甲子園 森友哉に関するニュース

【高校野球】松坂大輔、島袋洋奨、藤浪晋太郎。“春夏連覇”男たちの「何も言えなくて…夏 2017」

デイリーニュースオンライン / 2017年08月07日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■1962年 作新学院(栃木) ■1966年 中京商(愛知、現・中京大中京) ■1979年 箕島(和歌山) ■1987年 PL学園(大阪) ■1998年 横浜(神奈川) ■2010年 興南(沖縄) ■2012年 大阪桐蔭(大阪) 今大会はこの7校のうち、箕島とPLをのぞいた5校が甲子園に顔 [全文を読む]

甲子園のプロ野球スカウト 注目選手を生で見るのは初戦だけ

NEWSポストセブン / 2013年08月20日16時00分

プロ注目選手たちの甲子園でのプレーはスカウトにどう映っただろうか。成績とスカウトの感想をお届けする。(取材・文=フリーライター・神田憲行) * * * 夏の高校野球、甲子園のバックネット裏に集結する男たち、それがプロ野球団のスカウトだ。サングラスをかけ、注目投手が現れると鞄からスピードガンを出して球速を測る。ときには他球団のスカウトとも談笑しながらも、その [全文を読む]

【プロ野球】《2016ドラフト注目選手・投手編》運命の1一日、近づく。ドラフト目玉投手5人をピックアップ!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月06日16時05分

■今年の候補の中で一番「持ってる」選手 今井達也(作新学院高) 夏の甲子園でスターダムに駆け上がり、一躍ドラフトの筆頭候補まで上り詰めた今井達也。春まで無名だった投手が、まさに右肩上がりで評価を高めていった。この伸びシロには恐ろしさすら感じる。 件の甲子園では、浮き上がってくるような高い回転数を誇る快速球とカットボールを武器に各校の打者をなで斬りに。常時 [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【プロ野球】乱闘が起こる確率は…オールスター“サプライズ”を勝手に大予想

デイリーニュースオンライン / 2015年07月16日15時00分

夏の甲子園を放送するABC朝日放送が系列局にあるので、甲子園の映像がふんだんに使われるだろう。「高校時代にはバッテリー」「2012年の甲子園で春夏連覇」「思い出の地・甲子園で2人があいまみえます」などのワードが飛び出すこと間違いなしだ。 福岡の絶好調男・柳田悠岐(ソフトバンク)も注目。空振りでも見る価値のある究極のフルスイングが売りで、ファン投票は森に次ぐ [全文を読む]

廃部危機は当然! 没落ぶりを知らない指導者はいなかったPL学園の不人気

週プレNEWS / 2014年10月22日06時00分

甲子園で春3度、夏4度の優勝。高校野球の名門、PL学園(大阪府)の野球部が、来年度の新入部員の受け入れを停止することが明らかになったのは10月10日のこと。 「春夏連続出場した2009年以来、甲子園からは遠ざかっていて、現在いる部員の内訳は3年生33人、2年生21人、1年生13人の計67人。毎年10人単位で減少しています。そして、来年度の部員受け入れゼロ決 [全文を読む]

【大阪桐蔭出身選手特集】平田良介vs.ダルビッシュ有ほか。オレたち、甲子園で戦ってました!

デイリーニュースオンライン / 2017年08月22日16時05分

日々、熱戦が繰り広げられている夏の甲子園。優勝候補筆頭として注目を集めたのは史上初となる2度目の春夏連覇を目指した大阪桐蔭高だった(3回戦で仙台育英に1対2で敗退)。同校は現在に至るまで多くのプロ野球選手を輩出。甲子園でも好結果を残してきた。 振り返ればプロ野球選手は、甲子園を目指す高校球児だった。高校時代から宿命のライバルとしてしのぎを削ってきた選手もい [全文を読む]

高校生が年賀状制作で感性を競い合う「第6回年賀状甲子園」静岡県立浜松江之島高等学校が優勝

@Press / 2014年12月17日17時30分

年賀状作成サイトを運営するアイデア工房(所在地:大阪市浪速区、代表取締役社長:田中冬木)は、インターネット上で行われた、高校生によって描かれた年賀状のデザイン性やメッセージ性を競うコンテスト「第6回年賀状甲子園」の最終結果を公開しました。また、今年1軍でも活躍した埼玉西武ライオンズのルーキー・森友哉選手を応援するというテーマで制作された「ルーキー応援年賀状 [全文を読む]

センバツ大阪2強・大阪桐蔭と履正社、それぞれの強さの秘密

NEWSポストセブン / 2017年03月15日11時00分

3月19日に開幕するセンバツ甲子園。怪物スラッガー・清宮幸太郎(早稲田実業)と並んで注目されるのが激戦区大阪から出場する大阪桐蔭と履正社だ。新刊『永遠(とわ)のPL学園 六〇年目のゲームセット』を上梓した柳川悠二氏(ノンフィクションライター)が両校の強さの秘密に迫る。 * * * 陽が沈み、ライトに照らされた大阪桐蔭グラウンドの一塁側ブルペンで、ふたりの1 [全文を読む]

甲子園制覇!大阪桐蔭・西谷監督のスターを育てる秘訣とは?

アサ芸プラス / 2014年09月09日09時57分

過去7年で3度(センバツを含めれば4度)の甲子園制覇を達成している、常勝軍団の強さの秘密に迫る──。 大阪桐蔭は昨年秋の近畿大会大阪府予選4回戦で履正社にコールド負けし、今年のセンバツ出場を逃した。しかし、その履正社に春の大阪府大会でリベンジを果たし、そのまま近畿大会を制している。そして夏を迎えた。スポーツライターの飯山満氏が語る。 「昨年の屈辱をバネにし [全文を読む]

名選手を当時の記事や写真で紹介する「高校野球100年の軌跡 打者編」発売

サイクルスタイル / 2017年07月01日14時15分

掲載選手は、豪打と俊足で甲子園を沸かせた「四国の怪童」こと中西太(高松一)、大会史上初3試合連続本塁打の「ドカベン」こと香川伸行(浪商)、5打席連続敬遠が話題となった「ゴジラ」こと松井秀喜(星稜)ら44人。大阪桐蔭からは、沢村通、平田良介、中田翔、萩原圭悟、森友哉が登場する。 A4判、44ページ。価格200円(税込)。全国の朝日新聞販売所(ASA)にて販 [全文を読む]

「高校野球100年の軌跡 打者編」を発行

PR TIMES / 2017年06月30日11時39分

豪打と俊足で甲子園を沸かせた「四国の怪童」中西太選手(高松一)、大会史上初3試合連続本塁打の「ドカベン」香川伸行選手(浪商)、5打席連続敬遠が日本中の話題となった「ゴジラ」松井秀喜選手(星稜)らが登場します。強豪・大阪桐蔭からは歴代の強打者として沢村通、平田良介、中田翔、萩原圭悟、森友哉の各選手を紹介。今年のWBCで侍ジャパンの4番を務めた筒香嘉智選手(横 [全文を読む]

【プロ野球】清宮幸太郎率いる早稲田実の4番に大阪桐蔭の主力。センバツにやってくる“スーパー新2年生”は?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月22日17時05分

しかし、近年は森友哉(西武)、吉田正尚(オリックス)など小柄なスラッガーが増えており、甲子園での大爆発があれば、さらなる高評価を得そうだ。 ■中川広渡(早稲田実・投手・右投右打) 同じく早稲田実では中川広渡も明治神宮大会で背番号1に昇格。センバツでのエースナンバーの行方はわからないが、各地域の秋季大会では全センバツ出場校で唯一の“背番号1を付けた下級生”に [全文を読む]

【プロ野球】二塁・三好匠&遊撃・茂木栄五郎…楽天の未来を担うコンビ

デイリーニュースオンライン / 2016年08月18日17時05分

九州国際大付属高では1年と3年の夏に甲子園へ出場し、2011年のドラフト3位で楽天入り。高卒5年目を迎えたプロスペクトだ。 遊撃手は茂木栄五郎(=写真右)。1994年2月14日生まれ。甲子園出場経験はないものの、桐蔭学園高から早稲田大を経て、昨秋のドラフト3位で入団。東京六大学リーグの首位打者は、プロでもパ・リーグ新人王争いの最有力候補に名乗りを挙げる活躍 [全文を読む]

【プロ野球】2年目のジンクス?西武・高橋光成が迎えた試練のとき

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日16時05分

まもなく夏の甲子園の季節が始まるが、前橋育英高の2年時に甲子園優勝投手となった高橋光にとっては縁起のいい季節だ。くしくも昨年、4勝を挙げ月間 MVPに輝いたのも8月だった。ここから始まる高橋光成の逆襲に期待したい。 文=武山智史(たけやま・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日14時00分

(文=落合初春) スマホマガジン『週刊野球太郎』 『200文字でわかる!夏の甲子園大会・49地区代表校紹介』、『名将の生き様がここに!全国49地区代表校監督名鑑』を掲載中! 甲子園大会期間中は、試合のみどころや注目選手を毎朝配信します!試合前にチェックしよう! 公式サイト/ 【関連記事】 [全文を読む]

大阪野球名門PLと大阪桐蔭 先輩・後輩の関係など諸々対照的

NEWSポストセブン / 2015年07月30日11時00分

それに2年上の先輩には平田(良介、中日=2006年卒業)がいて、甲子園で1試合3ホームランを含む通算70本塁打を打ってもいた。身近な先輩が打つのは、プロを目指す強烈な刺激になったに違いありません」(在阪スポーツ紙記者) ※週刊ポスト2015年8月7日号 [全文を読む]

元阪急・名スカウト指南 どんな口堅い人でも場が和む会話術

NEWSポストセブン / 2013年10月25日07時00分

「高校野球がまだ木製バットの時代には、甲子園大会中、居眠りをしていても、芯を捉えた音はすぐにわかった。金属バットになって芯がなくなったから、いい打者かどうか、音で判断できなくなった」 丸尾はこうこぼしていたが、酔うと「俺はどうせ人買い稼業だよ」と、自嘲気味に語っていたのを思い出す。 重たそうなバッグには、当時のスカウトの「8つ道具」が入っていた。カメラ、 [全文を読む]

フォーカス