小笠原諸島 西之島に関するニュース

巨大地震・富士山噴火の前兆だった!? 合体した小笠原の新島・西之島に、学者・予言者が警告

tocana / 2014年01月05日17時30分

11月20日に小笠原諸島・西之島の近くに海底火山噴火によって出現した新島の話題を。この新島はその後も成長を続け、海上保安庁の発表によると、12月26日にこの新島が西之島とつながったことを確認したという。 今ネット上では、この新島の合体後の姿が、「スヌーピーにそっくり!」だとして話題になっているが、今回紹介するのは、大災害に関わるシビアな内容だ。 火山噴火の [全文を読む]

西之島(小笠原諸島) 噴火警報

tenki.jp / 2017年04月20日17時29分

20日午後2時過ぎに、小笠原諸島にある西之島で噴火が発生。噴火警報が発表されました。20日午後2時過ぎに西之島において噴火が確認されました。また、19日夜から気象衛星ひまわりにより、西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が確認されています。 このため、火山予報(活火山であることに留意)から火口周辺警報(入山危険)に引き上げられました。 西之島では今後も噴火 [全文を読む]

小笠原に“新島”出現! 今後も火山噴火連発で日本の領海が急拡大する?

週プレNEWS / 2013年12月05日10時00分

東京から南に約1000km、小笠原諸島の西之島の南南東約500mの海上に“新島”が出現したのは11月20日のこと。以降、新島は“成長”を続け、直径約200m、標高約25mという大きさにまでなっている(11月24日時点)。 海底にある火山が噴火し、その噴火口から大量の溶岩が半島状に突き出す形で海面に流れ込み、新しい溶岩島ができたのだ。 西之島近海で海底火山の [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(2)活発化する太平洋プレート

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時56分

木村氏は、伊豆・小笠原諸島近辺で地震の空白域が危ないと予測。小笠原といえば、小笠原諸島の一つ、西之島の巨大化が進んでいる。そもそも西之島の火山活動が始まったのは1974年。小笠原諸島付近は、太平洋プレートがフィリピン海プレートに潜り込む境界付近に当たる。 木村氏は、 「西之島の火山活動は巨大地震の前兆現象」 と見ていると言い、こう続ける。 「地震が発生す [全文を読む]

【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも“不穏な兆候”に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!

tocana / 2017年05月24日13時00分

このところ、伊豆・小笠原諸島で不穏な兆候が現れている。まず、3月24日に伊豆諸島のベヨネース列岩という岩礁群で海面に変色が見られ、海底火山の噴火警報が出された。そして4月20日には、西之島新島が1年5カ月ぶりに再度噴火した。ここで心配になってくるのは、同じ東日本火山帯に位置する日本最大の活火山、富士山の噴火だ。今回は、富士山が近く活動を開始する可能性につい [全文を読む]

中国PM2.5、西之島沖地震…“備えあれば憂いなし”日本を取り巻く自然災害を予測

アサ芸プラス / 2016年01月20日01時55分

実は代わって、伊豆・小笠原諸島の西之島を震源とするM9クラスの巨大地震が起きるのではないか。それが私の仮説です」 不気味な論を展開するのは、海洋地質学者で琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏だ。海底噴火によってできた西之島は今も噴火中で、島は拡大し続けている。 木村名誉教授は東日本大震災に次ぐ巨大地震が発生する場所として、独自の「地震の目」理論を駆使して、伊豆 [全文を読む]

【悲報】「世界で最も危険な火山」1位に日本の火山が選出される!! 近未来、「カルデラ噴火」で日本壊滅か!?

tocana / 2015年12月02日08時00分

小笠原諸島の南端近くに位置し、島の南西端には摺鉢山(すりばちやま)がそびえている。気象庁の噴火警戒レベルは運用されていないが、2012年以降「火口周辺警報(火口周辺危険)」が継続している。『VOLCANO CAFÉ』を見ると、硫黄島でもっとも問題視されているのは、マグマによる隆起が4年に1mという世界でも珍しいペースを保っている点だ。第二次大戦中の米軍上陸 [全文を読む]

地震前に「ネズミ」のツイート数が増加!? 小笠原巨大地震に関する予測・前兆まとめ

tocana / 2015年06月04日10時00分

5月30日20時40分頃、小笠原諸島西方沖を震源とするM8.1の地震が発生し、小笠原諸島の母島などで最大震度5強を記録した。気象庁による当初の発表はM8.5で、M7.8とするUSGS(米国地質研究所)の発表とはかなり差があったが、気象庁は31日に規模をM8.1に、震源の深さも発表当初の約590kmから682kmに修正した。 日本は大きな地震が多発する世界有 [全文を読む]

西之島新島拡大で、2017年までにスーパー巨大地震? 東京オリンピックは絶望的か!?

tocana / 2014年06月30日09時00分

昨年11月20日16時20分頃に、小笠原諸島の海底火山の噴火により突如出現した西之島新島は、その後、さらに面積を拡大しついに西之島と合体。それでも海底火山の活動はおさまらず、現在では東京ドーム18個分、東京ディズニーランドの約1.5倍の80万平方メートルにまで達した。 この新島の拡大が、大地震や火山噴火(富士山)を誘発する可能性があることを懸念する有識者か [全文を読む]

日本にスヌーピー島が小笠原諸島に誕生。ネットで話題

FASHION HEADLINE / 2013年12月27日16時35分

小笠原諸島に新たにできた島が西之島とつながったことで「スヌーピー」に見えるとツイッター上で話題となっている。 海上保安庁が12月26日に西之島付近の新島の溶岩流が西之島南岸に到達し、両島が一体となったことを発表。公開された上空写真がスヌーピーに酷似しているとインターネット上で話題になり、様々な報道機関が写真・動画を公開している。 NHKニュースのツイートは [全文を読む]

2016年は富士山噴火の年として歴史に記憶されるのか

週プレNEWS / 2015年12月17日06時00分

また、小笠原諸島の西側にある西之島で2年前から噴火が始まりましたが、このマグマ噴出が一向に収まらないのは、フィリピン海プレート内部の圧力が非常に高まっている証拠で、これは伊豆・小笠原諸島の海底でマグニチュード9クラスの地震が発生しないと解消されないでしょう。 この地震が起きた場合、本土に伝わる地震の揺れは震度5強程度ですが、怖いのは津波です。おそらく波高 [全文を読む]

首都圏が揺れる理由「関東地方は免震・耐震機能がない四重の塔」

週プレNEWS / 2014年05月19日11時00分

「昨年、突如として噴火が始まり、面積が急拡大した小笠原諸島の西之島にも最大級の警戒を向ける必要があります。この西之島火山活動と足並みをそろえて、小笠原海域での海底地震活動も確実に勢いを増し、近々にM8~9級の巨大地震が起きる危険性が高いのです。 日本列島に影響を及ぼす海底地震といえば、東海・東南海・南海地方のトラフ型地震ばかりが取り沙汰されてきましたが、 [全文を読む]

米・有名予言者 ジョセフ・ティテル「2013年の予言」を検証!

tocana / 2014年01月06日16時00分

日本でも11月20日に小笠原諸島・西之島付近で新島が出現し、12月26日に西之島と合体したが、これは火山噴火によるもので、予言に該当するものではないかもしれない。 [全文を読む]

小笠原諸島に新島出現! 「領土獲得万歳」の一方で、杞憂も...中韓の領土問題がネタに

AOLニュース / 2013年11月22日13時00分

海上保安庁は20日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)付近の海で噴火が起き、新たな陸地の出現を確認したと発表。今後も噴火が続く可能性があるとして、周辺を航行する船などに注意を呼び掛けている。 画像:FNNより このニュースに対してネット上では 「日本国万歳!!! 新しい領土獲得万歳!!!」 「また領土が増えちゃったw」 など新しい島の誕生を喜ぶ声が多数起 [全文を読む]

【緊急警告】5月13日に九州北部でM7の大地震発生か!? 過去80年の蓄積データで判明、「ファティマの予言」や「18の法則」とも合致、これは超ヤバい事態!

tocana / 2017年05月10日11時00分

さらに4~5月にかけては、西之島新島(小笠原諸島)の噴火や桜島の噴火などの火山活動も目立つようになった。これらの状況を踏まえ、高橋氏は次のような警告を発しているのだ。「火山の状況と経験則を鑑みれば、福岡北部で地震があってもおかしくありません。連休明けの5月13日前後が要警戒です」(日刊ゲンダイ、同上)■過去の巨大地震発生パターンに合致 念のため、実際に日本 [全文を読む]

「東海・東南海・南海トラフ型」巨大地震を誘発する兆候が…浜岡原発は大丈夫か?

週プレNEWS / 2016年04月14日06時00分

「今回の三重南東沖の海底地震は、実は東へ300km以上も離れた伊豆~小笠原諸島の地震・火山活動と深く関係しています。フィリピン海プレートの東側で強まっている太平洋プレートの圧力の影響が、フィリピン海プレート西側のユーラシアプレートとの境界面にまで及んできたと考えられるのです。 従って東海・東南海・南海トラフ型地震だけでなく、伊豆~小笠原海域を震源とする巨 [全文を読む]

約50年前に突然できた島が、世界遺産になっている理由って?

マイナビ進学U17 / 2015年12月14日12時02分

日本では小笠原諸島の西之島が有名ですね。アイスランドにある無人島・スルツェイ島も同様で、3年以上続いた海底火山の爆発によってできました。その面積は2.8平方km。かなり小さな島です。■無人島なのに、自然と生物が住みつきはじめた!?スルツェイ島は、1963年にはじめて爆発して以降、島へは発見者と一部の科学者しか出入りが許されていません。その理由は、海底火山噴 [全文を読む]

箱根群発地震は4月から観測史上に例のない5千回超! 太平洋の底に異変が起きている

週プレNEWS / 2015年06月15日06時00分

また、2013年11月に小笠原諸島で始まった西之島新島のストロンボリ式噴火も一向に衰えを見せず、最近では西側約10kmの海底でも新しい噴火が始まったようだ。 さらにいえば、この1、2ヵ月間に火山活動が強まったのは日本列島だけではない。 太平洋地域全体に視線を向けると、南米チリのカルブコ火山(4月22日)、エクアドル領ガラパゴス諸島のウォルフ火山(5月25日 [全文を読む]

日光白根山、三原山、富士山、草津白根山 注意必要との警告

NEWSポストセブン / 2014年10月15日07時00分

「海底火山の噴火によって島の面積が広がったことが話題になった小笠原諸島の西之島も含め、太平洋側から本州の下に沈み込むフィリピン海プレートではとくに火山活動が活発化しています」(島村氏) ※週刊ポスト2014年10月24日号 [全文を読む]

小笠原“新島”出現と太陽活動の意外な関係

週プレNEWS / 2013年12月03日10時00分

これと同様に、地下の活断層の間にある水分や、火山のマグマの成分が宇宙線にさらされることで気化し、膨張することで、地震や噴火が発生しやすくなることは十分に考えられます」 11月20日、小笠原諸島・西之島付近で海底火山が噴火し、海上に突如として“新島”が出現した。これも太陽活動の不活発化と関係があるのかもしれない。 ■週刊プレイボーイ50号「太陽活動弱体化→『 [全文を読む]

フォーカス