映画 誘惑に関するニュース

蓮實重彥+岡田秀則 対談〜スマホ時代の映画体験

ガジェット通信 / 2017年06月07日14時00分

すべての映画は平等である 映画保存のエキスパートが明かす、《物質》面から捉えた映画の新しい魅惑 キネマ旬報 映画本大賞2016の第一位を受賞した、岡田秀則氏の著書『映画という《物体X》』(立東舎)。ここには、岡田氏と蓮實重彦氏による対談「シネマテークの淫靡さをめぐって」が収録され、シネマテークやフィルム・アーカイブについて語られていますが、実際の対談では [全文を読む]

世界初!気持ちを数値化する映画ランキングサイト「バレンタインに告白するときに勇気をくれる映画ランキング」映画ベスト5!~ネット上の感想を言語解析してランキングする「きもちなび」~

@Press / 2014年02月06日10時00分

ウレシア株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表者:代表取締役社長 山本 彰祐)は、インターネット上の160,000を超えるクチコミに書かれた“気持ち”を言語解析してランキングした映画サイト「きもちなび」( http://www.kimochi-navi.jp )にて、「バレンタインに告白するときに勇気をくれる映画ランキング」のランキングを発表しました。「バレ [全文を読む]

美女たちの桃色ミサイル(1) 沢尻エリカ 新作「ヘルタースケルター」で目撃者が爆弾証言

アサ芸プラス / 2012年05月07日11時00分

公私にわたるスキャンダルで、その動向が注目されてきた沢尻エリカが、ついに新作映画でバストトップをさらすとの情報を本誌が入手した。推定Fカップバストを揺らしながら、ピンクの乳首まで惜しげもなく披露したというのだ。「別に‥‥」と無視できない肉感ボディの全貌を公開する。 今回、沢尻エリカ(26)がヌードを披露したのは、7月14日公開の映画「ヘルタースケルター」( [全文を読む]

宮下順子もコメンタリー参加 45周年を記念して日活ロマンポルノ・初のブルーレイ化!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月18日00時00分

『デスノート』の金子修介、『さよなら歌舞伎町』の荒井晴彦……etc.いまの日本映画をけん引し、伝説的な名作を生み出してきた多くの映画監督や脚本家の中には「日活ロマンポルノ」出身者が多い。「日活ロマンポルノ」とは、映画会社・日活が1971年に打ち出した当時の映倫規定における成人映画のレーベルだ。「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度」などの一 [全文を読む]

監督の実体験を映画化“喪失からの時間”を紡ぐ

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月23日18時07分

妊娠中の妻を失った男性と、婚約者を失った女性の、愛する人を失ってからの100日間を描く台湾映画『百日告別』が日本でも2月25日(土)より公開される。監督を務めるのは、『九月に降る風』『星空』などで知られる台湾の若き俊英・林書宇(トム・リン)。実は、監督自身が、奥さんを亡くされた経験から、脚本を執筆。映画化にこぎつけた。2015年の第28回東京国際映画祭にも [全文を読む]

最旬“青春グラフィティ・ムービー”『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』

ガジェット通信 / 2016年10月27日09時00分

』で、2014年の映画賞を総なめにしたリチャード・リンクレイター監督の最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』が11月5日より公開となります。 1980年の夏を舞台に、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、新学期が始まる直前の3日間、個性的なチームメイトたちと、野球、女の子、流行りの音楽、パ [全文を読む]

【やっぱりダメ!】アメリカの映画館で上映中も携帯使用可能になるはずが・・・結局ダメになったことが海外で話題に

秒刊SUNDAY / 2016年04月18日12時25分

映画館でお客様に守ってもらいたいお約束といえば、おしゃべりしない、前の人の椅子を蹴らない、そして携帯電話の電源をオフにすること。この度アメリカの映画館で上映中の携帯電話がOKになるかもしれない、という情報を得て、大激論!最終的にはやっぱりダメ!ということになり、海外で話題に。―大手映画館チェーンCEOの発言から炎上アメリカの大手映画館チェーンAMCエンター [全文を読む]

映画『その日の雰囲気』ユ・ヨンソクのスペシャルインタビュー解禁!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年07月22日15時34分

今週末7月23日(土)より東京・シネマート新宿、9月17日より大阪・シネマート心斎橋にて公開される、映画『その日の雰囲気』で主演を務めたユ・ヨンソクのスペシャルインタビューが到着しました!ユ・ヨンソクは国内外で高い評価を得たパク・チャヌク監督作『オールド・ボーイ』(2003年)でユ・ジテの幼き日を演じ、映画デビューを飾りました。その後も『建築学概論』や『私 [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(4)意外なお宝編・あの今井美樹も…

アサ芸プラス / 2016年06月23日05時57分

あんたこれ、真珠がなんぼ入っとるんや?」「4つや」 何ともエロティックな会話をする“ピン子の映画デビュー”であった。 美人ジャズシンガーの草分けである阿川泰子(64)は、もともとは文学座に所属した女優。チョイ役ながらいくつかの映画に出演しており、吸血鬼を題材にした「血を吸う薔薇」(74年、東宝)にも女学生役で出ている。吸血鬼に襲われ、乳首がチラリと見える“ [全文を読む]

春に恋がしたくなる♡夜のおうち時間に観たくなる映画4選

Woman Insight / 2015年03月31日15時00分

ああ、でもそれじゃもったいない! というわけで、ラブモードを盛り上げる映画をたくさん紹介しているサイトを発見しました。 その中から厳選して、春の夜に観たい恋愛映画をご紹介します♪ 【1】ノッティングヒルの恋人 有名ハリウッド女優と、小さな本屋を経営する平凡な男の恋、という、「ありえない!」話がユーモアたっぷりに描かれたラブストーリー。ジュリア・ロバーツ&ヒ [全文を読む]

チャン・ヒョク 「アクションと同じくらいベッドシーンは難しかった」

Wow!Korea / 2014年04月04日09時58分

キム・テギュン監督がメガホンを取った映画「棘」でのことだ。「棘」は教師と学生の恋を描いたラブストリーだ。学生が次第に教師に執着し繰り広げられる恋と破局の物語。チャン・ヒョクは、妊娠した妻をもつが、一瞬の誘惑に負けて危機に陥る教師ジュンギ役を演じた。チャン・ヒョクは「一瞬の選択が破滅を生み出す過程を込めた映画だ」と「棘」を紹介した。映画は序盤、教師と学生の危 [全文を読む]

ネット右翼に贈る「非国民のススメ」

週プレNEWS / 2012年12月31日12時00分

園 確かに僕の映画に登場させた日本人グループと同じですね。右翼チックだけど、天皇とか国家的な問題については何ひとつ語らず、「とにかく中国人を追い出せ」と主張するグループですから。それ以外に何も主張がないので、彼らの街宣車の横っ腹には「犬も歩けば棒に当たる」とか、意味のないスローガンを掲げさせました。 木村 17年前にそういう排外主義の団体を描いた映画を撮 [全文を読む]

妙なリアリィティが…綾野剛主演映画で矢吹春奈が見せた下半身まさぐりシーン

アサ芸プラス / 2016年06月26日09時59分

6月25日に公開された綾野剛の主演映画「日本で一番悪い奴ら」。同作は日本警察史上最大の不祥事と言われる「稲葉事件」を起こした稲葉圭昭氏の著書「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」を原作としている。綾野演じる警官はこの稲葉氏をモデルとしているのだ。 男性だけでなく、女性ファンも気になるのが、原作にはない綾野剛とヒロインたちの過激な艶シーンだろう。映画ライター [全文を読む]

多部未華子「好きだと感じるほど、怖くて…不幸の準備をしてしまう」

Woman Insight / 2015年09月08日16時50分

絶賛公開中の映画『ピース オブ ケイク』。原作は、単行本が累計発行部数50万部(全5巻)を誇る、ジョージ朝倉による人気コミックス。現代女性の切ない恋や仕事における、リアルな心情を描いた作品がファン待望の実写映画化! 主人公・志乃役には多部未華子、志乃が初めて恋に落ちる相手・京志郎役を綾野剛が熱演。 そして主題歌を担当するのは加藤ミリヤと、映画に出演している [全文を読む]

監獄でリアル鬼ごっこ!?「ザ・ロックアップ」でコラボメニュースタート

Woman Insight / 2015年07月07日18時30分

トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜がトリプル主演を務め、園子温監督が大ベストセラーの同名小説をまったく新しい映画として生まれ変わらせた『リアル鬼ごっこ』が、いよいよ7月11日(土)から全国で公開となります。 ★リアル鬼ごっこに関する記事はコチラ→ トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜がヒロインの映画『リアル鬼ごっこ』がこんなにも話題の理由とは? 映画 [全文を読む]

イム・スジョン、「隠密な誘惑」でスクリーン復帰!共演俳優ユ・ヨンソクに好感

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年05月14日14時09分

女優イム・スジョン(35)が映画「隠密な誘惑」で3年ぶりのスクリーン復帰を果たした。久々公に登場した彼女だが、あの美貌は変わらないものだった。14日、ソウルのCGV 狎鴎亭(アックジョン)で映画「隠密な誘惑」(監督:ユン・ジェグ、制作:映画社ピダンキル)の制作報告会が行われた。会見には、主演を演じるイム・スジョン、ユ・ヨンソクをはじめ、演出を務めるユン・ジ [全文を読む]

映画賞総ナメのオジサン俳優 お笑い出身62才の怪演に注目

NEWSポストセブン / 2012年02月12日07時00分

今年の映画賞を総ナメにしている中年俳優がいる。名前は、でんでん。年齢は62才。風貌はどこにでもいそうな庶民的なオッサンだが、その“怪演”に注目が集まっている。 出演した園子温監督の映画『冷たい熱帯魚』で、報知映画賞・最優秀助演男優賞、 キネマ旬報ベスト・テン・助演男優賞、毎日映画コンクール・男優助演賞、ヨコハマ映画祭・助演男優賞、日本アカデミー賞・優秀助演 [全文を読む]

女を武器にして生き残っていくキャバ嬢を熱演! 武田梨奈にインタビュー 「現場ですごく追い込まれた」 映画『ドクムシ』

AOLニュース / 2016年09月12日20時00分

極めて残酷&凄惨な描写で人気の原作を村井良大&武田梨奈のダブル主演で2016年4月に全国公開した映画『ドクムシ』が、2016年9月7日(水)にBlu-ray&DVD発売! そのパッケージ化を祝して、同作でキャバ嬢アカネ役を熱演した武田さんに直撃インタビュー!――デスゲームに飢えの恐怖が重なる物語という、ショッキングな題材ですよね。 原作のマンガを最初に読み [全文を読む]

『アナーキー』マイケル・アルメレイダ監督インタビュー。

NeoL / 2015年06月11日19時56分

マイケル・アルメレイダ監督がイーサン・ホークを主演に迎えた『ハムレット』に続き、再度シェイクスピア劇を映画化!舞台を現代に移し大胆にアクションを加えた、豪華キャストによる映画『アナーキー』(原題:CYMBELINE シンベリン)。いよいよ今週末6月13日(土)より新宿シネマカリテ(カリコレ2015)にて公開の本作。 マイケル・アルメレイダ監督のインタビュー [全文を読む]

【MOVIE】官能度×禁断度200%!彼を誘惑する前に観たい1本。

恋学 / 2015年01月31日03時00分

インターネットや書店でこのタイトルを目にした方も多いのではないでしょうか? 今回は2月13日の公開に先駆け、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の見どころをご紹介したいと思います。 (C) 2015 Universal Studios. 全世界1億人以上の女性が、熱狂した超絶危険な禁断の愛の物語 (C) 2015 Universal Studios. [全文を読む]

フォーカス