黒澤明 動画に関するニュース

7・30シン・ゴジラの樋口真嗣監督が佐藤勝音楽祭トークゲスト。さらにプレトークは中みね子監督(岡本喜八夫人)

DreamNews / 2017年05月26日18時00分

コンサート詳細佐藤勝音楽祭2017年7月30日(日)開演14:00(開場13:30)渋谷区総合文化センター大和田4階さくらホール 演奏予定曲目山田洋次監督映画より幸福の黄色いハンカチ岡本喜八監督映画より肉弾、吶喊、独立愚連隊黒澤明監督映画より隠し砦の三悪人、用心棒、赤ひげゴジラシリーズよりゴジラの逆襲、ゴジラの息子、ゴジラ対メカゴジラ指揮:松井慶太オーケス [全文を読む]

SWシリーズ新作『ローグ・ワン』日本に向けた特別予告映像!チーム「ローグ・ワン」の絆がアツい

AOLニュース / 2016年11月11日19時00分

黒澤明監督の『七人の侍』のように、信念を貫く精神、犠牲や勇気、それによって強く繋がる人々の絆を描くこの物語は、《日本文化へのリスペクト》が込められた必見の作品となっている。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金) 全国ロードショー! © 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.<関連動画はこ [全文を読む]

7人のアウトローがド派手に暴れる『マグニフィセント・セブン』予告映像解禁! デンゼル・ワシントン&クリス・プラットのコメントも

AOLニュース / 2016年09月06日10時30分

黒澤明監督の代表作『七人の侍』(54)。『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされたウェスタン『荒野の七人』(60)。この2名作を原案とした『マグニフィセント・セブン』が2017年1月27日(金)に公開される。黒澤明監督の命日である本日9月6日、本作の予告編が解禁された。 https://youtu.be/b1H2eLv-Mz [全文を読む]

日本のチャンバラ時代劇好き監督が贈る超絶ソードアクション映画『バトルフィールド』

AOLニュース / 2015年06月29日22時00分

黒澤明監督の『七人の侍』や三池崇史監督の『十三人の刺客』、ロバート・ヒューストン監督の『Shogun Assassin』(子連れ狼)などが大好きで、それらの侍時代劇のエッセンスを取り入れていることから、どこか昔のチャンバラ映画のような雰囲気となっている。 「僕はずっと日本映画のチャンバラ時代劇の大ファンなんだ。僕は、自分の映画に時代劇が持つエッセンスそのも [全文を読む]

『七人の侍』『荒野の七人』リメイク作品『マグニフィセント・セブン』が全米初登場1位! 3日間で興収3500万ドル突破

AOLニュース / 2016年09月26日19時00分

黒澤明監督代表作『七人の侍』(54)、そして『七人の侍』のハリウッドリメイク版となる『荒野の七人』(60)。これら最高峰の名作たちを原案として、『イコライザー』(14)、『サウスポー』(15)など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督のもと、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、個性&国際色豊か [全文を読む]

歌舞伎座120年の歴史で洋画初! 『ジャングル・ブック』ジャパンプレミア動画3連発

ガジェット通信 / 2016年08月12日17時00分

【動画】『ジャングル・ブック』監督&キャストが東京「歌舞伎座」に降り立つ https://www.youtube.com/watch?v=R1XeMEReQzU 【動画】ジョン・ファブロー監督は黒澤明・宮崎駿をリスペクト https://www.youtube.com/watch?v=slJCxMaVahA 【動画】西田敏行・松本幸四郎が映画『ジャングル [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

―監督から脚本について指示はあったんですか? お 「山田太郎は黒澤明監督の『七人の侍』の三船敏郎さんのイメージだから」って言われて、エーッと思いながら『七人の侍』を研究したんですが…全然参考になりませんでした(笑)。 今 現場でも監督には最後まで何も言われなかったから、いいのか悪いのかわからないままやってました(笑)。僕、撮影の日に面白いからいいやと思っ [全文を読む]

映画「ゴジラ」の貴重なマスターテープを展示公開!7月21日(海の日)なかのゼロホール伊福部昭百年紀コンサートVol.2にて。

DreamNews / 2014年07月16日11時30分

脚本に黒澤明が参加し、三 船敏郎や月形龍之介の演技へダイナミックなサウンドで応えた「ジャコ萬と鉄」。全国で300万人もの観客が見たと言われる映画「佐久間ダム」の大スペクタ クルを音楽で彩った伊福部サウンドも聞き所満載のド迫力。どうぞお楽しみに!■チケット前売: S席8,800円 A席6,800円 B席5,800円 C席4,800円 (残席少)D席2,800 [全文を読む]

京都駅北口広場にでーんと羅城門登場!京都第二のシンボルとして、京都タワーとコラボレーション

ガジェット通信 / 2016年11月28日08時00分

芥川龍之介の小説や黒澤明監督の映画の舞台としても取り上げられ、「羅生門」という名称で知られてきました。今は実物を見ることはできませんが、10分の1に縮小された精巧な模型から当時の雄姿を想像してみませんか? 画像は筆者が撮影したものを使用しています。 ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: yasuu_kusayan) ※あなた [全文を読む]

『手紙は憶えている』を手がけた巨匠アトム・エゴヤン監督が影響を受けたのは伊丹十三監督! 日本映画フリークな一面を明かす

AOLニュース / 2016年10月20日21時00分

日本は豊かな映画の歴史を持っていて、黒澤明監督、小津安二郎監督、溝口健二監督はもちろんですが、今活躍している世代にも好きな監督はたくさんいます。中でも是枝裕和監督は友人でもあり、来日した際には対談もしました。彼の作品は初期のドキュメンタリーからずっと見ています」とかなり多くの日本映画を観ているようである! また、「若いときに大きな影響を受けたのは伊丹十三監 [全文を読む]

【ムービープラス】審査員長のジョージ・ミラー監督が選ぶパルム・ドール作品は!?第69回カンヌ映画祭授賞式 5月22日深夜からムービープラスで日本独占生中継

PR TIMES / 2016年05月10日11時59分

[画像2: http://prtimes.jp/i/7517/119/resize/d7517-119-503526-2.jpg ]また、映画史に残る世界中の名作を修復・紹介するなどの目的で2004年に創設されたカンヌ クラシック部門においては、昨年の黒澤明監督の「乱」に引き続き、溝口健二監督の「雨月物語」がマーティン・スコセッシ監督の協力のもと4Kデジタ [全文を読む]

狼になれ!ロス市警の相棒こと「トレーニング・デイ」コンビが映画『荒野の七人』に参戦

AOLニュース / 2015年03月04日17時30分

黒澤明の『七人の侍』にヒントを得て、ユル・ブリンナーやスティーヴ・マックイーン、チャールズ・ブロンソンらが出演した1960年の西部劇『荒野の七人』。今回のリブート版は『イコライザー』『エンド・オブ・ホワイトハウス』のアントワーン・フークアがメガホンを取るという。さらにオスカー俳優デンゼル・ワシントンの出演も決定済み。 なんとも期待を煽るニュースだが、イー [全文を読む]

渡辺謙版『許されざる者』予告編がカッコいいと海外で話題に! 「傑作の匂いがする」

AOLニュース / 2013年07月31日22時13分

劇場公開が待ちきれないよ」 「サムライ映画(黒澤明の『用心棒』?)から西部劇がインスピレーションを受けて、今度はハリウッド映画がサムライ映画に影響を与えている! すごいことじゃないか!」 「スパゲッティ・サムライか、いい感じだね。タランティーノ監督は次回作で、この時代と場所を舞台にしてもいいんじゃない?」 と、海外のユーザーからもおおむね好意的なコメントが [全文を読む]

フォーカス