武田翔太 フォームに関するニュース

バッシングの声に今、松坂大輔が思うこと「野球って誰かを見返すためのものじゃない」

週プレNEWS / 2017年04月20日06時00分

裏の3人は千賀滉大、武田翔太、リック・バンデンハークーー。 顔ぶれだけを見れば、福岡ソフトバンクホークスの先発ローテーションには谷間がない。だから、オープン戦の最後に与えられたチャンスで7回をノーヒットに抑えるピッチングを見せても、彼にローテーションへ割り込む余地は残されていなかった。 松坂大輔のことである。 思い浮かぶのは3年前のことだ。当時、メジャー8 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

【先発候補】 武田翔太(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、野村祐輔(広島)、菅野智之、田口麗斗(巨人)、石田健大(DeNA)、藤浪晋太郎(阪神) 《右腕:6人、左腕:2人》 【中継ぎ候補】 宮西尚生(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)、大瀬良大地(広島)、秋吉亮(ヤクルト)、岡田俊哉(中日) 《右腕:3人、左腕:2人》 【抑え候補】 増井浩俊(日本ハム [全文を読む]

12球団の「ヤング侍」汗と涙のブレイク秘話(6)

アサ芸プラス / 2012年10月04日10時59分

楽天 釜田 武井咲と結婚を夢見て「新人王を目指す」 ソフトバンク 武田 「引退したらトレーナー」と筋肉研究 高卒ルーキーとは思えないピッチングで、すでにチームに欠かせない存在となっているのが楽天・釜田佳直(18)とソフトバンク・武田翔太(19)のダブル10代。ともに研究熱心で、飽くなき向上心が進化のスピードを加速させてきた。 * 「釜田は他のピッチャーのピ [全文を読む]

侍ジャパン「大谷の穴」を埋める“起死回生の秘策”

日刊大衆 / 2017年02月22日10時30分

初戦のキューバ戦をはじめ、重要な試合で長いイニングを投げさせ、場合によっては代打でも起用しようと考えていた大きな戦力が急にいなくなってしまったわけですから、肝を冷やしたと思いますよ」(スポーツ紙デスク) ただちに武田翔太(ソフトバンク)を招集した小久保監督だが、正直、大谷の抜けた穴は大きすぎる。根本的な戦略の見直しを考えざるをえなくなった。「当初、小久保監 [全文を読む]

福岡ソフトバンク「V奪還のキーマン」2人の真価

日刊大衆 / 2017年02月21日11時30分

特に千賀滉大、武田翔太の2人の先発投手は心配の種です」(スポーツ紙デスク) WBCでのケガももちろんだが、それ以上に心配なのが、シーズンを通してのコンディションだ。「開幕前のWBCに合わせて体を作るため、調整が難しいんですよ。そうすると、シーズン終盤まで好調を維持できないことが多いんです」(前同) 投手王国のソフトバンクといえども、エース級の2人が終盤に調 [全文を読む]

フォーカス