松尾芭蕉 おくのほそ道に関するニュース

ARで伊達政宗や松尾芭蕉と一緒に記念撮影、政宗の兜をARで着用できる松島歴史トリップアプリ「松島ダテナビ」が大きくバージョンアップ

@Press / 2016年12月07日13時00分

【伊達政宗や松尾芭蕉など、松島ゆかりの偉人がARで出現!】 瑞巌寺や五大堂など、松島町内のそれぞれゆかりの地点にARで伊達政宗、北条時頼、坂上田村麻呂、松尾芭蕉・曾良が出現します。一緒に記念撮影をすることができます。 【おくのほそ道をたどれる!】 マップ上に“おくのほそ道”の松島町内ルートが表示されます。そしてルート上のいくつかの地点では“おくのほそ道” [全文を読む]

今、ひそかなブーム!? 「おくのほそ道」を歩いて、俳句の魅力に迫る!

マイナビ進学U17 / 2016年08月04日12時01分

そこで、俳句の祖・松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』の足跡をたどることからスタートし、俳句の魅力と面白さに迫ってみました。■松尾芭蕉は、出羽路(山形県)で、10を超える句を詠んだ!俳句の祖・松尾芭蕉が、600里(約2,500キロ)161日間にわたる『おくのほそ道』の旅に出るために江戸を出発したのは、1689年。今から327年も前のことです。山形県は当時「出羽 [全文を読む]

「脳を鍛える大人のドリル」シリーズ創刊10周年 & 新刊刊行のお知らせ

PR TIMES / 2013年10月01日16時23分

商 品 名 : 川島隆太教授の 脳を鍛える大人のおくのほそ道ドリル『芭蕉紀行文・俳句』読み書き60日(ISBN:978-4-7743-2180-6) 対 象 : 一般 体 裁 : B5判発 売 日 : 2013年10月2日 価 格 : 1,050円 (税込)内 容 : 松尾芭蕉『おくのほそ道』をはじめとする紀行文の音読と、見写し書きで構成。リズミカルな文章 [全文を読む]

今日は何の日 5月16日は「旅の日」/INSIGHT NOW! 編集部

INSIGHT NOW! / 2016年05月16日06時50分

日付は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」に旅立った5月16日(陰暦元禄2年3月27日)にちなんでいます。「おくのほそ道」を旅したとき、松尾芭蕉は40代半ばでした。30代半ばでようやく俳諧を職業とするようになった芭蕉は、40歳で「野ざらし紀行」の旅に出てから、「旅に病んで」大阪の地で亡くなるまでの約10年間、多くの旅をしました。その旅程が時に、あまりにも強行軍であ [全文を読む]

“326“も参戦! この冬、「真おくのほそ道キャンディー」の『シンオクシール』が熱くなる予感!

おたぽる / 2014年11月17日20時30分

江戸時代の俳人・松尾芭蕉が著した紀行文『おくのほそ道』をベースに、登場人物や名跡などをキャラクター化するという一風変わった世界観と、80年代に「ガムラツイスト」「ラーメンばあ」(クラシエフーズ)を手掛けた"スタジオメルファン"が、シールのデザインを手掛けるということで注目を集めたシンオクシールだが、その後も、コレクターの意見やアイデアを柔軟に取り入れ商品 [全文を読む]

『ガムラツイスト』から幾年...シール菓子『真おくのほそ道』発売! 地元・東北とシール愛に満ちた誕生秘話インタビュー!!

おたぽる / 2014年03月29日12時00分

彼はかねてより、地元東北地方にゆかりのある江戸時代の俳人・松尾芭蕉を題材に何か面白いことができないかと考えていたそうだ。その思いは、2011年に東北地方を中心に大きな被害をもたらした東日本大震災をきっかけに、より強くなったという。「東北をからめた食品を何か発売できないか。そこに隠密説、忍者説、スパイ説など諸説ある松尾芭蕉を題材にしたおまけシールをつけてみた [全文を読む]

ビジュアル系演歌歌手 最上川司 故郷の東北へ想い込めたカバーアルバム発売

dwango.jp news / 2015年11月25日20時46分

江戸時代、元禄の俳人松尾芭蕉が執筆した東北・北陸の紀行作品「おくのほそ道」へのオマージュである。 昭和の時代から愛され培われた数多くの名曲が存在する北海道、東北地方のご当地ソングをセレクトし、ビジュアル系バンドのドラマーでもある最上川風にアレンジした、故郷東北愛溢れるアルバムである。 収録曲は、『北国の春』『みちのくひとり旅』『南部蝉しぐれ』など東北を代表 [全文を読む]

V系演歌 最上川司が東北の名曲をカヴァー

dwango.jp news / 2015年09月29日00時15分

江戸時代、元禄の俳人松尾芭蕉が執筆した東北・北陸の紀行作品「おくのほそ道」へのオマージュである。 昭和の時代から愛され培われた数多くの名曲が存在する北海道、東北地方のご当地ソングをセレクトし、ビジュアル系バンドのドラマーでもある最上川風にアレンジした、故郷東北愛溢れるアルバムである。収録曲は、『北国の春』『みちのくひとり旅』『南部蝉しぐれ』など東北を代表す [全文を読む]

コレクター向けおまけシールはどう生き残る!? 『真おくのほそ道』はいかにして全国のファンに応えるのか

おたぽる / 2015年06月27日20時00分

中でも『真おくのほそ道』シールは、江戸時代の俳人・松尾芭蕉が著した紀行文「おくのほそ道」を題材に、人間や神様、魔物などがバトルを繰り広げるというキャッチーな内容もさることながら、コンスタントに企画を起ち上げ、ユーザーを飽きさせない商品展開をしていることから、じわじわとファンを増やしつつある注目株である。 そんな『真おくのほそ道』シールの第2弾が、6月28 [全文を読む]

芭蕉の詠む句が、新たな戦いの幕開けを告げる! おまけシール付き菓子「真おくのほそ道しょうゆキャンデー」発売決定!

DreamNews / 2014年09月29日12時00分

●風味豊かな大人の味わい・しょうゆキャンデー付き松尾芭蕉の立ち寄ったという宮城県登米市にある、創業180年の老舗・海老喜商店の醤油を使ったしょうゆキャンデーがついてきます。風味豊かな醤油の味と、上品な甘さが後を引きます。 ●アマゾンマーケットプレイス、Yahoo!ショッピングを通じてのBOX販売本商品は、現在アマゾンマーケットプレイス、Yahoo!ショッ [全文を読む]

台湾の学者が「平家物語」の中国語版刊行、古き友人との約束果たす―中国メディア

Record China / 2017年04月17日15時30分

著作には「日本における中国文学」があり、吉川幸次郎の「元雑劇研究」や「宋詩概説 中国詩人選」、「元明詩概説 中国詩人選」、松尾芭蕉の「おくのほそ道」などを翻訳した経験を持つ。特筆すべきは、鄭氏が著名な作家、翻訳家の林文月氏と同じ年に台湾大学中国語学部に入学した点だ。1972年の秋、京都で国際ペン大会が開催され、鄭氏と林氏は、それぞれ米国と台湾から足を運んだ [全文を読む]

アーティストたち、民ともにまちの魅力を掘り起こしていく都市型アート・プロジェクト

NeoL / 2017年02月20日10時58分

「往来往来」の舞台は、遠い昔、松尾芭蕉が居を構え、隅田川を上って 「おくのほそ道」の旅へと出発した地でもある。この旅で彼が達した「不易流行」という境地−変わらない本質的なものと、時代によって革新されていくものとが結びつくこと−は、川と運河に囲まれてゆるやかに変化し続けてきたこのまちが、時代を超えて培ってきた精神を言い当てているように思える。古いものと新し [全文を読む]

いい歳なのに貯金がない……江戸の偉人から学ぶ「貯める体質」になる秘訣

ウートピ / 2016年11月08日21時45分

松尾芭蕉は「あの人は金持ちだが志は卑しくない」と言ったものです(『おくのほそ道』)。これは南北朝時代の『徒然草』の“昔より、賢き人の富めるはまれなり”を踏まえているのですが、要するに「金持ちはバカで卑しい」という考えです。とくに芭蕉の活躍した元禄時代は貨幣経済が発達し、拝金主義が横行しました。芭蕉はそれに反発し、質素な旅や住まいを心がけたのです。 西鶴「金 [全文を読む]

水戸光圀 実は助さん格さんより大柄だった可能性も

NEWSポストセブン / 2016年07月21日16時00分

また並外れた酒豪の食道楽で、明国からの亡命者に教わり、ラーメンや餃子も堪能していたそうです」(篠田氏) 『おくのほそ道』で知られる俳人・松尾芭蕉。全行程約600里(約2400km)を歩いた健脚だが、実際は華奢だったという。 「肖像画の上腕骨などから計算して161cm、47kgとかなり痩せ気味です。弟子たちも『背は高からず低からず』と書いています」(同上) [全文を読む]

見田村千晴、メジャー後初のシングル「わたくしどもが夢の跡」を3月18日にリリース

okmusic UP's / 2015年01月19日17時00分

松尾芭蕉の「おくのほそ道」の一節から引用されたひと癖あるタイトルも何とも彼女らしい。彼女の魅力はキレイゴトだけではなく人間の弱さや醜さに向き合い書かれた独特な歌詞の世界観であり、人間臭さや泥臭さを包み隠さず表現するその魅力が凝縮されたシングルとなった。 北参道ストロボカフェで行なわれたライブは昼夜2回公演で、昼は完全生音の弾き語りライブ、夜は事前にファンか [全文を読む]

スピッツ企画「ロックのほそ道」にSuperfly、秦 基博、サンボマスターら出演

リッスンジャパン / 2012年06月18日12時00分

スピッツ - アーティスト情報かつて松尾芭蕉がみちのくを旅し数々の名句を残し歩いた“おくのほそ道”にちなみ、2010年から東北を巡ることを目指し開催されてきた「ロックのほそ道」。発表されたラインナップは、両公演に出演するスピッツのほか、8月15日(水)郡山公演にサンボマスター、Superfly、SPECIAL OTHERS、8月17日(金)仙台公演にKRE [全文を読む]

フォーカス