ミャンマー 東南アジアに関するニュース

準暴力団と名付けられた集団の現在のシノギ ミャンマーに進出する半グレ

東京ブレイキングニュース / 2013年11月24日20時00分

彼らが目を付けたのはアジアの発展途上国「ミャンマー」だ。東南アジアに位置し、かつてはビルマと呼ばれていた日本とのつながりが深い国である。 以前から、ミャンマー絡みでいえば、「日本ミャンマー〇〇協会」など、不良が関係する怪しげな団体はいくつも存在した。筆者も東京・品川にあるミャンマー大使館の集まりに顔を出したことがあるが、そこはまるで暴力団関係者の会合だった [全文を読む]

大学4年で何も身につけない日本の若者、貧国ミャンマーの若者のやる気に圧倒的敗北

Business Journal / 2017年01月08日06時00分

11月1日から5日までの5日間、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が来日した。奇しくもその2週間ほど前の10月中旬、私は初めてミャンマーを訪れる機会があった。最近注目度の高い国だけに「ぜひこの目で見てみたい」と思っていた国だったので、念願叶っての視察であった。●ものすごい勢いで発展 ミャンマーはかつて、ビルマ王朝時代は非常に豊かな国だった。 [全文を読む]

金正男暗殺事件に新展開(下)─捜査の現場で見た「非合法のインフラ」

Forbes JAPAN / 2017年03月10日12時15分

また、在ミャンマー北朝鮮大使も、武器密輸への関与が理由で、制裁対象とされた。タイにおいても、以前、国連制裁対象企業がバンコク市内に活動拠点を構築していたが、その後どうなったのか、タイ政府の国連捜査への協力拒否のため、実態がわからない。カンボジアは北朝鮮人にパスポートを発行していたことが発覚したが、これまでに何名の北朝鮮人に旅券を発行したのか、隠している。そ [全文を読む]

【5月限定特別価格】ミャンマー語レッスン5,000円引きキャンペーン実施中!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年05月16日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は、近年ビジネスニーズが急激に増えている、タイ・ミャンマー・インドネシア・ベトナム語のスクールを運営。2017年5月はミャンマー語の入学者数200名突破を記念して、10レッスンのお申込みで5,000円引きとなる期間限定キャンペーンを実施しています。 [全文を読む]

デンタルサポート、ミャンマーに新会社を設立 ~歯科技工の教育支援とデジタルデータによる受託加工サービス提供で、日本の歯科技工技術を世界へ~

@Press / 2016年01月07日09時30分

デンタルサポート株式会社(所在地:千葉県千葉市、代表取締役社長:内田 武)は、ミャンマーにて歯科技工の教育支援サービスとデジタルデータによる歯科技工の受託加工サービスを提供するDS SAKURA DENTAL SERVICES CO., LTD.(ディーエス サクラ デンタルサービス株式会社、所在地:ミャンマー、代表取締役社長:首藤 謙介)を新会社として設 [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、東南アジアの化粧品について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月17日18時00分

当資料では、タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマーの化粧品市場をブランド・販売方法などから多角的に調査・分析している。概要 ◆2013年度の東南アジア5カ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマー)の化粧品市場は前年度比10.2%増の5,863億円と好調に推移。同地域では、高い経済成長により特に若い女性の購買意欲が高まっているこ [全文を読む]

【開校5周年記念】タイ語勉強し放題コースが6月は5,000円引き!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年05月22日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は、近年ビジネスニーズが急激に増えている、タイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマー語のスクールを運営。2017年6月はスクール開校5周年を記念して、タイ語勉強し放題グループレッスンが新規入会で5,000円引き、さらに2人目の入会は2ヶ月間無料となる [全文を読む]

【創立5周年記念】6月はお得な特別キャンペーンを実施!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年04月28日18時00分

東南アジア言語に特化した各種事業を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 松田秀和)は、近年ビジネスニーズが急激に増えている、タイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマー語のスクールを運営。2017年6月1日~6月30日でスクール開校5周年を記念して、100レッスンのお申込みで5レッスン無料となる期間限定プロモーションを行います。ゴー [全文を読む]

【問い合わせ殺到!無料キャンペーン実施中】人気のタイ語勉強し放題コースが4月はさらにお得に!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年04月17日18時00分

■「ゴーウェルランゲージスクール」とは東南アジア語通訳翻訳最大手(通訳翻訳登録者数800名超)のゴーウェル株式会社が運営するタイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマー語スクールです。語学上達の1番の近道であるアウトプットを特に重視しており、<たくさん話せる・聞ける・上達スピードが速い>が人気の秘密。アクセス至便の東京飯田橋に拠点を構え、スクール開始から5年弱 [全文を読む]

富士フイルム ミャンマーでの販売体制を強化

@Press / 2016年10月18日12時15分

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、成長が期待されるミャンマー連邦共和国(以下ミャンマー)での販売体制を強化するため、当社イメージング製品、メディカル製品およびグラフィック製品の輸入卸販売を行う新会社「FUJIFILM MYANMAR INVESTMENT LIMITED(フジフイルム ミャンマー インベストメント、以下新会社)」を設立しました。今 [全文を読む]

【銀行業界の研究】三井住友銀行:3大メガバンクのひとつ、積極的に海外に進出する戦略とは

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年03月24日12時00分

2015年にミャンマーのヤンゴン市にヤンゴン支店、フィリピンのマカティ市にマニラ支店を開設など、海外拠点を拡充しました。また、カンボジアのアクレダ銀行に出資するなど、アジアの有力金融機関と関係を深めています。しかし、出資していたンドネシアの年金貯蓄銀行BTPNの株価下落により、550億円の減損も出しました。中国経済の景気減速が、東南アジア諸国にも影響を及ぼ [全文を読む]

ミャンマー観光「仏塔巡り」から「参加型アクティビティー」へ

Global News Asia / 2016年03月22日17時00分

2016年3月22日、観光地として潜在能力が高いと言われながらも、観光客の少なかったミャンマーだが、ホテルの建設ラッシュや国際線のヤンゴン直行便増加を受けて、観光客増加率が東南アジアで一位になるなど、にわかに観光産業への期待が高まっている。 これまでミャンマーの観光と言えば「仏塔巡り」が定番であったが、ミャンマーの観光スタイルにも変化が出てきている。 世界 [全文を読む]

日本はまさかの順位! 世界の「お米好き国」ランキングが発表

IGNITE / 2015年04月16日12時04分

■2位〜8位は東南アジア独占!2位のラオスに続き、3位カンボジア、4位ベトナム、5位インドネシア、6位ミャンマー、7位フィリピン、8位タイと、東南アジアがランキング2〜8位を埋める結果となりました。東南アジアのおコメ料理といえば、ベトナムのお米麺「フォー」や、インドネシアの「ナシゴレン」、タイの「カオマンガイ」など、日本でも近年かなりなじみ深くなったものも [全文を読む]

ミャンマー投資に力入れる日本、中国とのパワーバランス考慮―英紙

Record China / 2016年07月12日17時20分

2016年7月11日、英紙フィナンシャル・タイムズは、日本がミャンマー投資に力を入れており、東南アジアにおける中国とのパワーバランスを考慮していると指摘した。環球時報(電子版)が伝えた。 ミャンマー政府によると過去5年、日本からのミャンマー投資が6倍に急増した。日本語の語学コースも非常に人気がある。日本は現地社会や工業分野への数十億ドル規模の投資を計画して [全文を読む]

ミャンマーの観光客増加率が東南アジアで第1位に

Global News Asia / 2015年03月21日09時00分

2014年3月21日、地元メディアによると、2014年度にミャンマーを訪れた外国人観光客は300万人を超え、増加率はラオスの10%、マレーシア8%、インドネシア、カンボジアの7%を抑え、前年度比53%増加で東南アジアではトップとなった。 ちなみに東南アジアにおける外国人観光客数1位は2800万人のマレーシア。次いで2位が2400万人のタイとなっている。 ミ [全文を読む]

村尾龍雄律師事務所、香港を拠点としたアジア展開サポートを法務面で強化 唯一の日系登録外国法事務所として香港の大手法律事務所と正式提携

@Press / 2014年12月05日11時00分

上海、北京以外にも、シンガポール、ベトナム、タイ、ミャンマー等に大手をはじめとする複数の日系法律事務所が拠点を開設しています。こうした中、香港においては現時点で村尾龍雄律師事務所以外には、日系法律事務所の拠点進出はなされておりません。しかしながら、2014年11月の首脳会談による日中関係の改善への期待、今後のACFTA(中国ASEAN自由貿易協定)の段階的 [全文を読む]

バンコク郊外のホームオフィス開発「不動産投資型ファンド」ーSRCSが販売中

Global News Asia / 2017年06月11日06時00分

2017年6月11日、ミャンマーと国境で接するタイ・カンチャナブリ県などでの不動産投資を扱う「SRCS International社」(以下SRCS)が、タイでの土地売買や住宅開発で運用する「アセアンプロパティファンド」を販売中。募集期間は8月31日までで、500万円単位。規模は25億円。 タイは中国や東南アジア各国を繋ぐ陸路輸送用スーパーハイウェイのすべ [全文を読む]

水戸のFWグエン・コンフォン、横浜FCのMFグエン・トゥアン・アインがベトナム代表に選出

超ワールドサッカー / 2016年11月03日20時46分

▽今月からミャンマーとフィリピンで開催されるAFFスズキカップ2016(東南アジアサッカー選手権)のベトナム代表メンバーに、水戸ホーリーホックのFWグエン・コンフォン(21/写真左)と横浜FCのMFグエン・トゥアン・アイン(21)の2名が選出された。両クラブが発表している。 ▽東南アジア諸国が出場する大会は2年に1度開催され、今大会はミャンマーとフィリピン [全文を読む]

「メコン・ツーリズム・アワード2015」決定!

PR TIMES / 2016年03月09日09時37分

東南アジア・メコン4カ国への優良ツアーが受賞[画像: http://prtimes.jp/i/10699/17/resize/d10699-17-991646-1.jpg ]国際機関日本アセアンセンター(東京都港区 事務総長:藤田正孝)は、東南アジアのメコン地域に位置するCLMV4カ国(カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム)を対象とした優れた旅行商品の [全文を読む]

東南アジア・メコン4カ国への優良ツアー表彰事業「メコン・ツーリズム・アワード2015」のロゴが決定!

PR TIMES / 2016年01月08日15時23分

応募総数83作品の中から選定[画像: http://prtimes.jp/i/10699/13/resize/d10699-13-334301-0.jpg ]国際機関日本アセアンセンター(東京都港区 事務総長:藤田正孝)は、東南アジアのメコン地域に位置するCLMV4カ国(カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム)を対象とした優れた旅行商品を表彰する「メコン [全文を読む]

フォーカス