屋台 中洲に関するニュース

6/3日(土)『屋台屋 博多劇場 赤羽店』オープン!!「日本一のおもてなしプロデュース集団」を目指す一家ダイニングプロジェクト

PR TIMES / 2017年05月29日12時00分

“九州博多の屋台村”をコンセプトにした居酒屋「屋台屋 博多劇場」25店舗目外食事業とブライダル事業を手掛けるおもてなしプロデュース集団、株式会社一家ダイニングプロジェクト (本社:東京都港区、代表取締役社長:武長太郎)は、“九州博多の屋台村”をコンセプトにした「屋台屋 博多劇場」の25店舗目となる『屋台屋 博多劇場 赤羽店』を、2017年6月3日(土)16 [全文を読む]

台湾の凄まじいイケメン AARON(炎亞綸)のPV撮影に密着してきた!

しらべぇ / 2015年09月16日08時00分

最後に、中洲川沿いの屋台を歩くAARONを撮影して1日目が終わります。写真は、屋台を歩くAARONと21時前に撮影に合流したTAKUYAさん。以上が密着レポートになります。強行日程で福岡にやってきたAARONが、早朝からの撮影にも疲れを見せず終始笑顔だったことが印象にのこった撮影でした。9月16日に発売したGelato(ジェラート)のCDにはYouTube [全文を読む]

新幹線に乗らなくてもOK!東京で食べられるご当地ラーメンベスト3!

しらべぇ / 2014年10月18日09時00分

その本場長浜ラーメンが味わえるのがここ、「博多長浜屋台 やまちゃん 銀座店」だ。 本店は中洲や天神にあり、そこはカルビ焼きや旬の魚、ホルモン料理などが食べられる居酒屋。残念ながらここ銀座では料理は食べられないが、ラーメンは本店とほぼ同じものを食べることができる。東京にもとんこつラーメンは数あれど、ここのスープのコクは絶品。薄く張った脂の膜の下に眠る熱々のス [全文を読む]

4/25「日本一のおもてなしプロデュース集団」を目指す一家ダイニングプロジェクト『博多劇場 六本木店』OPEN

PR TIMES / 2017年04月18日14時30分

“九州博多の屋台村”をコンセプトにした居酒屋「博多劇場」24店舗目外食事業とブライダル事業を手掛けるおもてなしプロデュース集団、株式会社一家ダイニングプロジェクト(本社:東京都港区、代表取締役:武長太郎、以下当社)は、“九州博多の屋台村”をコンセプトにした「博多劇場」の24店舗目となる『博多劇場 六本木店』を、2017年4月25日(火)16時、港区六本木の [全文を読む]

博多の屋台 独のグルメ誌編集長も「ファンタスティック!」

NEWSポストセブン / 2016年01月14日07時00分

福岡市内には、中洲や天神を中心に150前後の屋台が軒を連ねている。全国的に屋台が姿を消していく中、その文化が根強く残る博多の屋台へ、至福のグルメ紀行! ここでは一度は行ってみたい3店を紹介しよう。 ◆「めんたい玉子焼き」発祥の店 「雲仙」(天神) 博多屋台の定番「めんたい玉子焼き」発祥店。店主はフランス料理の修業経験あり。「手作りギョーザ」(460円)はド [全文を読む]

博多祇園山笠を見た後に食べたい福岡のラーメン5選

Walkerplus / 2015年06月25日20時07分

屋台源流の豚骨ラーメンはコクがあり、飲んだ後でもサラリといけるライトさがいい。麺の細さも福岡随一。王道の博多ラーメンを食べたい方はココへ!」(上村) ■ 長浜ナンバーワン 天神店 昭和46年以降、福岡のラーメンシーンを牽引し続ける名店。屋台からお店をスタートさせ、今もなお長浜で営業をし続け、系列店とともに伝統の味を守り続けている。コクのあるスープにネギとチ [全文を読む]

200名様限定!季節限定しぼりたての日本酒飲み歩きイベント「しぼりたて祭り八丁堀2015」初開催!

DreamNews / 2015年02月20日12時00分

■参加蔵元森民酒造本家(宮城)/天鷹酒造(栃木)/釜屋(埼玉)/三輪酒造(岐阜)/三宅本店(広島)■参加飲食店九楽々(くらら)/ 居酒屋 ひろ坊/うら八/九州中洲焼肉屋台/よっくん家/STANDING BAR 円山※九州中洲焼肉屋台では、料理の提供はございません。 ■当日の流れ12時半より受付と同時にスタートします。受付にて配布物(試飲カップ・参加証・マッ [全文を読む]

【バリうまか~!】何を食べるか迷ったらタクシーの運ちゃんに聞け!天神おすすめ屋台の「小金ちゃん」に行ってみた。

秒刊SUNDAY / 2016年08月28日10時57分

福岡の屋台といったら中洲が有名ですが、天神も負けてはおりません。街中に溶け込むように点在している屋台のどれを訪れようか悩みますよね。困った時に頼りになるのがの地元を知り尽くしたタクシーの運転手さん。おすすめの屋台を聞いたところ、「小金ちゃん」に絶対行くべきだと指南を受けました。超有名店なので、行列覚悟で行ってきました。 オープン直後なのに、すでに行列ができ [全文を読む]

鍵はスマホ!近未来の生活を体験できるホステルに行ってみた!

&GP / 2016年08月20日18時30分

川を挟んだ対岸には、博多名物の屋台や歓楽街が密集している「中洲」があります。 川端商店街のアーケード通りに面した、ガラス張りのダイニングラウンジが目印。1階はダイニングラウンジとフロントがあり、宿泊部屋は2階と3階です。 1階のフロントでチェックイン。ルームキーの代わりに専用のアプリケーションをインストールしたスマートフォンが手渡されます。 一般的に売られ [全文を読む]

屋台発の人気ラーメン「長浜ナンバーワン」が安くて激ウマ

しらべぇ / 2016年02月11日06時00分

■名物の「屋台」に変化も中洲の川沿いに並ぶ屋台はラーメンの他、鉄鍋餃子や明太子入りの卵焼きなどが供される、博多の名物。地元にも観光客にも長らく愛されてきたが、2013年9月から出店を規制する「福岡市屋台基本条例」が施行。この規制、博多ラーメンの発祥エリアである長浜も例外ではない。しかしそんな規制の中、屋台から店舗に舞台を移して進化するラーメン店もある。■昭 [全文を読む]

酒場詩人・吉田類が博多へ 「いい屋台の見分け方」を伝授

NEWSポストセブン / 2016年01月07日07時00分

酒場詩人として知られる吉田類氏は、「屋台こそ福岡・博多を訪れる何よりの楽しみです」と話す。 「旅人にとって、屋台ほどその街の風情を味わえるものはありません。知らない土地の居酒屋の暖簾をくぐるにはそれなりの勇気がいるものですが、屋台ならそのハードルは限りなく低くなる。酒や料理が旨いのもさることながら、隣に座った客との距離が近いのもいい。地元客との出会い、そし [全文を読む]

ややこしい福岡と博多の使い分け タモリはセクト主義指摘

NEWSポストセブン / 2016年10月23日07時00分

中洲の屋台があり、山笠が行なわれる博多地区に対し、百貨店やビルが立ち並ぶ天神を中心とするのが福岡地区で、生粋の博多っ子からすると、「福岡と一緒にするな」となる。 福岡地区出身のタモリは「いちばんセクト主義なのは博多グループ」「いまだに、山笠やってる人がもう、とにかくいちばん頂点」(糸井重里とのネット対談より)と、博多っ子の選民意識を指摘したことがある。 博 [全文を読む]

米倉涼子が食の都・福岡へ!電子雑誌「旅色」2016年7月号を公開

@Press / 2016年06月27日10時00分

ミシュラン掲載店で贅沢ディナーをしたり、中洲の屋台に行ったり。いま注目の糸島エリアでは、波佐見焼のセレクトショップやオーガニックショップなど、おしゃれなお店を巡ります。■ エリアフィーチャー / 初夏の「萩」 しっとり和を味わう旅http://tabiiro.jp/book/monthly/201607/#!8毛利家の城下町として栄え、いまも当時整備された [全文を読む]

【LINE交換】旅行中に連絡先交換経験アリの人は3割!ほっこりエピソードも

しらべぇ / 2015年11月23日12時00分

中洲の屋台で語り合ったんですが、趣味を共有できることが楽しくて楽しくて。連絡先を交換して情報共有を続けるうちに、今では毎月全国に遠征する立派なオタクになりました」(40代男性・大阪府)「人とのふれあい」も、日常的なものになるほど面倒な部分が出がち。旅先という非日常の場だからこそ、「人のぬくもり」を感じることができるのかもしれない。■あえて交換しなかった人も [全文を読む]

"福岡"の第一印象は…「おいしいものの街」過半数

NewsCafe / 2014年06月21日12時00分

[女性/10代/学生]■だいふぁん![女性/10代/主婦]そして6位以下は【中洲の屋台(4.9%)】【博多弁(2.7%)】【太宰府天満宮(2.7%)】【博多美人(1.9%)】という結果に。4割超の票を集めての断トツ1位は、福岡土産の定番「明太子」。2位は豚骨スープに細麺、ネギ、ゴマ、紅ショウガが特徴の「博多ラーメン」。その他にも「選択肢にモツ鍋がない!」「 [全文を読む]

博多華丸・大吉が絶賛する博多の新グルメ「焼きラーメン」

ぐるなび / 2014年01月06日20時10分

博多の中心地・中洲にある屋台「KENZO・Cafe」では、オリジナルの「焼きラーメン」が人気を集めている。製法はまさに“焼きラーメン”で、まずはみそベースの秘伝ソースで野菜や豚肉を甘辛く炒め、博多ラーメン用の細めんをサッと湯にくぐらせた後、具材とめんを豪快に炒める。仕上げに加えられる隠し味は、豚骨のみを8時間炊きあげた超濃厚な豚骨スープ。バターをひいた熱々 [全文を読む]

戦後居酒屋年表 トリス発売からマッコリブームまでを振り返る

NEWSポストセブン / 2012年06月20日16時00分

ハイボールブームが巻き起こる 1948年:ホッピー誕生(各地に「立ち飲み」「角打ち」が復活) 1949年:酒類販売自由化で各地に飲み屋街が登場(福岡・中洲の屋台街、新宿ゴールデン街) 1955年ごろ:歌声喫茶ブーム(歓楽街には「流し」があふれていた) 1965年ごろ:第一次地酒ブーム(「越乃寒梅」が幻の銘酒として有名に) 1971年:洋酒輸入自由化(「ジョ [全文を読む]

フォーカス