旅行 対馬に関するニュース

リコール運動が発生…舛添都知事の親韓国路線が地方の過疎化を救う!?

デイリーニュースオンライン / 2015年02月17日15時50分

これにより韓国から対馬への渡航にビザが必要なくなったので手軽な外国旅行として韓国人から人気が出たのです。韓国人観光客はあっという間に10万人を突破し、過疎化の進む対馬にとって大きな経済効果を生んでいます。韓国人観光客なしでは、対馬島民は生きていけません」(対馬市市議会議員) 対馬の中心市街地である厳原を歩けば、そこかしこで韓国人観光客を目撃できる。ネットで [全文を読む]

中国人「猛烈買い」の実態を探る

JIJICO / 2015年03月21日09時00分

店内の通路は買い物袋を手にしたアジア系旅行者でごった返し、圧巻なのは購入した商品を入れるキャリーバッグが品薄になるほど売れていたことです。一人当たり100万円を超える買い物をした中国人観光客もざらだといいます。 観光庁が発表した2014年の訪日外国人消費動向調査(速報)によると、訪日外国人旅行者数は前年比29.4%増の1341万人。国別に見れば、台湾282 [全文を読む]

ボーダーツーリズム(国境観光) 「稚内・サハリンの旅」第2弾として宮澤賢治の足跡をたどる旅(8月31日発)/2つの国境を越える旅(9月9日発)実施

@Press / 2015年08月05日11時00分

■ボーダーツーリズムとは?ボーダーツーリズムは、国境に接した境界地域を“砦”ではなく“交流拠点”と考え、境界地域ならではの体験を楽しもうという旅行スタイルです。国同士が陸続きに繋がり、目に見える国境が存在する大陸では一般的な旅行スタイルとして定着していますが、四方を海に囲まれたわが国では、これまで旅行商品化されることはほとんどありませんでした。境界地域であ [全文を読む]

韓国人教授、竹島領有を示す日本のポスターに対抗しパロディー版制作=韓国ネット「韓国人はやられてばかり」「政府に対抗して一教授、おかしいだろ」

Record China / 2016年10月25日21時20分

今年の夏に東京を旅行した複数の韓国人から、メールやSNSを通じて情報提供があったという。 このポスターは、内閣官房領土・主権対策企画調整室が作成したもの。「知っていますか 日本のカタチ」とのコピーと共に日本列島の地図が記され、竹島や北方領土、尖閣諸島は写真でクローズアップされている。徐教授は企画調整室に直接問い合わせ、このポスターが「16年7月1日から9月 [全文を読む]

【プレゼント】俺スロアプリをダウンロードしてマカオ旅行でブラックジャックだ!

DreamNews / 2015年11月20日12時00分

遊技機メーカー・ネット株式会社(本社:大阪市 代表取締役:国本幸司)は、パチスロ新機種「スーパーブラックジャック2」の全国導入に合わせて、パチスロ⇔スマートフォン連動サービス「俺のスロット」にて、マカオ旅行や2016年のカレンダーが当たるプレゼントキャンペーンを11/16から開始しました。ご応募は無料アプリ「俺のスロット」をダウンロードしてからお願いいたし [全文を読む]

稚内~サハリン、国境地域を訪ねる希少旅

Walkerplus / 2015年08月15日18時00分

ボーダーツーリズムは、国境に接した境界地域を交流拠点と考え、境界地域ならではの体験を楽しもうという旅行スタイルだ。国同士が陸続きに繋がり、目に見える国境が存在する大陸では、一般的な旅行スタイルとして定着している。しかし四方を海に囲まれた日本では、これまで旅行商品化されることはほとんどなかったと言う。 国内観光と海外旅行をセットにした新しいツアーのかたちと [全文を読む]

韓国人旅行者の中国離れが顕著に、代わりに日本がますます人気=「中国は日本の代わりになり得ない」「行くならアジア最先進国の日本」―韓国ネット

Record China / 2017年06月01日09時00分

2017年5月30日、韓国・聯合ニュースなどによると、海外への韓国人旅行者の爆発的な増加に支えられ、韓国旅行業界が過去最高の好況に沸いたことが分かった。 韓国旅行大手「モドゥツアー」によると、今年3〜5月の海外旅行者数のうち、中国への旅行者数は前年同期に比べ42%も減少した。また昨年は海外旅行者のうち32.6%が中国に出掛けていたが、今年はその割合が15. [全文を読む]

シンデレラブレイド3発表記念!ニコニコ超会議2017で超おしり相撲と超のど自慢を奉納!

DreamNews / 2017年04月20日11時30分

・本大会で優勝された方には、1000万ドン(VND)相当の旅行券と記念品を贈呈させて頂きます。また、大会参加者全員に記念品を進呈させていただきます。◆熊酒場2丁目店奉納記念大会!超のど自慢 前回好評につき、のど自慢大会を今年もやります! お一人さま1曲、ワンコーラス程度をステージで歌って頂きます。 審査は音楽プロデューサーをはじめとする審査員が決勝進出者を [全文を読む]

楽天トラベル、訪日旅行(インバウンド)に人気の小規模宿ランキングを発表

PR TIMES / 2016年09月20日10時47分

古民家、離れの温泉宿、宿坊など日本ならではの宿泊体験ができる宿がランクイン旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( http://travel.rakuten.co.jp/ )は、訪日旅行(インバウンド)に人気の小規模宿ランキングを発表しました。総部屋数10室以下の宿を対象に外国語サイト経由の宿泊人泊数(宿泊のべ人数)実績をもとに算出した結果、1位は香川県の「 [全文を読む]

エースJTB&JTBクルーズ 国内旅行とクルーズ旅行人気を反映し「飛鳥II」で楽しむ2種類の「日本一周クルーズ」を発売

PR TIMES / 2015年07月29日14時23分

「飛鳥IIで航く 春彩の日本一周クルーズ10日間」「飛鳥II 2016年日本一周グランドクルーズ33日間」JTBグループの株式会社JTB国内旅行企画(東京都品川区、代表取締役社長:大谷恭久)が企画・実施する「エースJTB」と、株式会社JTB首都圏(東京都品川区、代表取締役社長:生田亨)が企画・実施する「JTBクルーズ」では、日本最大の客船「飛鳥II」での「 [全文を読む]

「飛鳥II」が2016年日本一周グランドクルーズ発表

Walkerplus / 2015年07月21日07時00分

夢のクルーズ旅行を実現したい。【東京ウォーカー】 [全文を読む]

楽天トラベル、「2015年夏 人気急上昇離島ランキング」を発表

PR TIMES / 2015年07月10日18時24分

- 伊良部大橋開通の伊良部島、ロケット打ち上げの種子島が上位にランクイン!‐ 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、旅行予約サイト「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )の宿泊実績を元に、「2015年夏 人気急上昇離島ランキング」を発表いたしましたのでお知らせします。日本には6,8 [全文を読む]

韓国、中国人観光客の大暴れ多発が社会問題化…飲食店に酒持ち込み無銭飲食、殺傷&暴行多発

Business Journal / 2016年12月10日06時00分

背景には中国人旅行者のリゾート志向、中国との縁が深い歴史なども指摘されるが、最大の要因は02年から済州島に限ってノービザで滞在できるようになったことだ。 わずか数年のうちに、年単位で島民の4倍近い中国人観光客が押し寄せるようになった済州島。それだけに地元は深刻なトラブルも抱えている。犯罪行為で摘発される中国人は、11年の58人から15年には260人に急増。 [全文を読む]

冬将軍到来 29日頃まで居座る

tenki.jp / 2015年12月26日14時01分

ちょうど帰省や旅行に重なる時期です。気象情報・交通情報をこまめにチェックしましょう。予想天気図北陸 大気の状態不安定26日夜は、北陸中心に大気の状態が不安定。発雷確率高いです!この雷のあと、強い寒気が流れ込むため、北陸も雨から次第に雪へ変わる見込みです。 【雪雲が発達する可能性大!】 日本海の海水温が平年より2度くらい高いところに、上空には強い寒気が入るた [全文を読む]

日本三大パワースポットの1つ!能登半島の先端にある「珠洲岬」

TABIZINE / 2015年09月27日13時00分

能登旅行の際には要チェックのエリアです。 世界中から宿泊客を呼び寄せる「ランプの宿」も珠洲岬にはある (C) ランプの宿 能登半島の先端には温泉(葭ヶ浦温泉)があると言いましたが、同地には海外からも観光客を呼び寄せるほどの有名な「ランプの宿」があります。 葭が浦温泉は450年以上も前から続く能登先端の秘湯として名高いですが、その温泉地にはランプの照明が幻想 [全文を読む]

韓国から密入国可能性の内閣府職員 妻と会うためとの指摘も

NEWSポストセブン / 2014年02月11日07時00分

ただ、気になるのは、彼が参加しようとしていたソウルのセミナーは、韓国や日本の研究者が中心の学会で、レベルも高いものではなく、わざわざ旅行して出るようなものではないんです。なぜそんなセミナーに行ったんでしょう」 その疑問が、「アリバイ作り」疑惑につながってくる。だが、仮に彼が韓国入りをアリバイにして日本へ「密入国」しようとしたとして、何が目的だったのだろう [全文を読む]

「グレートジャーニー」の関野 吉晴新刊「インカの村に生きる」発売のお知らせ

@Press / 2012年10月29日09時30分

児童向け書籍の制作、販売を行っている株式会社ほるぷ出版(本社:東京都千代田区、代表取締役:平井 清隆)は、探検家 関野 吉晴が人類の足跡を追った冒険旅行「グレートジャーニー」を題材に、小中学生向け書籍シリーズ第一弾として、「インカの村に生きる」を11月1日から発売します。「インカの村に生きる」では、南米ペルーの山奥にある小さな村の生活を、迫力ある写真ととも [全文を読む]

「不正受給者」に支払う生活保護はねぇ(2)

アサ芸プラス / 2012年08月01日10時57分

中には旅行などのレジャー、まぁ、これは個人でためたお金だからいいとして、ギャンブルや酒、タバコに費やす人がいることです。こういったものは、自分で稼いでからやるべきです。少なくとも、現物支給にしたら、直接こういった浪費はできなくなります」 が、例えば暴力団関係者など、クーポンを買い取って転売するブローカーが現れる可能性もある。 「そうまでして生活必需品をお金 [全文を読む]

フォーカス