タレント 葉月に関するニュース

「炎上タレント枠」狙い!? “元祖魔性の女”葉月里緒奈が極秘離婚で本格復帰へ

日刊サイゾー / 2017年05月18日09時00分

所属事務所が猛烈に営業をかけていたようです」(テレビ関係者) その時点で葉月は「過去の人」という扱いだったが、近年のテレビ界のトレンドは、現在・過去を問わず“お騒がせタレント”の再イジリに向かっている。 「フジテレビの『バイキング』がいい例。片っ端から炎上タレントを起用して、視聴率を稼いでいる。そう考えると“元祖魔性の女”である葉月さんは打ってつけ。これか [全文を読む]

昔の女の証明…葉月里緒奈

NewsCafe / 2017年06月04日12時38分

オイラの中年世代には『魔性の女』として有名だったの」 記者「俳優の真田広之(56)と不倫して、真田の妻で女優の手塚理美(55)と離婚させるに至り、プロ野球のイチロー(43)やお笑いタレントの岡村隆史(46)とも浮名を流したとか」 デスク「当時は大騒ぎだった。真田とは映画共演がきっかけだったんだけど、『相手に奥さんがいても平気』とか豪語しちゃうし、自信満々だ [全文を読む]

葉月里緒奈 芸能界復帰で「遠野なぎこ枠」を奪い取る!?

アサ芸プラス / 2017年05月20日17時59分

ただ、彼女のバラエティ進出で割を食うタレントも出てくるでしょう」 果たして、葉月のバラエティ進出で誰が損をするのだろうか──。「筆頭は“本音キャラ”が被る遠野なぎこさんですね。両者の共演が実現すれば、生き残りを賭けた激しいバトルも期待できそうです」 芸能界を揺るがすこと必至の電撃復帰。“魔性の女”から目が離せない。(白川健一) [全文を読む]

美人東大タレントが伝授。東大生12人中8人が正解した難問の解き方

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日16時40分

先日、TBSのクイズ番組「東大王」に出演された、メルマガ『木村美紀が明かす家庭教育の秘策』の著者で美人東大タレント・木村美紀さん。ファイナルステージに進出した現役東大生のクイズ王たちは、知識の幅広さと奥深さもさることながら、問題を誰よりもスピーディーにかつ正確に解くための「頭の使い方」が独特で、それは「東大生の思考のクセ」でもあると言及。子供から大人まで知 [全文を読む]

手塚理美、親バカの仲間入り?

NewsCafe / 2016年12月19日12時15分

親バカタレントたちの中に女優枠で仲間入りするのかと思うと心中複雑だわ」 記者「次男が芸能界デビューを実現したらまた振り返りましょう…」NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

Twitterと連動したユーザー参加型キャンペーン「ぱちスロ アベンジャーズ ヒーローチャレンジ」2017年6月5日開始!

PR TIMES / 2017年06月05日11時00分

2) 参加タレント(ヒーロー候補) 左から、倖田柚希・倉持由香・立花あんな(仮面女子)・葉月えりか・諸積ゲンズブール・松本バッチ [画像2: https://prtimes.jp/i/2581/2145/resize/d2581-2145-885786-1.jpg ] 3) 参加者プレゼント ご投票いただいた方の中から抽選で合計80名様にDMMポイントカ [全文を読む]

魔性の女、高岡早紀がセクシーすぎる! 台本読みでも「あぁ~ン!」「もっと欲しい!」と喘ぎまくり(関係者談)

tocana / 2017年05月11日09時00分

あれはズルいですよ」(週刊誌記者) 何もトリコにするのは俳優やタレントだけではない。仕事先では、裏方のスタッフまで高岡のフェロモンにヤラレてしまうんだとか。 「ヤバイのは台本の読み合わせです。彼女の役柄はセクシー系が多く、濡れ場もふんだんに盛り込まれている。通常、台本の合わせは全体のチェックが目的なので、セリフは“やっつけ”になることが多いんですが、彼女は [全文を読む]

歴代横綱たちの「心に染み入る名言集」

日刊大衆 / 2017年02月16日11時30分

日本出身力士としては、98年の三代目若乃花以来、19年ぶりの昇進とあって、「三代目若乃花で現在、タレントの花田虎上(まさる)も“初土俵から89場所、本当に長かったことでしょう。30歳での昇進となりますが、ペースは人それぞれです。前に出て攻める、力強い横綱になってほしいと思います”と祝福のコメントを送りました」(スポーツ紙記者) 昭和以降、大関在位31場所 [全文を読む]

TVでお馴染みのタレントも!ものまねライブを楽しめるレストランがオープン

TABIZINE / 2016年01月28日10時00分

タレントのコロッケさんがプロデュースしたお店です。オープニング前の発表会に参加してきたので、その様子をご紹介したいと思います! 日本最大級のエンターテイメントレストラン 東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」に直結する「コロッケ ミミックトーキョー」。鮮やかに輝くネオンがインパクトのあるエントランス。 (C)CROKET MIMIC TOKYO [全文を読む]

【第1回 「SAKURA学園」 学園祭】を開催!

DreamNews / 2015年09月24日14時00分

そして次世代のマツコ・デラックスの呼び声も高い“お悩み相談請負人”と言われる、モデルでタレントの下田美咲さんも登場し、女の子の恋愛や将来の悩みを解決してくれる「悩める女子必見!下田流恋愛談義&お悩み相談室」も開催しました。◎圧巻のダンスステージも披露!その他、学園祭ではダンスステージも披露されました。劇団どぶねずみによるシンデレラをテーマにしたフラッシュモ [全文を読む]

極小ビキニで尻相撲! 若手グラドルが活躍する深夜番組『ツボ娘』最終回に惜しむ声

メンズサイゾー / 2015年03月26日18時00分

中には小島瑠璃子(21)や佐野ひなこ(20)といった今をときめく人気タレントの名前もあり、若手グラドルの登竜門的番組として一部の視聴者から圧倒的な支持を受けていた。そんな番組の終わりはネット上でも話題となっており、「残念すぎる」「深夜の楽しみが減った」「TBSは何を考えてるんだ」などの声が寄せられている。 Iカップの爆乳からスレンダーなモデル体型など、さま [全文を読む]

不倫、自殺、泥沼…魔性の女優7人に共通する特徴とは?

ハピズム / 2013年07月05日12時40分

――恋愛コラムライターの夏目かをるが、芸能界を斬る!「魔性の女」という呼び方は、女優やタレントにとって勲章のようなものだ。男性を虜にして富や名声を手に入れるということは、自分の思いのままに生きることにつながる。まさに「女に生まれてよかった」という醍醐味そのもの。魔性の女から、男を虜にするモテテクなる共通点を探ってみると、意外なことが見えてくる。 ところであ [全文を読む]

フォーカス