八咫烏 神武天皇に関するニュース

京の都に響く烏の声。最強の数字9が並ぶ日に上賀茂神社で何があるか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月10日09時00分

上賀茂神社の祭神の祖父・「賀茂建角身命」が神武天皇東征の時、巨大な八咫烏(やたがらす)となって先導を務めたことに由来します。また悪霊退治の信仰行事として相撲が結びついて烏相撲が行われるようになりました。烏相撲の神事は本殿で祭典があった後境内で刀祢(とね)と呼ばれる役が「カーカーカー」「コーコー」とカラスの鳴き真似をします。その後小学生10数名が相撲をとると [全文を読む]

「陰陽師」と「八咫烏」には深い関係があります。夢枕獏×阿部智里(3)

文春オンライン / 2017年06月10日11時00分

晴明と八咫烏の関係とは 夢枕 阿部さんは、「八咫烏シリーズ」以外も書いてるんですか? 阿部 いずれ他のものも出したいと、打合せをしているところです。去年まで修士論文で忙しかったので。 夢枕 そうか、まだ大学にいらっしゃるんでしたね。ご専門は? 阿部 東洋史です。 夢枕 「八咫烏シリーズ」はファンタジーですが、日本神話や平安文化を下敷きにしていますよね。特 [全文を読む]

サッカー関係者が拝む神社 今やラグビー、ゴルフ選手も来る

NEWSポストセブン / 2016年01月05日07時00分

日本サッカー協会関係者がここを訪れるのは、協会のシンボルマークに描かれている「八咫烏」と呼ばれる三本足のカラスが信仰の対象になっているからだ。 八咫烏には、神武天皇の東征に際し軍隊を熊野から大和に道案内したという伝説がある。そのため太陽の化身とも導きの鳥ともいわれ、熊野三山では信仰の対象になっている。 ※週刊ポスト2016年1月15・22日号 [全文を読む]

サッカー日本代表のエンブレムは熊野本大社宮の神紋・八咫烏

NEWSポストセブン / 2014年05月12日07時00分

「三本足の烏」は、熊野本大社宮の神紋で、太陽の化身といわれる八咫烏(やたがらす)。神武天皇を大和まで導いたとされ、輝く未来へ導いて欲しいとの願いが込められている。 家紋が由来の身近なデザインといえば、世界のトップブランド、ルイ・ヴィトンを象徴する柄「モノグラム」も、実は日本の家紋がヒントになって誕生した。1867年のパリ万国博覧会で起きたジャポニズムの影響 [全文を読む]

カラスは人間に仕返しなんてしない!? ほんとはかわいいカラスの生態

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月25日06時30分

そして、日本では3本の足をもつ八咫烏が神武天皇の東征を導いた。昔から神聖な鳥として認識されると同時に、学習能力が高いためにずる賢く狡猾なイメージもある。 そんなカラスに無尽蔵の愛情を注ぐ人がいる。東京大学総合研究博物館に勤務し、カラスの行動と進化を研究する松原始氏だ。「カラスに燃え、カラスに萌えるカラス馬鹿一代」と称する彼は、そのカラス愛を惜しげもなく詰め [全文を読む]

『日本書紀』のエピソードを映像化したPR映像「奈良まほろまん」全11話、公開開始!

DreamNews / 2016年03月08日16時30分

第1篇では、後の神武天皇が天照大神のお告げによって現れた八咫烏(やたからす)に導かれ、天下を治めるまでの神秘的なエピソードを美しい現在の奈良の風景とともにたどります。 また、相撲の発祥といわれた力自慢2人による対決のエピソードが面白い第3編や、仏教伝来の瞬間に様々な葛藤が入り乱れたエピソードを描いた第6篇、後に大化の改新へとつづく乙巳の変を描く第8編では [全文を読む]

『日本書紀』のエピソードを映像化!奈良の魅力を楽しむPR映像「奈良まほろまん」が公開!

PR TIMES / 2016年03月07日15時31分

第1篇では、後の神武天皇が天照大神のお告げによって現れた八咫烏(やたからす)に導かれ、天下を治めるまでの神秘的なエピソードを美しい現在の奈良の風景とともにたどります。また、相撲の発祥といわれた力自慢2人による対決のエピソードが面白い第3編や、仏教伝来の瞬間に様々な葛藤が入り乱れたエピソードを描いた第6篇、後に大化の改新へとつづく乙巳の変を描く第8編では、 [全文を読む]

フォーカス