや沖縄といった、暑い場所が多い結果となりました。◎帰国後、4割の人がアバンチュールのお相手と再会!そのうち9割は今でも親交が続いていると回答。 アバンチュール経験者のうち、37.8%はアバンチュール後にそのお相手と再会していたという事が分 [全文を読む]

a hint of Art【Vol.1】人生という名の旅_始まりはカリフォルニア

TABIZINE / 2016年12月22日21時00分

ここに至るまでに、幼少期をカリフォルニアで過ごしたのを皮切りに、東南アジアやインド、ヨーロッパでの一人旅や、ロンドンやシンガポールでの勤務、国内も西日本を中心に様々な土地に行き、引っ越し回数はゆうに30回を超えるほど、移動の多い半生でした。 そんな私にとって、旅は日常と切っても切り離せないもの。 初めましての今回は、自己紹介を兼ねて、様々な土地を訪れ続けて [全文を読む]

タイ 『D PLUS Guide』と日本地区における総代理店契約を締結

PR TIMES / 2015年09月02日14時09分

タイのベストセラー訪日旅客向けガイドブックメディアと独占契約!東南アジア地域に特化した訪日インバウンド観光プロモーション事業を手掛ける株式会社Relation(神奈川県横浜市 代表取締役:加藤英 http://www.relation-inc.jp)は、2015年9月01日より、タイ旅行ガイドブック市場におけるマーケットリーダー「D PLUS Guide」 [全文を読む]

【世界で最も魅力がある都市ランキング】日本の東京は何位?

TABIZINE / 2016年12月29日16時00分

東南アジアの一角、マレー半島の先端にある都市国家ですね。ランドマークとしては、マーライオンを思い浮かべる人も少なくないのでは? 上述の「世界の都市総合ランキング」では各部門におけるスコアが評価されています。シンガポールは「居住性」が世界第40位と大きく評価を落としていますが、「文化・交流」、「環境」の面で世界4位に輝くなど評価されています。 TABIZIN [全文を読む]

これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!

TABIZINE / 2016年10月07日16時00分

(C) Yoko Nixon 東南アジアに位置するタイ王国(通称タイ)。微笑みの国としても知られるタイ人の約95%は敬虔な仏教徒と言われるほど、宗教との関わりの深い国でもあります。 そんなタイのお寺の中でも一際異彩を放つ、「地獄寺」をご存知でしょうか。 バンコクから日帰りで行ける、身近な地獄があった! 今回は首都バンコクから気軽に行ける地獄、ワッパーラック [全文を読む]

危ない「爆買い」一足打法、打つべき手とは?

Forbes JAPAN / 2016年05月10日15時00分

中国系の人々はもちろん、欧米人や東南アジア各国からの訪問者も多い。地元の物産店や飲食店で交わされる言葉はほとんどが外国語で、表札から注意書きまでが複数の外国語で表記されている。「高山市は年間400万人ほどの観光客をお迎えし、そのうち30万人が外国からの方々です。これを劇的に増やし、高山や奥飛騨をインバウンドの一大拠点にしていこうと検討しているんです」。チロ [全文を読む]

メーデー旅行ビッグデータ、見えるのは景色ではなく人間だけ―中国

Record China / 2016年05月02日17時30分

携程旅遊ツアーの統計データによると、一部旅行先では、ツアー代金が前年同期比10%から30%低下、日本・韓国・東南アジア諸国向けツアーの中には、国内ツアーより廉価の商品が登場、日本・韓国向けツアーには1000元(約1万7000円)を切る格安ツアーもある。昨年、500万人の中国人観光客が殺到した日本については、メーデー連休旅行の予約状況は、九州・熊本地方の地震 [全文を読む]

ボーナスは上がらず、夏の旅行も「安・近・短」!? 一人旅をする男性は女性の3倍!―2015年夏のボーナスと旅行についてのアンケート調査―

PR TIMES / 2015年07月14日12時18分

(Q2)・海外旅行は東南アジア、国内旅行は関東と、近場の旅行先が人気という事が分かりました。(Q3、Q4)・旅行の日程は、2日間・3日間・日帰りの順に多く、その費用も平均88,620円と抑え気味の事から、「安・近・短」の旅行が選ばれている傾向が分かりました。(Q5、Q6)・旅行の同伴者は「配偶者」「子ども」と家族旅行が多い一方、次に多いのは「ひとり」でした [全文を読む]

フォーカス