孫文 蒋介石に関するニュース

「国父」孫文の継承者争う中台=習指導部「一つの中国」の切り札に、「中華民国が客観的に存在」と台湾

Record China / 2016年11月20日05時30分

2016年11月18日、中国で王朝体制に終止符を打った「辛亥革命」の指導者・孫文。民族の英雄として中国でも台湾でも「国父」ともたたえられる。孫文の生誕150年に当たり、中国共産党の習近平総書記(国家主席)が台湾の独立を許さない「一つの中国」の切り札に使えば、台湾は「中華民国が客観的に存在」と主張、継承者の座を争っている。 清朝時代に広東省の農家に生まれて医 [全文を読む]

台湾の蒋介石総統の妻・宋美齢氏の米旧居 1000万ドルで売却

NEWSポストセブン / 2015年09月12日07時00分

蒋介石、孫文、孔祥熙の妻となった宋ファミリーの3姉妹の記憶もすでに風化しつつあるようだ。台湾各紙が報じた。 宋ファミリーの3姉妹とは、財閥で国民政府財政部長(閣僚)を務めた孔祥熙の夫人の宋靄齢と、孫文夫人で二女の宋慶齢、それに三女の宋美齢。このなかでも、宋美齢は蒋介石夫人として、国民党政権時代やその後の台湾政治にも強い発言力を有した。 しかし、1975年に [全文を読む]

孫文や蒋介石を女体化!? 台湾人も“未来に生きてた“台湾同人誌即売会「ファンシーフロンティア25」レポ

おたぽる / 2015年02月09日21時00分

今回、取材班が向かったのは、1月31日と2月1日の二日間にわたって、台湾は台北市で開催された同国最大の同人誌即売会「ファンシーフロンティア25」(通称、FF25)。このイベント、近年では日本からのサークルと一般、さらに企業参加者も増えているという。海外で開催される同人誌即売会の中では、日本人にとって最も近しいものといえるだろう。 スケジュールの都合から、取 [全文を読む]

西安事件の張学良 蒋介石ら国民党が共産党に負けた理由語る

NEWSポストセブン / 2015年01月12日07時00分

これに比べて、国民党は孫文が提唱した三民主義(民族主義,民権主義,民生主義)を党の指導理念としたが、党の指導者が各自、自身の利益を優先し、共産主義のように信仰の部分にまで高めることができなかったと分析。 最高指導者の蒋介石自身も利己主義的な傾向が強く、有用な人材を登用せず、蒋介石に媚びる人々を重用した結果、国民党軍内で厭世的な気風が蔓延して、汚職がはびこ [全文を読む]

孫文、蒋介石、毛沢東…「親日中国」指導者の罪を暴く『日本を翻弄した中国人 中国に騙された日本人』「教養としての中国」と「現実の中国」2つの中国に振り回された20世紀日本人の悲劇!

DreamNews / 2014年08月12日10時00分

このことは孫文から胡錦濤までまったく共通している。戦略に過ぎないために、選択肢からはずれたときに、中国はごく容易に反日主義に転化し、中国が他に依存した国と日本の対立が生じる」というのが筆者の主張です。日本では、教養として漢文が重要に扱われ、『三国志』の物語が支持されるなど「教養としての中国」にロマンを抱く傾向があります。しかしながら、「現実の中国」はそれと [全文を読む]

台湾で銅像の首斬り事件が多発、日本人の銅像も被害、歴史保存呼び掛ける声―台湾メディア

Record China / 2017年04月26日17時30分

孫文氏や蒋介石氏の銅像が台湾独立派によって破壊されたほか、台湾の農業水利事業に大きな貢献をした日本人技師・八田與一氏の銅像も破壊された。中時電子報が伝えた。 銅像を破壊する行為が相次いでいることに、テレビなどにも出演している台湾の観光ガイド・林龍(リン・ロン)さんは、自身のフェイスブックを通じて、先人が残してくれたものを破壊せず、後世につないでいくべきだと [全文を読む]

フォーカス