フェリー 五島列島に関するニュース

日本遺産に認定された、国境に浮かぶ日本の島々が美しすぎる

TABIZINE / 2016年03月31日11時30分

(C) ながさき旅ネット 島内にある大きな2つの漁港からは釜山にフェリーで渡れるようになっており、その所要時間は島北部にある比田勝港からほんの70分。韓国人観光客の姿やハングルで書かれた看板などを見ても分かるように、現在においても韓国との交流の拠点になっているのですね。 島の南北には国道が走っています。福岡などからフェリーで到着したら、レンタカーを借りて [全文を読む]

祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つの魅力

TABIZINE / 2016年09月23日12時00分

長崎港や博多港からフェリーや高速船もあります。もちろん各島間のアクセスも充実。九州を訪れた時は風光明媚な自然美や、日本のキリスト教の歴史を今に伝える教会群を巡る旅をしてみてはいかがでしょうか? [五島市観光協会] [Photo by Shutterstock.com] ■あわせて読みたい 【長崎】涙がでるほど美味しい。五島の食材をふんだんに使った島ごはん [全文を読む]

五島の地域産業活性化を目指し地元食材を使ったメニューをスタート! 一頭買い「五島豚フェア」11月1日(火)より開催

PR TIMES / 2016年10月21日19時14分

【『九州熱中屋』の「五島豚」フェア概要】[画像1: http://prtimes.jp/i/7303/434/resize/d7303-434-615344-9.jpg ]http://www.diamond-dining.jp/news/necchuya_gotobutafair20161021/<「五島豚」フェア開催経緯>[画像2: http://pr [全文を読む]

地方創生を推進する自治体公認居酒屋「五島人(ごとうじん)」が今年、4店舗目となる『五島人 西新宿店』を5月23日(火)グランドオープン!

PR TIMES / 2017年05月16日18時35分

五島の魅力をもっと多くの人たちに伝えるため、五島の魅力を詰め込んだ料理をご提供し、東京から五島を愛するより多くの「五島人」が生まれるように五島の食を、食を通して五島の文化を発信していきます【「五島」とは】[画像4: https://prtimes.jp/i/7303/545/resize/d7303-545-835577-13.jpg ]長崎からフェリー[全文を読む]

長崎港沖100kmにある離島「五島」のごちそう食材を味わう"五島市公認 あご出汁しゃぶしゃぶ・炉端焼『五島人(ごとうじん) 浜松町店』"2017年 3月 2日(木)オープン!

PR TIMES / 2017年02月24日13時33分

五島の魅力をもっと多くの人たちに伝えるため、五島の魅力を詰め込んだ料理をご提供し東京から五島が好きな「五島人」がたくさん生まれるように五島の食を、食を通して五島の文化を発信していきます【店舗情報】□店名:五島市公認 アゴ出汁しゃぶしゃぶ・炉端焼 五島人 浜松町店(ごとうしこうにん あごだししゃぶしゃぶ・ろばたやき ごとうじん はままつちょうてん)□住所:〒 [全文を読む]

長崎・五島列島の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅【2】

Walkerplus / 2017年02月09日13時51分

長崎県内からは航空機、ジェットフォイル、フェリー、高速船で行くことができる。前回は、潜伏キリシタン関連遺産について紹介したが、今回はまだまだその他の魅力のある「五島列島」を紹介する。 五島列島へ行ったら楽しんでもらいたいことは、たくさんある。海に囲まれた五島列島では、美しい海や自然を楽しむことができる。まず新上五島町、中通島では、海水から塩を生成していると [全文を読む]

長崎・五島列島の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅【1】

Walkerplus / 2017年02月09日13時51分

長崎県内からは航空機、ジェットフォイル、フェリー、高速船で行くことができる。江戸時代のキリスト教禁教政策により、ここは多くのキリシタンが隠れ住んだ地として知られており、1873年の禁教令廃止後、次々と島内に教会堂が建てられた。信徒の信仰心によって建てられた教会堂は、美しい自然の中に建っているものが多い。そして五島出身で大工棟梁・建築家である鉄川与助が、多く [全文を読む]

長崎港沖100kmにある離島「五島」のごちそう食材を味わう五島市公認居酒屋 あご出汁しゃぶしゃぶ・炉端焼『五島人(ごとうじん)』2月10日(金)オープン

PR TIMES / 2017年02月06日19時55分

[画像1: https://prtimes.jp/i/7303/489/resize/d7303-489-532864-25.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/7303/489/resize/d7303-489-793839-24.jpg ][画像3: https://prtimes.jp/i/7303/489/resize/ [全文を読む]

好評につき、今年も”解禁”オイルヌーヴォー数量限定発売

PR TIMES / 2015年11月24日16時24分

搾油後専用のフェリーや車で出荷、工場で1週間かけて丁寧に精製し、高品質なピュアオイルに仕上げました。そして、ここからは先端技術を駆使し、超高速ラインで製品化、12月中旬に発売し、店頭に並びます。高い品質へのこだわり、時間と手間を惜しまない手技と先端技術の融合により、製品化が実現しています。 [全文を読む]

[島キャン|島おこしイターシップ]初トライ企画・2ヶ月限定「島キャンカケロマカフェ」に島内外より1524名が来店!(加計呂麻島・観光客満足度向上プロジェクト実施報告)

@Press / 2016年10月12日13時15分

また、加計呂麻島へ奄美大島から来島する方への宣伝のため、作成した集客用チラシやリーフレットを、フェリーや奄美大島のホテルに設置いただく交渉なども島キャン生が発案し、実施いたしました。 また、宣伝活動の他、島キャン生が新メニューを考案。島の食材であるフレッシュマンゴーや白玉と黒蜜のかき氷、塩バニラアイス、パッションフルーツのフローズンスムージー、トロピカルド [全文を読む]

瀬戸内海に浮かぶアートの島で普通の民家に泊まる“民泊”を体験

太田出版ケトルニュース / 2013年07月23日10時03分

香川県高松港からフェリーに約50分揺られ、豊島の家浦港につくと、さっそく民泊先のお母さんが出迎えてくれる。この島は、民宿ではなく普通の家に泊まる“民泊”が目玉。今現在、民泊できる家は9軒で、漁師さんやそうめん工場、養鶏場など、バラエティ豊かなお宅が、島を訪れた人を迎えてくれる。 民泊が行われるようになったのは、「3年前に瀬戸内国際芸術祭が始まって、観光客 [全文を読む]

三島由紀夫 周囲4kmの小島の生活に感激し名作『潮騒』を書き上げた

太田出版ケトルニュース / 2013年07月01日11時39分

* * * 伊勢神宮の近く、三重県鳥羽市からフェリーで約40分のところに、神島と呼ばれる小さな離島があります。神島という名前だけあって、昔は神に支配されていたと信じられていたのだとか。三島由紀夫がここを訪れた際、川端康成に「ここには本当の生活というものがある」と書いた手紙を送り、『潮騒』を書き上げました。 神島は、島の周囲が4kmという小さな島で、徒歩で [全文を読む]

“ファンタジーすぎる”と話題の青ヶ島 交通アクセス難易度は特A級

太田出版ケトルニュース / 2013年06月24日12時00分

青ヶ島に行きたい人は、まず八丈島までフェリー(乗船時間14時間)か飛行機(飛行時間50分)で向かいますが、問題はそこからです。 八丈島から青ヶ島に行く方法は2つ。ひとつは、八丈島から定期運航している旅客船「還住丸」を使う船ルートですが、小型船なので、波が高かったり天気が悪かったりすると、すぐ欠航します。その就航率はおよそ4割! そしてもうひとつは「東京愛ら [全文を読む]

隠岐諸島の中ノ島 島留学アピールで島内の高校がクラス増の快挙

太田出版ケトルニュース / 2013年06月17日10時51分

黒光りする瓦屋根が印象的な港から隠岐に向かう「フェリーくにが」は9時半(夏期)に出航します。冬は海が時化て欠航することも多いそうですが、初夏の船旅は快適そのもの。約3時間の船旅を経て、2階建ての船着き場が見えてきました。 よく観光地に行くと「歓迎○○」といった看板を見かけますが、この島にはそんなモノはありません。なにしろ、この島のキャッチフレーズは「ないも [全文を読む]

フォーカス