韓国ドラマ ゴールデンタイムに関するニュース

WOWOW × ポニーキャニオン 「韓流キャンペーンスペシャル」

PR TIMES / 2014年04月25日14時13分

WOWOWでは5月12日より韓国スターたちにスポットを当てた「特集:韓国スターに恋する5日間」と題して、チュ・ジフン、ジェジュン、ヒョンビンら、日本でも人気の高いスターが出演する映画を特集、さらに5月14日から 韓国ドラマ「親愛なる者へ」のオンエアを開始する。 ポニーキャニオンからは「がんばれ、ミスターキム!〈完全版〉」「清潭洞〈チョンダムドン〉アリス」 [全文を読む]

秋の夜長に見たい“泣ける”最新韓国ドラマ4本

WEB女性自身 / 2013年09月18日07時00分

「しょうもないおやじキャラが多い先輩役のイ・ソンミン(44)が、驚くほどかっこいい!泣けちゃうほど、おじさまの魅力爆発です(笑)」 [全文を読む]

若手ジャニーズ勢は大惨敗、北川景子『家売るオンナ』が1位! 7月期ドラマ視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2016年09月24日16時00分

韓国ドラマ『ミセン―未生―』のリメイクという話題性はあったものの、最高が7.1%(2話)、最低は4.8%(7話)と、2ケタに上がることなく裏の『仰げば尊し』に敗北。芦田愛菜と米女優シャーロット・ケイト・フォックスがW主演した春ドラマ『OUR HOUSE』の平均4.5%を超えたことだけが唯一の救いだろう。 向井理主演で、初回6.4%の低空スタートを切った『神 [全文を読む]

ジャニーズの「演技派」枠の新星・中島裕翔、ドラマ『HOPE』で見せるハマり役

AOLニュース / 2016年08月27日12時00分

韓国ドラマ『ミセン-未生-』を原作とする『HOPE』。中島が演じる主人公の一ノ瀬歩はプロ棋士になる夢に破れ、総合商社にインターンから1年契約の社員として入社。高卒で社会経験もなく、商社に必須の英語力は皆無でコピーの取り方すらわからず、嘲笑されながら「囲碁もなくして、ここで逃げたら、何もない人間になってしまう」と奮起。ひたむきさと実直さ、囲碁で培った洞察力 [全文を読む]

ゴールデンSPでわずか6%!! 断末魔の低視聴率局・フジが『ボキャ天』復活

メンズサイゾー / 2012年10月27日07時00分

韓国ドラマや韓流アーティストを過剰に押し出したあからさまな韓国推しが災いし、いまやネット上で“最も嫌われているテレビ局”の感もあるフジテレビ。昨年8月から行われるようになったデモは現在も継続しており、最初のデモから1周年となる8月17日に行われたデモには約1,000人が参加したほか、9月には名古屋でもデモが行われた。これら一連の騒動を受けてか、昨年10月の [全文を読む]

「ひな壇は韓流タレント中心に」という構想が一変、TV界と韓流の今

サイゾーウーマン / 2012年09月16日13時00分

フジテレビは当面韓流ドラマの放送予定はないとし、またBS日テレの定例会見では赤座弘一社長が「韓国ドラマが多すぎるのではという声もある。少なすぎるという声はないので、今後、(韓流ドラマを)少なくしていく方向になると思う」と発言したことも話題になった。「しかしチャン・グンソク、KARAなど、竹島問題に関してはノーコメントを貫くアーティストも多数存在しています。 [全文を読む]

フォーカス