疫病神 破門に関するニュース

「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」累計110万部突破!直木賞受賞シリーズ最新作『喧嘩(すてごろ)』12月9日発売!ミステリ史上最凶コンビが、史上最悪のピンチを迎える!?

PR TIMES / 2016年11月25日18時01分

疫病神」シリーズ『破門』待望の初映画化&文庫化! 株式会社KADOKAWAは、累計110万部を突破した黒川博行氏の大人気「疫病神」シリーズ最新作『喧嘩(すてごろ)』を12月9日(金)に発売いたします。トピックス満載、この冬イチオシの話題作をお見逃し無く!! ★シリーズTOPICS★ 1.第151回直木三十五賞受賞『破門』待望の初映画化! 『破門 ふたりの [全文を読む]

黒川博行氏の大人気「疫病神」シリーズ最新作『喧嘩(すてごろ)』いよいよ今週9日(金)発売&大阪で刊行記念サイン会開催!

PR TIMES / 2016年12月08日09時28分

シリーズ累計110万部突破!直木賞受賞作『破門』待望の初映画化&文庫化!第151回直木三十五賞受賞作『破門』が初めて映画化されることで話題の大人気「疫病神」シリーズ。株式会社KADOKAWAは、映画公開(2017年1月28日)に先駆けて、シリーズ最新作『喧嘩(すてごろ)』を12月9日(金)に発売します。さらに、発売直後の12月11日(日)に、著者・黒川博行 [全文を読む]

北村一輝・濱田岳W主演のドラマ第2弾がクランクイン!

Smartザテレビジョン / 2015年12月21日22時27分

'16年2月放送の北村一輝、濱田岳がダブル主演するスカパー!オリジナル連続ドラマの第2弾「螻蛄(けら)(疫病神シリーズ)」が、12月某日クランクインを迎えた。 今年1月に放送したドラマ第1弾「破門(疫病神シリーズ)」が好評を博し、制作が決まった続編「螻蛄(けら)(疫病神シリーズ)」。直木賞作家・黒川博行氏のハードボイルド小説が原作の本ドラマシリーズは、主演 [全文を読む]

北村&濱田W主演作撮了に「終わって良かったw」

Smartザテレビジョン / 2016年02月10日22時22分

2月19日(金)より夜9時からBSスカパー!とスカパー!4K総合で同時放送される、北村一輝&濱田岳のダブル主演のオリジナル連続ドラマ「螻蛄(疫病神シリーズ)」の制作発表会見が2月10日に都内で行われた。 会見には、北村&濱田のほか、共演の朝海ひかる、鶴見辰吾と監督の木村ひさし氏が登壇。 前日にクランクアップを迎えたばかりで、北村は「『本当に終わってしまうん [全文を読む]

北村一輝&濱田岳の“疫病神”コンビが再び降臨!

Smartザテレビジョン / 2015年11月24日15時37分

直木賞作家・黒川博行の小説「疫病神」シリーズ第4作「螻蛄(けら)」が原作のオリジナルドラマで、北村一輝と濱田岳が再びタッグを組むことが決まった。 同ドラマ「螻蛄(疫病神シリーズ)」は、ことし1月に放送された「破門(疫病神シリーズ)」の続編で、2016年2月19日(金)からBSスカパー!で放送される。 ダブル主演の北村と濱田の大阪弁での軽妙なやり取りや、物語 [全文を読む]

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『キセキ-あの日のソビト-』

PR TIMES / 2017年01月30日18時36分

第3位は、黒川博行による“疫病神シリーズ” の『破門』を佐々木蔵之介と横山裕らで映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』に決定しました。…………………………………………………………………………………………ぴあ映画初日満足度ランキング1位『キセキ -あの日のソビト-』 92.9点2位『タンジェリン』 90.3点3位『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 89.4 [全文を読む]

直木賞受賞作『破門』の続編! ミステリ史上“最凶”と名高い「疫病神」コンビが、選挙戦の暗部に迫る!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月17日11時00分

疫病神」としか呼べないようないけ好かない男を相棒に持ったら、一体日常はどうかき乱されていくのだろう。 黒川博行の『喧嘩』(KADOKAWA)は、ヤクザを相手に大金を狙う痛快なハードボイルド小説。口だけ達者な建設コンサルタント・二宮啓之と、半年前に破門された元ヤクザ・桑原保彦の凸凹コンビが活躍する「疫病神」シリーズの最新作である。このシリーズの5作目『破門 [全文を読む]

第151回「芥川賞」は柴崎友香『春の庭』に、「直木賞」は黒川博行『破門』に決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月17日20時10分

過去に、『カウント・プラン』『疫病神』『文福茶釜』『国境』『悪果』の5作品が直木賞候補となったが、受賞ならず。今回、6回目のノミネートで初の受賞となった。 ■第151回芥川賞候補作品 戌井昭人「どろにやいと」(群像1月号) 小林エリカ「マダム・キュリーと朝食を」(すばる4月号) 柴崎友香「春の庭」(文學界6月号) 羽田圭介「メタモルフォシス」(新潮3月号) [全文を読む]

愛人役初挑戦で注目の橋本マナミ、コントでも過激な“胸揉みマッサージ“披露!

メンズサイゾー / 2016年09月02日10時00分

この作品は黒川博行氏の大人気小説「疫病神」シリーズの同名タイトルの映画化で、俳優の佐々木蔵之介(48)と関ジャニ∞の横山裕(35)がダブル主演を務める。ふたりを翻弄する詐欺師として橋爪功(74)が登場するが、その橋爪の愛人に起用されたのが橋本だ。「意外にも初となる橋本さんの愛人役には、ファンから期待の声が続出している。これまで橋本さんが愛人を演じていなかっ [全文を読む]

黒川博行、直木賞受賞は出来レース!? 選考委員半分を占める「日本推理作家協会」の存在

サイゾーウーマン / 2014年07月26日16時00分

「伊集院は、選評で『作品以外のところで評価した選者がいた』『姿勢を変えずに続けてきたことに敬意を表したい』と話しており、“友情票”“年功序列”を暗に認めています」(同) 受賞作『破門』(KADOKAWA)は、人気の『疫病神』シリーズ5作目。シリーズ途中での受賞は非常に珍しく、それも「出来レース」説に拍車をかけているようだ。しかし、なぜそもそも、選考委員に [全文を読む]

フォーカス