俳優 白竜に関するニュース

北野映画では電気ドリルで頭蓋骨を貫通

アサ芸プラス / 2012年10月24日10時54分

そこでは、常に冷静に演出していた北野監督とは別人の俳優としての顔が見られたという。 「たけしさん、バイオレンスシーンの本番になったらマジになりますよ。俺の髪の毛をつかみながら、口の中にピストルをねじ込むという壮絶なリンチなんですけど、本番終わったら、ごっそり毛が抜けてましたからね(笑)。カメラが回っている時は、俺も気を張ってたから、痛くも何ともなかったけ [全文を読む]

白竜「北野監督の俺への演出は23年前と同じ」

アサ芸プラス / 2012年10月25日10時54分

そこに俺がどう絡んでいるのかは、劇場で見てもらうしかないですね」 「アウトレイジ」シリーズには、北野組の常連俳優は一切登場しない。これは監督の方針だということなのだが、過去3作品の北野映画に出演している白竜だけは例外ということか。 役者にとって北野映画に出ることは何よりの名誉。前作「アウトレイジ」で“死亡”した椎名桔平は「双子がいたということで、どうにか使 [全文を読む]

北野監督、芝居の指導は「棒読みっぽくやってみて」

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時54分

逆にベテランの俳優さんは、声を張って演技するんで、北野監督に、『もっと(声量を)落として、落として』とかなり直されてましたね」 白竜演じる殺し屋・清弘の初登場は、当時はまだ無名俳優だった遠藤憲一演じる麻薬の売人をメッタ刺しするシーンだった。 「あの日は雨でね。雨が当たらないようにビニールシートを張って撮影したんです。セリフはアフレコになりました。普通の映画 [全文を読む]

白竜×小沢仁志、初の共著『顔で語るか、背中で語るか。』11月18日発売!

PR TIMES / 2016年11月18日11時04分

俳優だけでなく、ミュージシャンとしても精力的にライブ活動を行う白竜、Vシネマ作品だけでなく、バラエティ番組にも進出し意気盛んな小沢仁志。“異端″なふたりが送る“異色″の人生処世術。 【著者プロフィール】 ●白竜 1952年10月3日、佐賀県生まれ。学生時代から音楽活動を続け、78年に「白竜バンド」を結成。翌年、『アリランの唄』でデビューし、プロミュージシャ [全文を読む]

【イベントレポ】ジュンス(JYJ)率いる「FC MEN」激闘の末3度目の勝利! ドゥジュン&ギグァン(BEAST)も大活躍

Wow!Korea / 2015年09月22日22時36分

この日のジュンス率いる「FC MEN」メンバーには、「BEAST」ユン・ドゥジュンとイ・ギグァン、「大国男児」のカラム、俳優のイ・シガン、ヒョヌ、そしてマネジャーとして「CRAYON POP」のソユルも加入し日韓でも活躍する人気芸能人たちが集結した。一方、日本チーム「Love Me JAPAN」団長のLove Me Do(占い師)は、3連続で負けるわけには [全文を読む]

地獄級のバイオレンス!?アウトレイジなヤクザの“悪人面”をまとめてみた

Movie Walker / 2017年05月01日12時00分

芸能界切っての人気俳優となった彼がスクリーンで見せる曲者ぶりは要チェックだ。 シリーズに継続して出演する俳優陣もさらに強力な“悪人面”を引っさげてスクリーンに帰還。このシリーズの主人公としてダークヒーローっぷりを発揮するビートたけしはもちろん、『アウトレイジ ビヨンド』(12)からの参戦となる西田敏行も“おしゃべり系コワモテ”としてドスの効いた関西弁でまく [全文を読む]

V.I(BIGBANG)、日本映画「HiGH&LOW THE MOVIE」&ドラマ「HiGH&LOW Season2」に出演決定

Wow!Korea / 2016年04月22日13時18分

「EXILE TRIBE」をはじめ、超豪華俳優陣が出演しており、プロジェクトの注目度は非常に高い。そんなビッグプロジェクトに参加するということで、V.I当人も「出演が決まったときはEXILEの皆さんと共演できるのが本当に楽しみで、“たまらんかった”という感じでした」と喜びを語った。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】諸星和己“スターオーラ”健在! 小沢仁志の“迫力”に負けぬほど。

TechinsightJapan / 2015年12月24日13時25分

俳優の小沢仁志が、Instagramで元光GENJIメンバーらとのツーショットを披露した。特に諸星和己は衰えぬ“スターオーラ”で、小沢の“威圧感”に負けていない。 小沢仁志は仕事で共演した芸能人と一緒に撮った写真を、頻繁に『小沢仁志 ozawa_hitoshi Instagram』で公開している。本田博太郎や白竜など渋い役者仲間から芸人やタレントまで、人脈 [全文を読む]

フォーカス