松尾芭蕉 奥の細道に関するニュース

地下水に恵まれた「水の都」岐阜県大垣市の魅力

ZUU online / 2017年04月05日06時40分

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」誰もが一度は聞いたことがある松尾芭蕉の「奥の細道」の序文です。旅をしながら全国を巡った紀行作品として有名な「奥の細道」ですが、松尾芭蕉が旅の終わりの地として選んだのが岐阜県大垣市でした。今回はそんな大垣市の魅力について紹介します。■水の都大垣市大垣市は湧き水が多いことで知られ、「水の都」とも呼ばれています。市内 [全文を読む]

松尾芭蕉も訪れた足立区で探す歴史の足跡

Walkerplus / 2015年08月11日07時00分

■ 奥の細道 矢立初めの地 あの松尾芭蕉の「奥の細道」のスタート地点には、「奥の細道 矢立初めの地」として石碑が建っている。石碑は千住大橋駅から程近い、千住橋戸町の千住大橋にあるので、この地に立って歴史に思いを馳せてみよう。 ほかにもいくつか歴史スポットが点在しているので、知る人ぞ知る、足立区の歴史にゆかりある地を訪ねてみよう。【東京ウォーカー】 [全文を読む]

松尾芭蕉「奥の細道」に倣えば、五月病が解消される?

太田出版ケトルニュース / 2014年05月16日09時01分

タイミングよく、5月16日は「旅の日」と定められており、これはかの有名な俳人・松尾芭蕉が『奥の細道』へと旅立った日に由来するそうだ。『奥の細道』といえば、芭蕉が約5カ月間という長旅の道中で残した俳句を集めた作品集。その中で、芭蕉は旅の道中いくつかの温泉地に足を運んだとつづっている。 その一つが石川県の山中温泉だ。現代でも名湯として知られる山中に立ち寄った [全文を読む]

「5・7・5」の俳句に隠されていた「白銀比」

プレジデントオンライン / 2017年05月04日11時15分

私が白銀比に関心を持ったそもそものきっかけは、中学2年のときに読んだ松尾芭蕉の俳句だ。芭蕉の「奥の細道」には、私の故郷である山形で詠んだ句がたくさんある。その中のひとつ、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、立石寺に参詣した際に詠んだものだ。また、「雲の峯幾つ崩て月の山」は、私の家の近くにある月山を詠んだ句である。 中学2年生の私はこの2つの句を読んで、えも言わ [全文を読む]

透き通る水まんじゅうで涼む、水の都・大垣を歩く

IGNITE / 2016年09月03日12時00分

松尾芭蕉が「奥の細道」を終えた場所も、この大垣だった。 「蛤のふたみに別れ行く秋と」 元禄2(1689)年の8月21日に、ここ大垣を最後に長い旅を終えた松尾芭蕉。俳句好きな方にも、ぜひ訪れて欲しい水の都である。 (田原昌) [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、新曲「松尾芭蕉」MVはコムアイが水の中を漂う幻想的な作品に

okmusic UP's / 2016年08月30日00時00分

水曜日のカンパネラが新曲「松尾芭蕉」のミュージックビデオを公開した。 【その他の画像】水曜日のカンパネラ今作はトヨタ・プリウスとのコラボレーションMVとなっており、ビデオ内でもPRIUSが登場している。“松尾芭蕉"と“PRIUS"という2つを、“次元を超える旅"というテーマに昇華させたのは、これまでも水曜日のカンパネラでは「ナポレオン」「メデューサ」「ツチ [全文を読む]

〈5月16日は旅の日〉 旅による『脚の疲れ』は常につきもの。 接骨院先生直伝!簡単オススメケア方法

Digital PR Platform / 2017年05月11日11時00分

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ旅立った日として、せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日と言われています。 旅は、移動も含めて何をしても楽しいと思いますが、その分疲労はつきもの。特に脚にくる負担は大きく、むくみや疲れは誰もが経験しているのではないでしょうか。■日ごろから全国を取材し、移動が多いライター 古川智規さんに『脚の疲れ』に [全文を読む]

【人気の地方都市シリーズ】首都圏や関西へのアクセスも抜群!岐阜・静岡編

ZUU online / 2017年05月03日06時40分

■教育熱心な岐阜県大垣市松尾芭蕉の「奥の細道」の結びの地としても有名な岐阜県大垣市は、教育熱心な地域としても知られています。2015年度からは大垣市の全小中学校で土曜授業を開始するなど、全国に先駆けた教育への取り組みを実施しています。市内の至る所から湧き出す地下水も、大垣市の特徴の一つです。近くには木曽川、揖斐川、長良川など、地域を代表する清流もあり、全国 [全文を読む]

『コピペと捏造 ~どこまで許されるのか 表現世界の多様性を探る』時実象一著

プレジデントオンライン / 2017年03月12日11時15分

また、松尾芭蕉『奥の細道』の「月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして」も李白の詩から来ているという。藤村のケースは「剽窃(パクリ)」といえるが、芭蕉のほうは、原作が広く知れ渡っていることから「オマージュ」に近い、と解説されている。うーん、なかなか一筋縄ではいかないようだ。 コピペは情報化社会が生み出した鬼っ子である。「自由に使える読書感想文」というサ [全文を読む]

第二十八回の応募作品は引き続き募集中!累計応募数が3,000万句突破の伊藤園お~いお茶新俳句大賞 知られていない「伊藤園お~いお茶新俳句大賞10のホントッ!?」を紹介

@Press / 2017年02月06日15時00分

当時、俵万智氏のサラダ記念日が260万部売れ、松尾芭蕉の奥の細道300年にあたるなど、文芸による自己表現熱の高まりや、俳句ブームがありました。そして多くのカルチャースクールの俳句講座が賑わっていましたが、多くの受講者が「俳句で自分の気持ちを表現したいのに発表する場がない」という不満を持っていました。そこで、そうした俳句愛好家の皆様に、表現の場を提供するため [全文を読む]

爪楊枝で食べる柔らかい「南湖だんご」

ぐるなび / 2016年06月20日15時10分

6月17日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、奥の細道に登場する松尾芭蕉があこがれた観光名所を巡る旅の中で、女優の秋本奈緒美さんが「花月」(福島県白河市)を訪れた。 南湖公園の園内にある同店は、「南湖だんご」が味わえる団子屋。士農工商の身分が関係なく楽しむことができる日本最古の公園として知られる南湖公園の湖畔で安政4年より茶屋 [全文を読む]

江戸時代から続くうなぎの名店

ぐるなび / 2016年06月17日11時10分

番組内では、松尾芭蕉が旅した時代から営業を続ける、創業369年のうなぎ店と紹介され、江戸時代から継ぎ足しし続けた自慢のタレを使用した老舗の味を楽しめるという「うな重(上)」を頂くことに。 秋本さんは「うな重(上)」を食べると「ごめんなさい、とても美味しいです」と味わいながらコメント。続いて「ふわっふわです、そしてここのタレは甘くなりすぎないんです、ベタベ [全文を読む]

5月16日「旅の日」に占う!あなたが運命の人と出会う場所【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年05月16日10時15分

松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立ったことにちなんだ記念日です。見知らぬ土地への旅には、出会いのチャンスがいっぱい! 乗り物で隣り合わせになったり、たまたま案内図の前で同じ目的地を探していたり。日常とかけ離れた場所では、想像以上にドラマチックなエピソードも生まれそうですよね。あなたが運命の出会いをするのはどのような旅? 運命数から探って行きましょう。あなたの「運 [全文を読む]

ツヴァイ、「ミライカレッジ庄内」ツアー~首都圏女性向け体験型交流ツアー開催~

PR TIMES / 2015年12月11日19時44分

「奥の細道」行脚の松尾芭蕉をもてなしたといわれる精進料理です。庄内は澄んだ空気や豊かな土壌に恵まれているので、味わい深い食材がたくさんあります。[画像2: http://prtimes.jp/i/7505/521/resize/d7505-521-737413-2.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/7505/521/resize [全文を読む]

[遠藤功治] 【タイヤバルブのガリバー、高収益謳歌】~“キラリと光るダイヤモンドの原石企業” 岐阜県編 1~

Japan In-depth / 2015年06月25日20時00分

松尾芭蕉、奥の細道の終点の地としても知られます。産業では、当社のみならず、カンガルー便で有名な西濃運輸や、プリント配線基板の大手、イビデンの本社などもあり、また、養老鉄道・樽見鉄道といったローカル線の起点で、鉄道マニアにも人気の地です。ただ、人口は近年頭打ち、駅前には大きな商店街が広がり、再建された大垣城などもあるのですが、昼間の商店街には人通りが少なく、 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto3月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年04月06日14時28分

大学時代は、国文学を学び江戸時代の文学、特に「黄表紙」という現代のコミックのような読み物や松尾芭蕉の『奥の細道』に感銘を受けた。はまるととことん極めたくなる性質で、物語の舞台や作者の生誕地、影響を受けた場所を訪ね、作者の気分に浸るという趣味を覚える。 2014年8月honto総合書店店長に就任。 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto 2月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年03月06日11時52分

大学時代は、国文学を学び江戸時代の文学、特に「黄表紙」という現代のコミックのような読み物や松尾芭蕉の『奥の細道』に感銘を受けた。はまるととことん極めたくなる性質で、物語の舞台や作者の生誕地、影響を受けた場所を訪ね、作者の気分に浸るという趣味を覚える。 2014年8月honto総合書店店長に就任。 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto1月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年02月06日11時41分

大学時代は、国文学を学び江戸時代の文学、特に「黄表紙」という現代のコミックのような読み物や松尾芭蕉の『奥の細道』に感銘を受けた。はまるととことん極めたくなる性質で、物語の舞台や作者の生誕地、影響を受けた場所を訪ね、作者の気分に浸るという趣味を覚える。 2014年8月honto総合書店店長に就任。 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『honto12月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年01月13日15時07分

大学時代は、国文学を学び江戸時代の文学、特に「黄表紙」という現代のコミックのような読み物や松尾芭蕉の『奥の細道』に感銘を受けた。はまるととことん極めたくなる性質で、物語の舞台や作者の生誕地、影響を受けた場所を訪ね、作者の気分に浸るという趣味を覚える。 2014年8月honto総合書店店長に就任。 [全文を読む]

『2014年honto年間ランキング』発表!

PR TIMES / 2014年12月18日15時18分

大学時代は、国文学を学び江戸時代の文学、特に「黄表紙」という現代のコミックのような読み物や松尾芭蕉の『奥の細道』に感銘を受けた。はまるととことん極めたくなる性質で、物語の舞台や作者の生誕地、影響を受けた場所を訪ね、作者の気分に浸るという趣味を覚える。 2014年8月honto総合書店店長に就任。 [全文を読む]

フォーカス