プロ野球 中村紀洋に関するニュース

プロ野球OB中村紀洋がニコ生初出演。「ニコニコ野球びいき4」を放送

ITライフハック / 2016年10月20日15時00分

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、プロ野球OBの中村紀洋氏をゲストに迎えた特別番組「ニコニコ野球びいき4」を2016年10月26日(水)21時30分より生放送する。ニコニコ野球びいきは、有識者たちがプロ野球の試合が行われない月曜日の夜に野球トークをおつまみにお酒を飲みながら、ニコ生視聴者とコメントのキャッチボールを [全文を読む]

日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催へ【先週のまとめ】

ITライフハック / 2016年10月23日16時00分

プロ野球OB中村紀洋がニコ生初出演。「ニコニコ野球びいき4」を放送ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、プロ野球OBの中村紀洋氏をゲストに迎えた特別番組「ニコニコ野球びいき4」を2016年10月26日(水)21時30分より生放送する。ニコニコ野球びいきは、有識者たちがプロ野球の試合が行われない月曜日の夜に野球トークを [全文を読む]

【プロ野球】バット、ヘルメット、グラブ…ボールじゃないものを投げた実例を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年01月14日11時00分

前出の3選手はプロ野球選手やOBから苦言を呈されることもあったが、不文律上はぎりぎりセーフ。 「早く、高く、美しく」。ただ投げるだけではダメ。技術も要求されるパフォーマンスなのだ。 ■バットを投げる バット投げとは異なり、ご法度なのはバット“を”投げること。ただこれも実はグレーゾーンなプレーがある。それが盗塁アシストのための“バット飛ばし”だ。 盗塁が読ま [全文を読む]

【日米野球】先発の藤浪晋太郎や大谷翔平が背負って立つ侍ジャパンの軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年11月16日12時00分

大谷翔平や藤浪晋太郎など、今後の日本プロ野球界を背負って立つ若手が数多く選出されたこともあり、チケットは全戦ほぼ完売。そんなファンの声援に後押しされるように、侍ジャパンが躍動している。 日本代表の小久保裕紀監督が、「2017年のWBCに向けた強化試合という意味合いが強い。相手がどのようなスタンスでも、真剣勝負にこだわっていきたい」と大会前に話した通り、日本 [全文を読む]

【プロ野球】岩隈久志のデビュー年! 2001年いてまえ打線・近鉄の投手陣の成績はいつ見ても美しい!?

デイリーニュースオンライン / 2017年09月10日16時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

理想よりも現実。手段よりも結果。東北楽天・梨田監督の戦いぶり

経済界 / 2017年04月29日10時00分

『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。 [全文を読む]

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

プロ野球でも大成した人物がいた。1人が中村紀洋(元近鉄ほか)。そしてもう1人が松井稼頭央(楽天)。2000本安打を達成した2人のレジェンドだ。 中村は当時11歳(小学6年生)。左翼席からこのバックスクリーン3連発を目撃した。この試合をきっかけに「ホームラン」に大きな憧れを抱くようになり、大阪府立渋谷高校では、2年生にしてチームの4番打者として活躍。府立校な [全文を読む]

「バッティングが嫌いだった」伝説のホームランバッター・中村紀洋が今だから語る裏話

まぐまぐニュース! / 2016年06月03日06時00分

中村紀洋さん(以下・中村):体幹トレーニングなど、私がプロの世界で行ってきたトレーニングを、将来プロ野球選手を目指す子どもたちを中心に教えています。 じつは私は、体のバランスを意識したトレーニングはしてきたんですが、マシンを使ったウェイトトレーニングはプロの時もやらなかったんです。ウェイトをしなくても、プロで野球をやってこられたんですよ。当時はまだ体幹ト [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

誰もが日本時代と同様の活躍を見せているが、岡島や斎藤のように、「ハイレベルな環境で実力を発揮した」選手がいるのも、プロ野球の不思議でおもしろい点であろう。 小川隆行(おがわたかゆき)編集者&ライター。『プロ野球 タブーの真相』(宝島社刊)シリーズなど、これまでプロ野球関連のムックを50冊以上手がけている。数多くのプロ野球選手、元選手と交流がある [全文を読む]

「黒ノリ」出現か?中村紀洋が壮絶すぎるプロ野球裏話を告白して話題に

AOLニュース / 2015年06月18日12時00分

昨オフに戦力外通告を受け、その後、引退はせずに「生涯現役選手」であることを宣言し、つい先頃も、かつての同僚、タフィ・ローズが現役復帰したことで独立リーグ入りも噂されるなど、その去就に関心が集まるプロ野球、元・横浜DeNAの中村紀洋(41)が、6月17日夜に放送された日本テレビ系のトークバラエティ『ナカイの窓』に出演。久々のトーク番組への出演とあって、番組内 [全文を読む]

今年の「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」が豪華すぎると話題に

AOLニュース / 2014年11月05日17時30分

日本シリーズも終わり、各球団とも早くもオフの人事に話題が集まっているが、そうし た中、今オフに各球団を戦力外となった顔ぶれが、「あまりに豪華すぎる」とプロ野球ファンの間で話題となっている。11月4日現在、各球団における戦力外通告が行われた面々のうち、既に現役引退を表明している選手や、移籍、球団スタッフ等への転向が決定的となっていることが報じらているもの、育 [全文を読む]

プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(2)問題児・中村紀洋の行く果ては?

アサ芸プラス / 2014年10月15日09時57分

球団はすでに見切りをつけています」(巨人担当記者) [全文を読む]

プロ野球契約更改時の“嘆き節”厳選16人のコメント紹介

NEWSポストセブン / 2012年12月09日07時00分

プロ野球選手とて人の子。提示額が不満だった時、交渉がまとまらなかった時――選手からは珠玉の名言が生まれる。以下、近年選りすぐりの“嘆き節”16選を紹介しよう。 【激怒編】 ・「ショックで震えることってあるんですね。金額を見た瞬間に足がガクガクになりました」――井端弘和(中日・2005年) ・「誠意とは言葉ではなく金額」――福留孝介(中日・2007年) ・( [全文を読む]

【プロ野球】同期の絆よ、永遠なれ! 「28会」の会長は中畑清。プロ野球界の主な同期会をピックアップ(昭和編)

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日16時05分

プロ野球界でも、同年度生まれの「○○会」が数多くある。今回は昭和生まれにフォーカスして、主だった同期会をご紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■28会(1953年度生まれ) 【主なメンバー】 会長:中畑清(前DeNA監督) 落合博満(前中日GM) 梨田昌孝(現楽天監督) 真弓明信(元阪神監督) 田尾安志(元楽天 [全文を読む]

【プロ野球】何年ぶり? 12球団の「日本一ごぶさたランキング」! そして42年間「○○していない」球団は?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月15日16時05分

文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男、陽岱鋼、中田翔……。気がつけばプロ野球界の「金髪戦士」が絶滅寸前!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日17時05分

しかし、プロ野球界では金髪プレーヤーが絶滅寸前だ。金髪にすればすぐに「天狗になるな!」とOBが青筋を立て、「チャラい」とファンに叩かれる。 だが、わずかながら脱走兵のごとく残存する金髪戦士がいる。そんな彼らにも今オフは黒髪転向の魔の手が迫っている。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■糸井嘉男(オリックスからFA宣言/去就 [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

プロ野球・日本シリーズでこの50年に起きた伝説の瞬間をふり返るシリーズ。 時代は昭和から平成へと移り、世の中の価値観も多様化する。球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。【熱狂!平成編1】に続く第2弾! * * * 【2000 巨人vsダイエー】 ミレニアムイヤーに球界の2大巨星がついに相まみえた 夢の“ON監督対決 [全文を読む]

【プロ野球】夏に強い男・筒香嘉智率いるDeNA打撃陣が絶好調!

デイリーニュースオンライン / 2016年07月07日16時06分

現在、夏の甲子園の出場をかけた地方大会が始まっているが、プロ野球のシーズンも後半戦に向けて夏真っ盛り。夏に強い筒香が、ますます絶好調だ。 7月3日の広島戦では敗戦を喫したものの、筒香は18、19号本塁打を右左両翼に叩き込んだ。驚異的なペースで本塁打を量産するヤクルト・山田哲人の陰に隠れがちだが、日本の4番を期待される男がさらに自己記録を塗り替えようとして [全文を読む]

【プロ野球】日米通算二千本安打!福留孝介”思い出の名場面”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月01日17時05分

文=武山智史(たけやま・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】今季はやけに存在感!躍動する背番号90番台の男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月05日16時05分

プロ野球の背番号90番台というと、常識的にはコーチやスタッフらがつける背番号だった。 近年では99番を背負った中村紀洋(近鉄ほか)など、選手もつけるようになったものの、その他の選手は大きな活躍が見られなかった。 しかし今季のプロ野球界では、背番号90番台の選手の躍動が目立っている。そんな背番号90番台の活躍選手を紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガ [全文を読む]

フォーカス