プロ野球 松井稼頭央に関するニュース

【プロ野球】《里崎智也のプロ野球語り呑み》「神走塁」鈴木尚広が認める「神の足」は誰?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月10日17時05分

そんな稀代の「走塁のスペシャリスト」をゲストに招いたトークイベント『里崎智也のプロ野球語り呑み』が、プロ野球開幕直前の3月28日、東京・渋谷にある「東京カルチャーカルチャー」で行われた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「当たり前のことを当たり前にやる」凄味 里崎智也(元ロッテ)が部長を務めるオンラインコミュニティ「乾 [全文を読む]

【プロ野球】現役の通算本塁打1位は誰!? 意外と知らない主要部門・通算成績“現役”トップ(野手編)

デイリーニュースオンライン / 2016年09月06日17時05分

数多あるプロ野球のデータだが、歴代トップ選手の名前をすぐに答えられるファンは多いだろう。 しかし、これが現役選手に限定されるとどうだろうか。 「NPBで一番多くの安打を放っている現役選手は?」 「NPBで一番多くの本塁打を放っている現役選手は?」 自信を持って答えられるという人は少なくなるのではないだろうか……? 筆者も正直に白状すれば、断言できないひと [全文を読む]

【プロ野球】西武へ入団した謎多き外国人投手フィリペ・ポーリーノとは?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月11日17時06分

さらに122キロの体重は、投手としては日本プロ野球史上最重量でもある。 MLBでの経歴を紹介すると、2007年にヒューストン・アストロズでデビュー後、コロラド・ロッキーズ、カンザスシティ・ロイヤルズ、シカゴホワイトソックスに計6シーズン在籍。アストロズ時代には松井稼頭央(楽天)とチームメートだった。 MLBでの成績は以下の通り。 97試合/13勝34敗/4 [全文を読む]

チーム牽引するSB柳田悠岐 球史を振り返っても桁違いの活躍

NEWSポストセブン / 2015年08月21日16時00分

入団5年目の若鷹、柳田はプロ野球始まって以来の偉業に挑んでいるのだ。 トリプルスリーは三冠王よりも難しいといわれている。あの長嶋茂雄でもデビューの1958年に本塁打29本で記録達成を逃したきり、その後はチャンスがなかった。 過去の達成者には秋山幸二(西武)、金本知憲(広島)ら走攻守三拍子揃った名プレーヤーが名を連ねる。柳田はその仲間入りをしようとしているわ [全文を読む]

槙原寛己が今シーズン注目の大久保博元 楽天新監督と禁断の生放送対談!

@Press / 2015年01月08日17時00分

楽天・大久保新監督が数々の非難を浴びせてきたメディアやファンへの本音を激白!? 「もう最下位とは言わせない!」デーブ楽天の逆襲が始まる! スマートフォンアプリ「部活DO!」(http://bukatsu.hikaritv.net)内の「闘魂こめて!プロ野球部」で部長を務める槙原寛己氏と、かつてのチームメートであり、気心の知れた後輩でもある楽天・大久保博元 [全文を読む]

ソフトB・松本裕や西武・誠、楽天・松井稼らが抹消 27日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年08月27日17時15分

<8月27日の公示情報> ※再登録=9月6日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 21 和田 毅/投手 =抹消= 66 松本裕樹/投手 ■ 埼玉西武ライオンズ -登録- 28 藤原亮平/投手 45 本田圭佑/投手 =抹消= 41 誠 /投手 61 田代将太郎/外野手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 21 釜田佳直/投手 =抹消= 7 [全文を読む]

【プロ野球】好調・広島をイジられながら支える新井貴浩。球界6番目の年長選手は通算記録9部門で首位を走る!?

デイリーニュースオンライン / 2017年08月11日16時05分

(成績は8月8日現在) 文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】経験をフィードバック! 川崎宗則(ソフトバンク)で思い出すNPBに復帰した日本人メジャーリーガー

デイリーニュースオンライン / 2017年05月11日16時05分

文=武山智史(たけやま・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

プロ野球でも大成した人物がいた。1人が中村紀洋(元近鉄ほか)。そしてもう1人が松井稼頭央(楽天)。2000本安打を達成した2人のレジェンドだ。 中村は当時11歳(小学6年生)。左翼席からこのバックスクリーン3連発を目撃した。この試合をきっかけに「ホームラン」に大きな憧れを抱くようになり、大阪府立渋谷高校では、2年生にしてチームの4番打者として活躍。府立校な [全文を読む]



【プロ野球】盗塁王の本当の価値。ヤクルト・山田哲人の「トリプルスリー」だけじゃない歴史的偉業

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日17時05分

2016年のプロ野球を「記録」で振り返る際、歴史的偉業として球史に輝くのがヤクルト・山田哲人の史上初となる2年連続トリプルスリーだろう。 打率.304はリーグ6位。本塁打38本はリーグ2位。そして30盗塁はリーグ1位だった。その打棒に注目が集まるばかりに、本来もっと評価されてもいい「2年連続盗塁王」の話題が少なくなってしまうのが山田哲人のすごいところだ。 [全文を読む]

松井稼頭央 目標は「あと351本の日米通算3000安打」

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

プロ野球界では昨年、ベテラン選手が数多くユニフォームを脱いだ。山本昌(50)、斎藤隆(46)、谷繁元信(45)、西口文也(43)、和田一浩(43)、小笠原道大(42)……。今季プロ23年目、すでに2000安打も達成した東北楽天ゴールデンイーグルスの松井稼頭央(40)も、野手ではロッテの井口資仁(41)に次ぐ2番目の年長選手となった。松井本人が語る。「みなさ [全文を読む]

【プロ野球】打撃技術と反比例?”平成の盗塁”はなぜ劣ったのか

デイリーニュースオンライン / 2016年02月27日17時00分

野球の華といわれるホームランを筆頭に、豪速球投手の三振ショーや、安打製造機のテクニカルなヒット、守備の名手の鮮やかなフィールディングなど、プロ野球の見どころは数多い。 もちろん盗塁もその一つだ。足のあるランナーが出塁すると一塁から目が離せなくなる。投手の牽制や間合いをくぐり抜けて二塁を陥れる走者のスタートもまた、野球の見どころであるはずだ。 そんな「スピー [全文を読む]

楽天イーグルス・ファンクラブデー限定「大熱狂!!プロ野球カード」リアルカード、3日間合計で先着45,000名様にプレゼント 6月29日(金)、30日(土)、7月1日(日)の3日間、Kスタ宮城にて実施

PR TIMES / 2012年06月08日17時56分

株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:川方 慎介:以下「グループス」)は、東北楽天ゴールデンイーグルス(以下「楽天イーグルス」)のファンクラブデーにて、弊社が提供している人気ソーシャルゲーム「大熱狂!!プロ野球カード」内にてご利用いただける楽天イーグルスの人気選手6名の特別限定リアルカードを、イベント期間中の3日間合計で先着45,000名 [全文を読む]

【西武】ライオンズのおしゃべり王はアレックス・カブレラだった

文春オンライン / 2017年07月25日11時00分

アマチュア野球では選手が整列して挨拶を交わし「さぁ始まるぞ!」の気分が高まりますが、プロ野球では監督が代表して行うこのセレモニーを考案した関係者に拍手を送りたいと思います。 試合前の練習中、お互いに挨拶を交わす場面をよく見かけます。高校や大学、社会人の先輩後輩や同期生、以前のチームメートなど関係は様々ですが、名鑑で知る以外の関係は本人に確かめないと分かりま [全文を読む]

【プロ野球】一生懸命ゆえに笑いと奇跡を起こす新井貴浩(広島)。オールスターゲームでぜひやってほしい6つのこと

デイリーニュースオンライン / 2017年07月14日16時05分

文=井上智博(いのうえ・ともひろ) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】源田壮亮(西武)に京田陽太(中日)。遊撃が熱い今、新人で遊撃レギュラーを奪った名手の系譜を見る

デイリーニュースオンライン / 2017年06月29日16時05分

文=武山智史(たけやま・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】ヒーローは最後にやってくる!? 頑張れ“ラスト侍”田中広輔! WBC・過去の秘密兵器を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日17時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

フォーカス