津田寛治 映画に関するニュース

須賀貴匡&津田寛治が振り返る「2002年の仮面ライダー龍騎」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月19日12時00分

そして、龍騎で、主人公の勤める会社の先輩役を演じたのが俳優・津田寛治だ。龍騎で出会った2人は、今や同じ事務所に所属する先輩・後輩に。龍騎以来、仲良くし続けているという。そこで『チェリー』では、2人の対談を企画。龍騎の話はもちろん、2人をつなぐ映画の話など、3回にわたって、存分に語ってもらった。初回の今回は、14年前の龍騎の話から……!■「こんなに映画好きな [全文を読む]

2016年チェリー人気記事ベスト10

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時51分

■1位 須賀貴匡&津田寛治が振り返る「2002年の仮面ライダー龍騎」2017年には放送15周年を迎える『仮面ライダー龍騎』は、仮面ライダー13人がバトルロワイヤルを繰り広げる衝撃的な設定で、「正義とは何か」を問い続けた名作です。当時高校生で、この作品に価値観の根本を支えられてると言っても過言ではない、編集長の霜田が、2016年のゆうばり国際ファンタスティッ [全文を読む]

「あんちゃん、出番だよ!」バイプレーヤー俳優・津田寛治を誕生させたのは北野武だった

AOLニュース / 2015年08月02日12時00分

今や、名脇役としてドラマや映画には欠かせない存在となった津田寛治。 今年の4月~6月のクールではTOKYO MXのドラマ『食の軍師』で連続ドラマ初主演を果たし、現在もテレビ東京の『初森ベマーズ』では、ほとんどのキャストが乃木坂46という中、重要な敵役を演じている。 そんな津田のデビューまでの経緯は意外なものだ。 映画に関わる仕事がしたいと思い描いていた津田 [全文を読む]

単館復活の兆し 公開中の映画『下衆の愛』が好調 インディーズ映画の聖地=テアトル新宿ブランドに注目~『百円の恋』『恋人たち』につづけ~

@Press / 2016年04月13日10時00分

でんでん、木下ほうか、津田寛治ら日本映画界を支える個性派俳優たちが熱演。東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭で上映され、すでに世界10ヶ国での映画祭上映が決定している話題作。 映画『下衆の愛』URL: http://www.gesunoai.com/詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(7) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月17日10時54分

【関連記事】 「監督・北野武」その男、鬼才につき(6) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性 「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性 「監督・北野武」その男、鬼才につき(2)信頼ゆえの充実感と緊張感 「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面 「監督・北野武」その男 [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月12日10時59分

いち素人から抜擢され、俳優として花開いた津田寛治は最たる例だ。北野監督のキャスティングに関する独特の感性は、撮影現場での斬新な進行方法にも反映されている。 「あんちゃん、久しぶり」 90年、役者を目指していた津田寛治は、都内の録音スタジオ内にある喫茶店でウエーターをやっていた。 経営者夫人から、この店に北野武監督が訪れると知らされる。津田にとって、北野監督 [全文を読む]

再現VTRのステータスを上げた!? “スカッとジャパン”の個性派キャラ

日本タレント名鑑 / 2016年04月12日10時55分

津田寛治さんらベテラン役者の新たな魅力が開花 日常生活で身の回りにいそうな“嫌な男”をとりあげるショートコーナーに登場する津田寛治さん(50)。カンに触る物言い、言動を演じる様が絶妙です。そんな津田さん、数多くのドラマ、映画に出演するベテラン俳優。1993年に北野武監督作品『ソナチネ』で俳優デビューし、その後も『キッズ・リターン』など数多くの北野作品に出 [全文を読む]

全裸で花魁役に挑んだ心境を告白!「あなたが思っている安達祐実は、実は安達祐実じゃないかもしれない」

週プレNEWS / 2014年11月01日06時00分

心揺れる朝霧の前へ、さらに織物問屋を営む吉田屋(津田寛治)から朝霧の身請け話もやって来て― 【http://hanayoidouchu.com/】 ■映画『花宵道中』公式ビジュアルブック 『安達祐実 秘花(ひめか)』 前半の劇中写真と後半の撮り下ろし写真で構成。テーマは、「遊女」と「少女」。芸歴30年女優の裸の生きざまを、映画に先駆けて解禁する(集英社/1 [全文を読む]

“ゲス文化”に海外メディアが言及芸能界のゲス事情が描かれる映画『下衆の愛』が海外メディアで話題

@Press / 2016年03月03日10時00分

でんでん、木下ほうか、津田寛治ら日本映画界を支える個性派俳優たちが熱演。東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭で上映され、すでに世界10ヶ国での映画祭上映が決定している話題作。 映画『下衆の愛』URL: http://www.gesunoai.com/詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

『探偵事務所5シリーズ』他 ドリームキッド作品 動画配信サービス「TBSオンデマンド」にて11月より配信決定!

PR TIMES / 2012年10月26日10時55分

探偵事務所5シリーズを通して、宍戸錠、佐野史郎といった実力派俳優から、柏原収史、成宮寛貴、貫地谷しほり、塩谷瞬、吹越満、津田寛治、坂井真紀、尾上菊之助、稲森いずみなど多彩な俳優陣が登場している。 《yoriko-寄子-》 2007年第5回モナコ国際映画祭にて「ベストオリジナルストーリーアワード」と「ベストライターアワード」の2冠に輝いた『yoriko-寄子 [全文を読む]

2014年、役者魂を見せつけた日本の女優たちのヌードシーンをピックアップ!

Movie Walker / 2014年12月27日17時00分

中でも、愛する男の目の前でいやらしい呉服問屋の旦那(津田寛治)にネチネチといたぶられるシーンの演技は圧巻。作品が特別招待された第27回東京国際映画祭で、安達は劇中の遊女姿でカーペットに登場し、海外メディアから大きな注目を集めていた。 ティーン雑誌のモデルから女優に転身して間もない清野菜名も、園子温監督作『TOKYO TRIBE』(14)で初めてヌードに挑戦 [全文を読む]

もはや恐怖…過剰すぎる気持ち悪さ&嫌みで主演を食う!中年男優3人の秘密と過去

Business Journal / 2016年02月24日07時00分

●通称「ツダカン」の硬軟自在な百面相 木下と同じく『スカッとジャパン』の「ショートスカッとシリーズ」で「悪役がうますぎ!」と注目度が急上昇したのが、津田寛治(50)だ。端正な顔立ちにもかかわらず、形相が百面相のように変わり、コミカルな役からエキセントリックな役、果ては凶悪犯やサイコパスまで演じ分ける名脇役だ。 特に、02年の映画『模倣犯』(東宝)での連続殺 [全文を読む]

米ホラー映画『The Forest』監督、樹海の恐怖を切々と語るも「という設定」「という宣伝」「話題作りに余念がない」

おたぽる / 2016年01月24日16時00分

いくつか紹介すると、萩原聖人、池内博之、津田寛治、井川遥がそれぞれ主演を演じる4つの物語が交錯する『樹の海』。04年の「東京国際映画祭」において日本映画・ある視点部門、作品賞・特別賞を受賞した良作のはずなのだが、個人的には途中、駅(ホーム)のシーンで電車にカメラマンが映り込んだ気がし、そこから興醒めした記憶しか残っていない。カメラマンではなく、幽霊だったら [全文を読む]

エビ中・廣田あいか 映画初主演 実写とアニメの世界を〝往復〟

エンタメNEXT / 2014年12月05日11時00分

その他、ひよ子の姉・ひな役には、女優でシンガーソングライターとして活動する椎名琴音、ひよ子母・雀子役に堀内敬子、ひよ子の父・鳥夫役に津田寛治がそれぞれ決定している。 <廣田あいか クランクインコメント> 無事クランクインしました! 初日はお天気も良くて、気持ちよく撮影できてよかったです!☆ これからの撮影も初めてのこととかあってどきどきで [全文を読む]

「花魁」安達祐実で思い出す菅野美穂の「女郎艶技」!

アサ芸プラス / 2014年03月12日09時59分

職人役の淵上泰史や津田寛治を相手に激しい濡れ場に挑戦。バストトップ全開でくんずほぐれつの肉弾戦を見せています」(映画ライター) 安達の撮影時の様子を芸能ライターがこう話す。 「腹の座り方は子役時代からの30年選手だけあって、さすがでした。昨年12月に東映京都撮影所で撮影したのですが、独特の雰囲気にのまれることもなく、淡々と演じていました。慣れない衣装や重た [全文を読む]

「はじめましてー!」のマンションCMで話題の15歳、日9ドラマ『キャリア』出演中の美少女・駒井蓮に注目!

AOLニュース / 2016年10月23日14時00分

映画『名前』クランクアップ‼︎ 津田寛治さん、駒井蓮さん 長丁場お疲れ様でした! 一丸となり、最後まで駆け抜ける事が出来ました。 連日、JCの皆様や地元の方々のバックアップがあったからこそです。本当にありがとうございました! pic.twitter.com/6iewpuDsc0 - 映画『名前』 (@namae_ibaraki) 2016年9月7日 文・斉 [全文を読む]

土屋太鳳の“蹴り”は、なぜかくも美しいのかーー『お迎えデス。』名物シーンが生まれた背景

リアルサウンド / 2016年05月14日08時34分

当時12歳の土屋は、香川照之や父親役の津田寛治たちの演技に対するストイックな仕事ぶりに衝撃を受け、女優への決意を強めたという。映画『鈴木先生』公開時のツイナビインタビューでは、インタビュアーに目標とする女優を聞かれた際に「香川照之さんです」と答え、「女優ではないですよね」とツッコまれていた。 12歳の頃から渋い名優に影響を受けた土屋の演技力が覚醒したのが、 [全文を読む]

金なし、甲斐性なし! 40歳の夢見る映画監督が新作映画の制作に挑む

NeoL / 2016年05月04日13時54分

でんでんや木下ほうか、津田寛治など、脇を固める俳優陣には個性派が集結。最低な仲間たちとともに最後の賭けに出たテツオの行く末とは? 下衆の愛 監督:内田英治 出演:渋川清彦、岡野真也、でんでん、細田善彦、内田慈、古舘寛治、木下ほうか、忍成修吾、津田寛治、山崎祥江 (2015年/日本) 公開中 ©third window films http://www.g [全文を読む]

「メカゴジラ役で出演するの?」 マフィア梶田が“庵野秀明のオファー”で『シン・ゴジラ』出演にネット騒然!

おたぽる / 2016年04月16日14時00分

キャストは、主演の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみをはじめ、高良健吾、大杉漣、柄本明、國村隼、余貴美子、津田寛治などといった名優たち、また犬童一心や緒方明といった映画監督も出演。『シン・ゴジラ』のコンセプトである“ニッポン対ゴジラ”を体現するかのように、日本映画界の豪華キャストが名を連ねている。 そのそうそうたる面々の中に、なんと「マフィア梶田」の名があ [全文を読む]

「闇金ドッグス2」注目俳優・山田裕貴が“闇金屋”を怪演

Smartザテレビジョン / 2016年04月09日14時05分

自分以外の役もやってみるんですが、敬語は津田寛治さんの忠臣を見てヒントを得ました。そういうところに気を付けつつ、現場で生まれる感覚を大事にしましたね。――ライブ感があるのは、そのような準備があったからなんですね。山田さんが一番印象に残っているシーンはどこですか? [全文を読む]

フォーカス