市川亀治郎 市川猿之助に関するニュース

花形歌舞伎役者の第一線を歩み続ける四代目市川猿之助、亀治郎時代の演目写真が1冊の写真集に

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月03日17時30分

2002年より、独りの道を歩き始めた市川亀治郎を撮り始め、その後彼の演じるほとんどすべての役柄を撮り続け、全幅の信頼を寄せられる。 ■『四代目 市川猿之助』 写真:長塚誠志 発売日:2015年10月10日(土) 価格:3,500円(+税) 発売元:パイ インターナショナル [全文を読む]

“最後の晩餐”に迷わず選ぶと宣言! 新潟の「コシヒカリ」を溺愛する市川猿之助さんを起用 「新潟米コシヒカリ」TVCMが10月3日より東名阪・静岡で放映開始

PR TIMES / 2014年10月03日14時41分

1983年7月歌舞伎座『御目見得太閤記』で、二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。2012年6・7月新橋演舞場「二代目猿翁 四代目猿之助 九代目中車 襲名披露公演」において、四代目市川猿之助を襲名。立役から女形まで幅広く活躍。確かな実力で、最も目が離せない若手花形歌舞伎役者の一人である。 [全文を読む]

「四代目市川猿之助」襲名後、初のテレビCM出演! ソルマック新テレビCM 『一本締め』篇 11月1日(木)より全国でオンエア

PR TIMES / 2012年11月01日13時28分

【出演者プロフィール】 名 前:市川 猿之助(いちかわ えんのすけ) 生年月日:1975年11月26日 出 身 地:東京都 2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。 歌舞伎界をけん引する若手トップのひとり。 大河ドラマ出演をきっかけに映画・ドラマなど活動の領域を広げている。 企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

四代目市川猿之助襲名記念/京都芸術劇場 春秋座 芸術監督就任記念「猿之助への軌跡展」

@Press / 2013年12月09日16時30分

1975年に市川段四郎の長男として誕生し、1983年には二代目市川亀治郎を名乗り、2012年6月に四代目を襲名した市川猿之助。2013年5月に市川猿翁(三代目猿之助)の跡を継ぎ、当劇場の芸術監督に就任いたしました。猿之助にとって春秋座は亀治郎時代にこけら落し公演における「春秋三番叟」(2001年5月)への出演をはじめ、自身の研鑚の場である「亀治郎の会」を第 [全文を読む]

香川照之、宿敵と和解?

NewsCafe / 2017年03月10日15時00分

さすがに四代目市川猿之助を名乗ることは許されなかったのか、当時の二代目市川亀治郎(41)が四代目猿之助を襲名。香川親子はそれぞれに中車、團子を襲名する結果となった。 「異例というか、かなりの特例パターンだったので賛否両論。そんな中で、傳左衛門はブログで、『世襲は環境。血統が有ってもちゃんと鍛えられなければ只の駄馬』とバッサリでした」 実名こそ出してはいなか [全文を読む]

四代目市川猿之助、待望の写真集!『四代目 市川猿之助』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2015年09月29日18時50分

2002年より、独りの道を歩き始めた市川亀治郎を撮り始め、その後彼の演じるほとんどすべての役柄を撮り続け、全幅の信頼を寄せられる。 <書籍概要> 書名:『四代目 市川猿之助』 http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4740 写真:長塚誠志 仕様:B5判正寸(257×184mm)/ソフトカバー/ 144 Pages (F [全文を読む]

市川猿之助が主演 マンガ『ONE PIECE』歌舞伎化決定! 尾田栄一郎からコメントも

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月21日17時00分

1983年歌舞伎座「御目見得太閤記」の禿たよりで、二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。2012年6月新橋演舞場「義経千本桜川連法眼館の場」「ヤマトタケル」で四代目市川猿之助を襲名。立役から女方、さらにはTV、映画、現代演劇と多方面で活躍。 [全文を読む]

亀治郎 香川照之への注目を「面白くないと思っている」の証言

NEWSポストセブン / 2012年05月15日07時00分

東京の新名所としてゴールデンウイーク中、多くの人々が訪れた渋谷ヒカリエで開催中の『二代目市川亀治郎大博覧会』。4月28日に行われたオープニングイベントに登場した市川亀治郎(36才)は、6月に九代目市川中車を襲名して歌舞伎デビューを果たす従兄・香川照之(46才)に、こんな辛口エールを送った。 「厳しいスタートでしょうね。ぼくがテレビ(ドラマ)に出て感じるのと [全文を読む]

亀治郎 香川照之長男の猿之助襲名を「ボンクラだったら×」

NEWSポストセブン / 2012年04月01日07時00分

3月上旬、ここで催されたのが、市川亀治郎(36才)を囲む会『市川亀治郎その魅力のすべて』だった。会の参加費はナント3万円! 高額にもかかわらず、来てくれたファンを盛り上げようとしたのか、この夜、彼は饒舌だった…。 今年6月に四代目市川猿之助を襲名する亀治郎だが、それ以上に世間の注目を集めているのが、香川照之(46才)の市川中車を襲名しての歌舞伎界入りだ。 [全文を読む]

【おんな城主直虎】「井伊氏最大の敵」武田信玄は誰が演じるのか

しらべぇ / 2017年03月19日10時00分

また、信玄の家臣である山本勘助を主人公にした2007年の作品『風林火山』では、歌舞伎役者の市川亀治郎(現在は4代市川猿之助)が演じている。完全無欠の戦国大名ではなく、時には慢心して家臣に諌められるなど、「人間らしい信玄」を視聴者に披露した。今年の大河ドラマでは、どのようなイメージの信玄が採用されるのだろうか。・合わせて読みたい→【おんな城主直虎】「故人」は [全文を読む]

<女性チャンネル♪LaLa TV>8月9月2か月連続企画【追悼】蜷川幸雄ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」他故・蜷川幸雄氏 演出・監督の舞台、映画、関連作品を一挙放送

PR TIMES / 2016年07月26日11時08分

●ドキュメンタリー『疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~』放送日時:2016年8月1日(月)11:00~ほか●映画『蛇にピアス』放送日時:2016年8月5日(金)25:15~ほか出演:吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優、ソニン、 (特別出演)市川亀治郎(現 猿之助)、井出らっきょ、小栗旬、唐沢寿明、藤原竜也原作:金原ひとみ(第130回芥川賞受賞作品 [全文を読む]

フォーカス