アニメ 鉄腕アトムに関するニュース

アニメ評論家・藤津亮太「アニメを進化させたのは“ビジネス”である」

週プレNEWS / 2013年06月29日06時00分

50年にわたるアニメの進化は、実は、時代に応じた“ビジネス”からもたらされた。そして、2010年代に開拓されたアニメのジャンルとは? 評論家の藤津亮太が書き下ろす。 *** 現在の30分テレビアニメの制作費は、1話当たり1300万から1500万円ほどかかるといわれている。1クール(全13話)のシリーズなら総制作費は2億円弱かかる計算になる。では、それほどの [全文を読む]

「大人になっても"アニメ鑑賞"アリでしょ!」約9割

NewsCafe / 2015年04月15日12時00分

日本動画協会の「アニメ産業レポート」によると、国内アニメ産業市場の合計は1兆4913億円(2013年)、前年比8.7%増と伸びている。この数字は"アニメ作品と、そこから広がる様々なビジネス"を合算したものであり、劇場アニメの興行収入やビデオ出荷高、アニメ配信市場、ライブエンターテインメント(アニソンコンサート・アニメミュージカルなど)やアニメ関連展示(美術 [全文を読む]

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

アニメは教育番組次に、NETが仕掛けたのは、アニメだった。NETは東映が有力な株主である。そして東映には、東映動画(現・東映アニメーション)なる劇場用アニメを作る子会社がある。ここと組んでアニメを作ろうという話になった。だが、再びあの疑問が湧く。教育番組の“5割縛り”があるのに、アニメなんて作っている場合か?大丈夫。NETはこう理論武装したのだ。「アニメ [全文を読む]

「練馬アニメカーニバル2015」開催決定 10月17日(土)、18日(日)練馬駅北口周辺で開催

@Press / 2015年09月11日16時30分

来たる10月17日(土)、18(日)の両日、「練馬アニメカーニバル2015」を開催することが決定しました。本イベントは練馬区にとって重要な産業であるアニメーションを、より楽しく、身近に感じていただき、練馬区とアニメーション産業への理解を深めていただくことを目的に様々な企画を展開します。“ジャパンアニメーション発祥の地”と呼ばれる練馬区だからこそできるイベン [全文を読む]

デジタルハリウッド大学主催、外国人向け「サマープログラム2013」を開催

PR TIMES / 2013年05月24日17時32分

~日本アニメの魅力の背景を余すところなく体感できる外国人向けのサマープログラム!~デジタルハリウッド大学では、日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象に、今年は日本のコンテンツの代表でもある「アニメ」により深くフォーカスした「サマープログラム」を、7月8日より開催。本学・国際アニメ研究所の辻真先所長(デジタルハリウッド大学教授)監修の元、日本アニメ[全文を読む]

「版権とれた絵を貼っただけ」大量処分も起こりかねない!? 東京オリンピックのアニメデザイン商品がダサすぎると批判の声

おたぽる / 2016年07月06日13時00分

2020年に開催が決定した東京オリンピック・パラリンピックの公式ライセンス商品として、日本のアニメ・マンガをデザインに組み込んだグッズが制作され、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は一般販売を今月16日から開始すると発表した。 3日に行われたリオデジャネイロオリンピックの日本選手団の結団式では、同商品の先行販売も行われたのだが、公 [全文を読む]

アニマックス開局15周年記念特別番組「TVアニメ50年の金字塔」7月7日(日)から8週にわたって放送

PR TIMES / 2013年05月28日19時29分

初回はBSアニマックスで無料放送 番組ナビゲーターに船越英一郎さん、平山あやさん株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン(代表取締役社長:滝山雅夫、本社:東京都港区)が運営するアニメ専門チャンネル<アニマックス>は、2013年7月7日(日)から8週にわたって特別番組「TVアニメ50年の金字塔」(夜7時から9時)を放送いたします。(初回、7月7日(日) [全文を読む]

手塚治虫と孫悟空の「縁」―中国紙

Record China / 2017年07月28日20時30分

手塚治虫は日本近代アニメ産業の開拓者で、「漫画の神様」と呼ばれている。鉄腕アトムの生みの親である手塚治虫は孫悟空にも強い思い入れがあり、「アトムの飛んだり、戦ったりする姿の原型は孫悟空」と話したこともある。(文:楊暁林。文匯報掲載)上海美術映画製作所は1950年代と60年代に最盛期を迎え、各種形式、スタイルのアニメーション映画が成熟していった。同時期、日本 [全文を読む]

ドラえもん、ナウシカ、ガンダム......議員17人が選ぶ、次世代に残したい「日本のアニメ」ランキング

ニコニコニュース / 2016年11月23日20時10分

ニコニコではマンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟、略称・MANGA(Manga、ANimation、GAme)議連の協力のもと、日本のマンガ・アニメ・ゲームが抱える課題について国会議員や有識者とともに議論する「みんなで考えよう 日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来 ~第1回 クリエーターはこの先生き残れるのか?~」を11月23日に実施。 本記事では、同番組 [全文を読む]

昭和のアニメファン垂涎、初CD化音源も含む『アニメソング・アルティメットBOX I -昭和篇-』がリリース

okmusic UP's / 2013年10月27日07時30分

日本テレビ、読売テレビ放送にて、1988年までに放送されたアニメのOPテーマとEDテーマ124曲を集めた6枚組CD-BOX『アニメソング・アルティメットBOX I -昭和篇-』が10月23日にリリースされた。 【その他の画像】V.A.(アニメ)日本テレビ開局60年、読売テレビ放送開局55年を記念して贈る今作では、アニメ放送初期の「戦え!オスパー」や「黄金バ [全文を読む]

手塚治虫 マリン・エクスプレス 第2巻1月19日発売!!

DreamNews / 2017年01月17日18時00分

巨匠・手塚治虫の伝説のアニメをコミカライズした漫画『手塚治虫 マリン・エクスプレス』第2巻がいよいよ発売となります! 第2巻では第1巻で起こった事件の謎や伏線に迫る一方、新たな謎や新しい登場人物、そして思いもよらない新展開が待ち受けています。 待望の第2巻が1月19日(木)に発売です!手塚治虫 マリン・エクスプレス 第2巻1月19日発売!!手塚オールスター [全文を読む]

TVアニメーション50年のすべてがここに、 日本初のビジュアル・アーカイブ 『日本TVアニメーション大全』発売

PR TIMES / 2014年12月16日15時38分

テレビアニメ約3500作品を完全収録!! アニメ業界を牽引してきたエキスパートたちの インタビューや各年代の時代背景、撮影技術などの制作技術の変遷など盛りだくさん!!世界文化社は、12月16日、1963年の「鉄腕アトム」から「宇宙戦艦ヤマト2199」まで日本のテレビアニメの総覧として50年の作品記録をまとめた『日本TVアニメーション大全』を刊行記念特別定価 [全文を読む]

絵コンテが800万円に!? “日本アニメーションの父“政岡憲三のお宝が発掘される

おたぽる / 2014年10月16日02時00分

10月14日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)で、アニメーション作家・監督の政岡憲三にまつわる品が紹介された。 このお宝を持ち込んだのは、愛知県の元アニメーターの依頼人で、アニメ制作会社を経営していたという人物。この依頼人は、60年前にアニメ製作会社・日本動画株式会社でアルバイトをしていたといい、このお宝は、日本のアニメ界にとっても貴重なものだと [全文を読む]

【フジテレビ】日本初の連続テレビアニメ放送開始50周年記念!アニメ『鉄腕アトム』フジテレビオンデマンドにて配信開始

PR TIMES / 2013年01月07日14時36分

==================================================日本初の連続テレビアニメ放送開始50周年記念!アニメ『鉄腕アトム』フジテレビオンデマンドにて配信開始http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5180/================================= [全文を読む]

【24時間テレビ】「アニメメドレー」セットリスト解禁 櫻井翔&小山慶一郎「アトム」、亀梨和也&鈴木福「妖怪人間ベム」…

モデルプレス / 2017年08月27日13時50分

27日14時30分ごろからは、「日本アニメ生誕100周年!勇気と希望!アニメメドレー」を送る。この度、セットリストが公開された。武道館には人気アニメキャラクターたちが集合。スペシャルゲストと、櫻井翔(嵐)、亀梨和也(KAT-TUN)、小山慶一郎(NEWS)をはじめ、24時間テレビ出演者がスペシャルアニメメドレーを披露する。 ◆「日本アニメ生誕100周年!勇 [全文を読む]

日本のアニメを見て育った中国人たち、「これもそれも全部見た!」=中国

サーチナ / 2017年07月25日09時12分

日本が世界に誇る文化の1つとして、漫画とアニメを挙げることができるだろう。中国でも日本の漫画やアニメ作品は広く知られていて、特に若い世代においては、「日本のアニメを見て育った」という人も少なくない。 中国メディアの今日条頭はこのほど、中国人の間で特に認知度の高い日本のアニメ作品を紹介したところ、中国人ネットユーザーたちから「紹介されているアニメはほとんど見 [全文を読む]

<2016年10月13日(木)~10月31日(月)>KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~ 初!鉄腕アトムの海外ロックミュージシャン コラボ「鉄腕アトム×KISS」KISSメンバー長年の夢 コラボ絵画展示が決定!多彩なオリジナルグッズも会場で販売!

@Press / 2016年09月16日11時00分

無類のコミック、アニメファンであり、「鉄腕アトム」の大ファンのジーン・シモンズとKISSの大ファンである手塚プロダクション取締役の手塚るみ子氏によってコラボレーションが実現しました。アートワークは、株式会社手塚プロダクション監修のもと、イラストレーター・金子ナンペイ氏が制作。KISSのアルバム「Love Gun」「Destroyer」のジャケットをモチーフ [全文を読む]

Xmasに劇場版公開!ちびまる子ちゃん展がデートに使える

しらべぇ / 2015年12月05日10時30分

今や国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の劇場版新作が12月23日、23年ぶりの公開となる。ストーリーは世界5ヵ国の子どもたちがホームステイのために、静岡県の清水にやってきたというもの。予告編を見ると、イタリアから来た少年が「ボクはマルコがスキです」「もっとマルコを知りたいです」という意味深な言葉も...。いつもの「ちびまる子ちゃん」では見ることができない、笑 [全文を読む]

日本のネット広告 2014年は「オリジナルアニメ動画」に活路

太田出版ケトルニュース / 2014年01月16日10時59分

そんな状況のなか、2014年に日本の動画広告の主役となるのは「オリジナルアニメ」かもしれない。 “クールジャパン”への注目と比例するように、アニメを広告に生かす手法は、ここ数年で着実に増加している。もともとは人気アニメやマンガのキャラクターを企業が商品や広告に採用するという“キャラクタービジネス”としてスタートした。『鉄腕アトム』から『エヴァンゲリオン』ま [全文を読む]

「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会・シンポジウムを6月23日(日)大阪にて開催

@Press / 2013年06月12日10時30分

学校法人 上田学園(所在地:大阪市北区)では、日本が世界に誇るコンテンツ産業の核である「漫画・アニメ・ゲーム」につき、本業界を牽引し、今なお第一線で活躍されている日本を代表するクリエイターである、「小池一夫」「杉井ギサブロー」両氏をお招きして「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会&シンポジウムを2013年6月23日(日)に大阪にて開催します。 [全文を読む]

フォーカス