バガボンド 井上雄彦に関するニュース

「漫画家のレベルを超えてるよ」京都・東本願寺で井上雄彦の親鸞屏風絵を3日間限定展示

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月01日09時00分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 『バガボンド』や『リアル』などの作者でお馴染みの井上。『スラムダンク』はバスケットボールブームの火付け役にもなり、熱いストーリーと言葉に世代を超えて愛される存在になっている。現在は漫画家という肩書きである井上だが、「最終的にはただの絵描きになりたい」とも語っており、最近では『円空を旅する』を出版し、円空の仏像につ [全文を読む]

10位に「風の谷のナウシカ」が―全巻読破.COM、2012年上半期に最も全巻読破されたコミックランキング100を発表【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年07月02日16時21分

■2012年上半期 最も全巻読破された人気コミックランキング100◆第1位ONE PIECE(ワンピース) [1~66巻 全巻 最新刊] (著)尾田栄一郎◆第2位HUNTER × HUNTER(ハンターハンター) [1~30巻 全巻 最新刊] (著)冨樫義博◆第3位SLAM DUNK(スラムダンク) [1~31巻 全巻] (著)井上雄彦◆第4位僕等がいた [全文を読む]

写真と音、映像でたどる、エア詣出! 神社仏閣ガイド本で楽しもう

Woman.excite / 2015年12月27日08時00分

バガボンド」の作者、井上雄彦さんとエア詣出?!また平成25年に平成遷宮を行った、伊勢神宮、出雲大社。これらの神聖な空気を、漫画『バガボンド』の作者、井上雄彦さんがスケッチとともに紹介する『承』も、初心者の私たちにはおススメ。とくに気持いいと感じるのは、神宮を散策する井上さんの観察眼を通して、森の気配、命ある樹々の存在感が伝わってくること。「長い時間を生き [全文を読む]

スラムダンク・バガボンドの井上雄彦×建築家ガウディの展覧会開催決定

FASHION HEADLINE / 2014年01月17日13時00分

スペインの建築家アントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)と、「スラムダンク」「バガボンド」漫画家・井上雄彦のコラボレーション展「特別展 ガウディ×井上雄彦―シンクロする創造の源泉―」が、六本木・森アーツセンターギャラリーにて開催される。会期は7月12日から9月7日まで。 ガウディは19世紀から20世紀に掛けてバルセロナを中心に活動。1882年に着工以 [全文を読む]

人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さんによるバスケットボールの企画が朝日新聞で始まります

PR TIMES / 2016年05月13日12時01分

井上さんが描いた「スラムダンク」は、単行本が国内発行1億冊を超える大ヒットとなり、「宮本武蔵」を主人公にした「バガボンド」(講談社)や車いすバスケットを題材にした「リアル」(集英社)も話題を呼んでいます。 バスケット界は、これまで二つあった国内リーグのナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)とTKbjリーグが統合され、9月から新たな「Bリーグ」がス [全文を読む]

【今週のホットワード】ガウディ×井上雄彦

FASHION HEADLINE / 2014年07月27日20時00分

スペインの建築家・ガウディと、「スラムダンク」「バガボンド」漫画家・井上雄彦のコラボレーション展「特別展 ガウディ×井上雄彦―シンクロする創造の源泉―」が、六本木・森アーツセンターギャラリー にて開催中。「2013-2014日本スペイン交流400周年」のファイナルを飾る企画ということで注目されています。展覧会に来訪予定の方、こちらで予習しておくと楽しさ倍 [全文を読む]

ガウディ×井上雄彦、時空を超えた特別展が六本木ヒルズで開幕

FASHION HEADLINE / 2014年07月11日20時30分

「2013-2014日本スペイン交流400周年」のファイナルを飾るのは、スペイン建築界の巨匠アントニ・ガウディと、「スラムダンク」「バガボンド」など国民的人気を誇る日本随一の漫画家・井上雄彦ら、2人のアーティストによる時空を超えた未曾有のコラボレーション展。「特別展 ガウディ×井上雄彦 ―シンクロする創造の源泉―」が、7月12日から9月7日まで、六本木・森 [全文を読む]

井上雄彦が天才建築家・ガウディとコラボ 「ガウディ×井上雄彦」展

太田出版ケトルニュース / 2014年07月08日10時51分

『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』などで知られる漫画家の井上雄彦は、昨年12月に「日本スペイン交流400周年」の親善大使に任命された。この展覧会は、サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョなどの独創的な建築で知られる天才的建築家・アントニ・ガウディの偉業を紹介するもの。井上が、独特な感性と鋭い表現力により、ガウディの人間像 [全文を読む]

「実写化してほしいマンガ」アンケート取るも…最多は"実写化反対"

NewsCafe / 2013年07月07日12時00分

※回答総数…754件【1位】バガボンド(井上雄彦)(10.4%)■バガボンドなら割と実写版にしてもいけそう。ワンピースとかジョジョとかファンタジー要素が強いものの実写版はありえない。[男性/30代/会社員]■スラムダンクも見てみたい。どれにしても、キャストによるなぁ。[女性/30代/主婦]■実写化するなら派手になりすぎないようにお願いします!![男性/10 [全文を読む]

井上雄彦氏「Smile」シリーズの公式iPhone/iPadアプリを開始

PR TIMES / 2012年03月09日12時22分

「Smile by Inoue Takehiko」は、『SLAM DUNK』、『バガボンド』、『リアル』などを代表作にもつ漫画家・井上雄彦氏がTwitter上で公開した「Smile」シリーズからうまれたアプリです。「Clock」「Wallpaper」など、本アプリオリジナルの機能が用意されています。また、アプリを起動するたび、最新分を含めたSmile全シリ [全文を読む]

秋本治『こち亀』後、初執筆マンガ『BLACK TIGER』登場! 劇画の雰囲気漂う西部劇ガンアクションが格好良すぎる!!

おたぽる / 2016年12月25日21時00分

北条先生が「『バガボンド』の続きが読みたい! 『リアル』の続きが読みたい!」とムチャぶりしたり、大変面白いので、あわせてチェックしてみることをオススメしたい。 (※言及がない限り、版元は全て集英社) [全文を読む]

第二回コルク×noteマンガコンテストを開催!

DreamNews / 2016年11月22日11時30分

バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テン [全文を読む]

「キングダム」原泰久、「聖☆おにいさん」中村光ほか超人気漫画家24名が描き下ろし!マンガ賞の最高峰「手塚治虫文化賞」20周年記念ムックが発売!

PR TIMES / 2016年09月17日10時29分

第1回の大賞「ドラえもん」(藤子・F・不二雄)をはじめ、第3回大賞「MONSTER」(浦沢直樹)、第6回大賞「バガボンド」(井上雄彦)、など数々の名作・有名著者が受賞した、マンガ賞の中でも歴史の長い賞です。[画像2: http://prtimes.jp/i/4702/122/resize/d4702-122-130707-0.jpg ][画像3: http [全文を読む]

芥川賞作家が発想の種を明かす!トークライブが生放送

Walkerplus / 2016年02月26日13時21分

2002年に講談社へ入社後、「バガボンド」(井上雄彦)、「ドラゴン桜」(三田紀房)、「働きマン」(安野モヨコ)、「宇宙兄弟」(小山宙哉)など、多数のメガヒット作を世に送り出した敏腕編集者だ。 そして丸山敬太は、ファッションブランド「KEITA MARUYAMA」のデザイナー。アーティストのステージ衣装や、日本航空の制服デザインなどを手がけ、幅広く活躍中。3 [全文を読む]

合コンやデートに活用できる!? 男子が女子に読んでもらいたい「スポ根マンガ」

Woman.excite / 2016年01月29日20時00分

作者は『スラムダンク』や『バガボンド』で知られている井上雄彦。その描写力たるや、ほかのマンガ家の追随を許しません。井上によって描かれる「スポーツをする男」の姿に思わずうっとりしてしまいます。■自転車競技の知名度を上げた作品『弱虫ペダル』(秋田書店)主人公は、スポーツが苦手なオタク少年・小野田坂道。ひょんなことから自転車競技部に入部して、その才能をメキメキと [全文を読む]

コルクとnoteでマンガ投稿コンテストを開始します!

DreamNews / 2015年11月16日11時00分

バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テン [全文を読む]

ボイジャー+NPO法人日本独立作家同盟 マンガ家の鈴木みそ、作家エージェントの佐渡島庸平のセルフブランディング実践手法を一冊に!10月9日発売『凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ』

DreamNews / 2015年10月02日12時30分

バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安 野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリ エイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『 [全文を読む]

平野啓一郎の新作を、ピースオブケイクとコルクで共同プロデュース! ウェブサービスnoteを活用した、プロモーションをスタートします。

DreamNews / 2014年07月30日11時30分

バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。 ■本件に関するお問い合わせ先株式会社ピースオブケイク 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル6F ht [全文を読む]

第18回文化庁メディア芸術祭、7月7日より世界規模で作品募集

FASHION HEADLINE / 2014年06月27日17時00分

これまでにも、ソニーの犬型ロボット「アイボ(AIBO)」(2000年、デジタルアート部門)、井上雄彦が宮本武蔵を描いた漫画『バガボンド』(01年、マンガ部門)、アカデミー賞も受賞した宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』(02年、アニメ部門)、家庭用ゲーム「ウィースポーツ(Wii Sports)」(08年、エンターテインメント部門)、深夜アニメの枠を超えて鑑賞 [全文を読む]

井川啓央(カフェ屋)×佐渡島庸平(編集者)×羽賀翔一(漫画家) ~カフェと編集者と漫画家の景色~ マメヒコ宇田川町店にて開催(7月4日、5日)

@Press / 2014年05月21日13時30分

バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。 ※7月5日(土)のみ参加予定 ≪ 羽賀翔一 ≫ 2010年、ノートに描いた『インチキ君』で、第27回 MA [全文を読む]

フォーカス