プロ野球 秋山翔吾に関するニュース

【西武】炭谷、栗山、秋山、浅村4選手が2017シーズン招待活動を実施

ベースボールキング / 2017年03月30日20時00分

プロ野球選手としての自身の影響力を理解し、フィールドを離れても野球を通じた活動を積極的に行っていく。 ◆ 炭谷銀仁朗 2017シーズン活動内容 ■「先発出場し、チームが勝利を挙げた試合数」に応じて難病の子どもとその家族を支援 昨年に引き続き2017シーズン公式戦において、炭谷が「先発マスクで出場し、チームが勝利を挙げた試合」毎に1万円を寄付する。 ■試合観 [全文を読む]

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

激戦が続くプロ野球。今季は激しいタイトル争いが繰り広げられそうな気配がある。 しかし、マニア的に面白いのは、二塁打王、三塁打王などの裏タイトル争い。昨季はセ・リーグでは田中広輔(広島)が三塁打王に輝き、清田育宏がパ・リーグの二塁打王に就くなど、タイトル外の意外な選手が登場する。 そこで6月12日終了時点での裏タイトル争いをまとめてみた。今回は野手編を公開し [全文を読む]

現役プロ野球選手”秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)”の参戦も決定! 『スポーツファンフェスティバル2012 WINTER』

PR TIMES / 2012年12月11日19時18分

スポーツファン必見の交流イベント! 日本プロ野球界のOBスター”村田兆治”、“槇原寛己”もゲスト出演!! 株式会社エポック社(本社:東京都台東区/社長:前田道裕)は、12月16日(日)に東京ドームシティ プリズムホールにて、スポーツファン必見の交流イベント『スポーツファンフェスティバル 2012 WINTER』を、今年も開催いたします。 当日は、スポーツ分 [全文を読む]

レオがSmartNewsで吠える!埼玉西武ライオンズのチャンネルが今日からスタート

PR TIMES / 2017年03月21日11時24分

スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木健/浜本階生、以下「当社」)は本日、当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」チャンネルプラスにおいて、プロ野球パシフィックリーグの球団・埼玉西武ライオンズの専用チャンネルとなる「埼玉西武ライオンズ」チャンネルを開設しました。 本チャ [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】気が早すぎる来シーズンオフの展望。中田翔(日本ハム)、牧田和久(西武)らFA取得予定選手をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月21日17時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

今年も盛況のうちに幕を閉じたプロ野球。セ・リーグ打者では筒香嘉智が本塁打王と打点王の二冠を獲得。パ・リーグではレアードが初の本塁打王に輝く活躍を見せた。 しかし、野球の数字は打率、本塁打、打点、安打数、出塁数、盗塁数といった目立つものだけではない。 タイトルではないスタッツで「裏王者」となった選手たちを紹介しよう。まずは野手編。 ※野球の見方が変わるスマホ [全文を読む]

【プロ野球】菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)…。今季12球団の2番打者を比較! 攻撃的2番打者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月23日17時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】打って、走って、ガッツポーズ! セ・パ両リーグの“二塁打王”の行方は?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

文=落合初春 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】パの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日16時05分

開幕の前日、3月24日に行われた「プロ野球2016シーズン開幕前夜祭」(オンラインコミュニティ「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」主催)での出来事だ。部長を務める里崎智也のほか、駒田徳広(元巨人ほか)、西崎幸広(元日本ハムほか)、山崎武司(元楽天ほか)、今中慎二(元中日)らが本音トーク満載でタイトル予想を繰り広げた。その模様をレポートする。 ※野球の見方が変わるス [全文を読む]

【プロ野球】観客動員数伸び率で横浜・ヤクルト・広島がトップ3に

デイリーニュースオンライン / 2015年12月09日12時30分

両リーグでのトリプルスリー達成、西武ライオンズ秋山翔吾の最多安打数記録更新、広島カープに「男気」復帰した黒田博樹など、今年のプロ野球も話題は尽きなかった。 そんな中、両リーグの観客動員数は、セ・リーグが13,510,900人、パ・リーグが10,726,020人と、共に記録を更新。地上波の視聴率低下などプロ野球の人気低迷が囁かれているが、プロ野球人気が根強い [全文を読む]

前田健太と秋山翔吾 譲渡金獲得のため今オフにもMLB移籍か

NEWSポストセブン / 2015年10月07日16時00分

プロ野球シーズンの終わりごろから、大リーグも視野に入れた選手の移籍など「人事」が話題の中心になる。今年は外国人選手の注目株としては、阪神・マートン、ヤクルト・バレンティンの名前が挙がる。 「マートンは契約満了により退団が確実。うるさ型の多い阪神OBたちから“態度が悪い”などといわれてイライラしており、移籍先を模索しているといわれている。一方のバレンティンに [全文を読む]

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

デイリーニュースオンライン / 2017年06月08日16時05分

長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA)が打率4割台をマークするなど、たびたび4割打者が生まれている。 過去の交流戦記録を振り返って4割打者を眺めてみると、「確かに打っていそうだ」と納得する選手に混ざって、「おやっ?」 [全文を読む]

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

6月中の復帰は可能か? (票数、順位、成績は5月23日時点のもの) 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】優勝も不祥事も屈辱の「胴上げジンクス」も。いろいろあった“埼玉西武”ライオンズ10年史

デイリーニュースオンライン / 2017年05月22日16時05分

【タイトル獲得者】涌井秀章:最多勝(16勝)/中村剛也:本塁打(48本塁打):打点(122打点)/中島裕之:最多安打(173安打):最高出塁率(.398)/片岡易之:盗塁(51盗塁) ■2010年【順位】2位 【監督】渡辺久信(3年目) 開幕早々、新外国人ディー・ブラウンがプロ野球通算9万号本塁打をマークしたこの年、ソフトバンクとの激しい首位争いを繰り広 [全文を読む]

プロ野球「5月の月間MVP」候補選手発表!

ベースボールキング / 2017年05月22日16時00分

◆ 今月は誰の手に…? プロ野球セ・パ両リーグは22日、5月度の「日本生命月間MVP賞」の候補選手を発表した。 その月に最も活躍した投手と野手に贈られる月間MVP。受賞者には各リーグから記念盾と、日本生命保険相互会社から賞金30万円、さらにトロフィーが授与される。 候補選手たちはここからどれだけ数字を積み上げられるのか。はたまた残りのわずかな期間で選外から [全文を読む]

【プロ野球】打率4割超の浅村栄斗にコンバートの鈴木大地。「今、見ておきたい!」パ・リーグ二塁手たち

デイリーニュースオンライン / 2017年04月20日16時05分

刮目して見るべし! (成績は4月17日現在) 文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

WBCの小久保采配には不安ばかり?見えてきた”侍ジャパンの課題”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日17時00分

初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社会人などのアマチュア野球も年間を通じて観戦中。 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

そのなかでも抜群の人気と“ぶっちゃけトーク”に満ちているのが、元ロッテ・里崎智也氏が部長を務めるオンラインコミュニティ『乾杯!ほろ酔いプロ野球部』主催のトークイベント「里崎智也のプロ野球語り呑み」だ。その記念すべき第10回の「語り呑み」が2月16日(木)、都内にて行われた。 この日は、昨年限りで引退した岡本篤志(元西武)氏と、里崎部長がロッテ時代にバッテリ [全文を読む]

フォーカス