俳人 松尾芭蕉に関するニュース

【シゴトを知ろう】俳人 編

マイナビ進学U17 / 2017年01月16日12時01分

俳句を作る人のことを「俳人」と呼びます。しかし、現代における俳人は、俳句を詠むことだけを仕事にしているわけではないそうです。この記事では、俳人の小澤實(おざわ・みのる)先生に、お仕事内容や魅力について伺いました。■俳人として、毎日行っている仕事は「選句」Q1. 仕事概要を教えて下さい 僕が俳人として、毎日行っている仕事が「選句」です。新聞各紙に載せるための [全文を読む]

英語のプロが、目からウロコの発音矯正法を伝授『ENGLISH JOURNAL』2016年8月号、7月6日発売

PR TIMES / 2016年07月05日10時00分

●スティーヴン・ギル(俳人、翻訳家) 10代の頃に、英訳された俳句に触れて日本に興味を持ったと語るスティーヴン・ギル。イギリス出身の彼は、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で日本語と日本文学を学んだ後に来日し、現在は京都に居を構えて、俳人、大学講師、放送作家など、多岐にわたる分野で活躍しています。松尾芭蕉と与謝蕪村の魅力や、英語で俳句を作り、また、英語に俳 [全文を読む]

「台北友町」イベント第二弾!俳句を詠んで台北行き航空券を当てよう 9月は2つの展覧会に出展。地元発信の台北旅行情報をお届け

PR TIMES / 2015年09月18日13時16分

松尾芭蕉は有名な「俳人」。ぜひ台北友町のサイトで紹介された旅行情報をお題に俳句を作り、投稿してください。フェイスブックの「いいね!」を最も多く獲得した作品の応募者に東京―台北往復航空券をプレゼントします。奮ってご応募ください!そのほか台北市の記念グッズも用意しているので、ぜひ俳句作りを通して台北の新しい魅力を発見してみてください。詳しくは台北友町の公式サイ [全文を読む]

同い年の天才絵師の生誕300年をお祝い 伊藤若冲と与謝蕪村の展覧会

太田出版ケトルニュース / 2015年03月18日09時47分

伊藤若冲は彩り豊かな花鳥図や動物を描いた水墨画を得意とし、一方、山水画や俳画を得意とした与謝蕪村は俳人としても知られ、松尾芭蕉、小林一茶と並んで、江戸時代の三大俳人の1人として数えられている。 同展は、江戸期を代表する絵師の生誕300年を記念し、2人の代表作品や同時代の作品を紹介するもの。会場には、模写や放浪に励んだ20~30代から、画風を確立した40~5 [全文を読む]

松尾芭蕉「奥の細道」に倣えば、五月病が解消される?

太田出版ケトルニュース / 2014年05月16日09時01分

タイミングよく、5月16日は「旅の日」と定められており、これはかの有名な俳人・松尾芭蕉が『奥の細道』へと旅立った日に由来するそうだ。『奥の細道』といえば、芭蕉が約5カ月間という長旅の道中で残した俳句を集めた作品集。その中で、芭蕉は旅の道中いくつかの温泉地に足を運んだとつづっている。 その一つが石川県の山中温泉だ。現代でも名湯として知られる山中に立ち寄った [全文を読む]

『ガムラツイスト』から幾年...シール菓子『真おくのほそ道』発売! 地元・東北とシール愛に満ちた誕生秘話インタビュー!!

おたぽる / 2014年03月29日12時00分

彼はかねてより、地元東北地方にゆかりのある江戸時代の俳人・松尾芭蕉を題材に何か面白いことができないかと考えていたそうだ。その思いは、2011年に東北地方を中心に大きな被害をもたらした東日本大震災をきっかけに、より強くなったという。「東北をからめた食品を何か発売できないか。そこに隠密説、忍者説、スパイ説など諸説ある松尾芭蕉を題材にしたおまけシールをつけてみた [全文を読む]

賞品総額31.4万円が当たる! 身近にある「数学」を使った川柳と俳句大募集!!応募締切:2012年2月29日(水)、3月14日(水)「数学の日」に優秀作品発表!

@Press / 2012年02月27日18時00分

古くは、「五月雨を 集めて早し 最上川」の俳句で知られる松尾芭蕉や「四五人に 月落ちかかる をどりかな」を詠んだ与謝蕪村ら、往年の俳人も俳句の中に「数」を乗せて楽しんでいたのです。現在では外国人が日本語で俳句を作るコミュニティーを始めたり、手軽で誰でも楽しめるということで、若い世代にも注目を集めています。現在、数学川柳&数学俳句の応募数は2,000件を超え [全文を読む]

『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』第6話 1シーンに凝縮されたIKKUらが東北を旅する意味

日刊サイゾー / 2017年05月15日18時00分

「古池や蛙飛び込む水の音」という名句を江戸時代の俳人・松尾芭蕉は残しているが、裸になって泣き叫びながら湖に飛び込もうとするカブラギはカエルというよりも、ゾウアザラシ。しかも盛りの付いた。ここまで見苦しさを全身で表現できる人間はそういない。 [全文を読む]

今年も『ぎふ長良川鵜飼』が開幕!

DreamNews / 2017年05月15日10時00分

今年は船員試験に合格した3組4名の芸人さんが、鵜飼の魅力を楽しく伝えてくれます! ※「おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」 俳人松尾芭蕉が岐阜を訪問し、鵜飼を見物した時に詠んだ一句を参考よしもと芸人の名前/(1)モグモグパクパク (広島県・大阪府出身 男性2人)【コメント】岐阜の印象…織田信長。長良川から見た岐阜城がきれい。 抱負…関西出身で関東に行 [全文を読む]

アーティストたち、民ともにまちの魅力を掘り起こしていく都市型アート・プロジェクト

NeoL / 2017年02月20日10時58分

本プロジェクトでは、詩人のカニエ・ナハ、俳人の高柳克弘らとともに深川の地を多層的に描き出す。 フェロー・プロジェクト 地域の特色あるオルタナティブな拠点と「MOTサテライト」との共催プロジェクト gift_+AS 清澄白河を拠点とし、「音」を入り口に活動してきた二組が、合同でプロジェクトを行います。 gift_ 空間からコンテンツまで広く「場をつくること」 [全文を読む]

東京・福生出身の俳諧師「森田友昇」の未公開資料も公開 福生市郷土資料室で「森田文庫展」を2月4日から開催

@Press / 2017年01月25日11時30分

■福生から生まれた俳人「森田友昇」 森田友昇は文政十二年(1829)、福生村の森田家に生まれました。横浜で商人として成功する傍ら、俳諧師としても活躍し、松尾芭蕉の流れを汲む「松原庵」の四世宗匠となりました。 ■展示会情報 期間 : 2017年2月4日(土)~4月16日(日) 午前10時~午後5時 ※毎週月曜休館日(祝日の場合は翌平日) 場所 : 福生市郷 [全文を読む]

水戸光圀 実は助さん格さんより大柄だった可能性も

NEWSポストセブン / 2016年07月21日16時00分

また並外れた酒豪の食道楽で、明国からの亡命者に教わり、ラーメンや餃子も堪能していたそうです」(篠田氏) 『おくのほそ道』で知られる俳人・松尾芭蕉。全行程約600里(約2400km)を歩いた健脚だが、実際は華奢だったという。 「肖像画の上腕骨などから計算して161cm、47kgとかなり痩せ気味です。弟子たちも『背は高からず低からず』と書いています」(同上) [全文を読む]

又吉直樹が鎌倉&東京で俳句散歩

Smartザテレビジョン / 2016年06月30日18時30分

又吉直樹、俳人・堀本裕樹、唐橋ユミが浮かんだ言葉をメモする“コトバ手帳”と歳時記を持って街を歩き、俳句の題材となる言葉を集めながら街を散歩する。 はじめに訪れたのは神奈川・鎌倉。長谷寺で花ショウブやアジサイを眺め、その後は鎌倉市内を散策する。さらに、堀本お薦めの妙法寺と浄妙寺を訪れると、鎌倉での一句に挑む。 続いて一行は東京へ向かい、渋谷と原宿をつなぐキャ [全文を読む]

芭蕉と広重も愛した「名物とろろ汁」

ぐるなび / 2016年06月28日11時10分

かつて俳人の松尾芭蕉が「梅若菜、丸子の宿の、とろろ汁」という句を詠み、浮世絵師の歌川広重がその句にちなんだ絵を描いたことがきっかけとなり、今で言うSNSのような口コミで噂が広まり有名店になったという。 芭蕉と広重が愛した名物とろろ汁のセット「丸子」をオーダーした藤田さん。静岡産の自然薯を白味噌のお味噌汁で溶いたとろろ汁を、麦が混ざったご飯にお好みの量をかけ [全文を読む]

江戸時代から続くうなぎの名店

ぐるなび / 2016年06月17日11時10分

6月16日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、栃木県黒羽町から「奥の細道」を辿って福島県白河市を目指しながら、俳人が憧れた観光名所を巡る旅の中で、秋本奈緒美さんが「丁子屋」(栃木県那須郡那須町)を訪れた。 番組内では、松尾芭蕉が旅した時代から営業を続ける、創業369年のうなぎ店と紹介され、江戸時代から継ぎ足しし続けた自慢のタレ [全文を読む]

松尾芭蕉 旅費捻出のため旅先でバイトをしていた

NEWSポストセブン / 2016年03月21日16時00分

東北・北陸を巡った紀行文『おくの細道』で有名な俳人、松尾芭蕉。旅費を捻出するために旅先のアルバイトで稼いでいたという。歴史研究家で文教大学付属高等学校教諭の河合敦氏がいう。 「旅の途中に各地の句会で、一句100文(約1200円)で4~6句程度の添削を行ない、旅費の半額程度を稼いでいたようです」 また、東日本を代表する豪商の紀伊国屋文左衛門は、城や武家屋敷な [全文を読む]

ビジュアル系演歌歌手 最上川司 故郷の東北へ想い込めたカバーアルバム発売

dwango.jp news / 2015年11月25日20時46分

江戸時代、元禄の俳人松尾芭蕉が執筆した東北・北陸の紀行作品「おくのほそ道」へのオマージュである。 昭和の時代から愛され培われた数多くの名曲が存在する北海道、東北地方のご当地ソングをセレクトし、ビジュアル系バンドのドラマーでもある最上川風にアレンジした、故郷東北愛溢れるアルバムである。 収録曲は、『北国の春』『みちのくひとり旅』『南部蝉しぐれ』など東北を代表 [全文を読む]

V系演歌 最上川司が東北の名曲をカヴァー

dwango.jp news / 2015年09月29日00時15分

江戸時代、元禄の俳人松尾芭蕉が執筆した東北・北陸の紀行作品「おくのほそ道」へのオマージュである。 昭和の時代から愛され培われた数多くの名曲が存在する北海道、東北地方のご当地ソングをセレクトし、ビジュアル系バンドのドラマーでもある最上川風にアレンジした、故郷東北愛溢れるアルバムである。収録曲は、『北国の春』『みちのくひとり旅』『南部蝉しぐれ』など東北を代表す [全文を読む]

コレクター向けおまけシールはどう生き残る!? 『真おくのほそ道』はいかにして全国のファンに応えるのか

おたぽる / 2015年06月27日20時00分

中でも『真おくのほそ道』シールは、江戸時代の俳人・松尾芭蕉が著した紀行文「おくのほそ道」を題材に、人間や神様、魔物などがバトルを繰り広げるというキャッチーな内容もさることながら、コンスタントに企画を起ち上げ、ユーザーを飽きさせない商品展開をしていることから、じわじわとファンを増やしつつある注目株である。 そんな『真おくのほそ道』シールの第2弾が、6月28 [全文を読む]

【旬のグルメ】5月の魚「初ガツオ」すでに食べた人の割合は?

しらべぇ / 2015年05月24日20時00分

作者は、松尾芭蕉とも同門だった江戸時代の俳人・山口素堂。 俳句において、季語をいくつも使うのは「季重ね」といって避けられることが多いが、季語を3つも使いながら「目に映る新緑の美しさ」「ほととぎすの鳴き声」「カツオの味覚」と、それぞれ違った感覚に訴える名句である。 江戸っ子が「女房を質に入れてでも食べたい」と憧れ、またそれほど高価だった初ガツオ。今年すでに [全文を読む]

フォーカス